テニス フットワーク

ロブ

「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに

ロブを試合でどのくらい使うだろうか。

シングルスの場合は、相手がネットプレーに出ない限り特に使うことは無いけど、ダブルスであれば最初からネットに相手がいるので、ロブは必要不可欠だよね。

その時のロブってトップスピン?それともスライス?

 

「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに

 


 

俺はダブルスの時はスライスをよく使うかな。

でもシングルスの時はトップスピンロブもよく使う。

とにかくロブは両方打てた方がやっぱり便利だ。

 

でもスライスロブって、相手に追い付かれる可能性が高いでしょ?

上手くコースを隠したり、ロブを打つ前に前へおびき出したりしないと使いにくい。

なので、トップスピンロブをシングルスの時もダブルスの時も使えたらいいよね。

そのためにはまず、しっかりとトップスピンを掛けられるようにすることが当然必要なんだけど、それだけではちょっと難しい。

 

トップスピンロブを成功させるコツは、ロブの頂点の位置を調整する調整能力なんだよ

ロブって山なりでしょ?

その山の頂点をどこに持って来るか調整が出来れば、トップスピンロブは扱いやすいのだ。

でも正面にいるネットプレーヤーにびびって、「取られたくない・・・」なんて気持ちでトップスピンロブを打つと、早く相手の頭の上を越えたいもんだから、低空且つ速い弾道でロブを打ってしまう。

そうすると山なりの頂点を遠くに設定してしまい、アウトになりやすいし低い弾道で相手に取られやすかったりするんだよ。

 

なのでトップスピンロブを打つ時の山の頂点は、もっと思い切って手前に設定すること

ロブを打ったら、いきなり山なりの頂点に向かっていくくらいのつもりにするんだよ。

そうするとアウトする心配も少なくなり、思い切ってスウィング出来るからトップスピンの回転量もしっかり掛けることが出来て、一気に上がったロブが頭を越えた後、今度は一気に落ちて来る・・・という理想の弾道になりやすい。

失敗したらスマッシュで逆襲を喰らう・・・というシチュエーションだからびびりやすいロブだけど、しっかり山なりの頂点を手前に調整出来るようにすれば、トップスピンロブなんて案外使いやすいショットになるよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. ロブ

    ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について

    ダブルスの試合で、相手をロブで動かしていく。これが出来ない人っ…

  2. テニス スライス

    ロブ

    なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します

    試合で、なかなかロブが入らない、安定しない。こうなると、もう強…

  3. テニス メンタル

    ロブ

    自分のロブが安定しない人は、ゆっくりラケットを振ってみよう

    ロブでの攻撃、ダブルスの試合では必須。女子ダブルスだけじゃない…

  4. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

    皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。シングルスでも、ダブル…

  5. テニス ロブ

    ロブ

    試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる

    試合の中でロブを使う機会、どれくらいあるでしょうか?きっと、少…

  6. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

    スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。いきなりリター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合に勝ちたい」と考えるなら自分自身客観視すること、その為に必要なもの…
  2. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく
  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュ練習で必要な奥に深く打つ意識は、まずは「アウトを怖がらない姿勢」から養…
  4. 戦術

    ドロップ好きの相手からは、とにかく離れるな!
  5. テニス 観察

    日々の雑記

    まだまだ壁は、とてつもなく高いのかも知れない
PAGE TOP