テニス フットワーク

ロブ

「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに

ロブを試合でどのくらい使うだろうか。

シングルスの場合は、相手がネットプレーに出ない限り特に使うことは無いけど、ダブルスであれば最初からネットに相手がいるので、ロブは必要不可欠だよね。

その時のロブってトップスピン?それともスライス?

 

「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに

 


 

俺はダブルスの時はスライスをよく使うかな。

でもシングルスの時はトップスピンロブもよく使う。

とにかくロブは両方打てた方がやっぱり便利だ。

 

でもスライスロブって、相手に追い付かれる可能性が高いでしょ?

上手くコースを隠したり、ロブを打つ前に前へおびき出したりしないと使いにくい。

なので、トップスピンロブをシングルスの時もダブルスの時も使えたらいいよね。

そのためにはまず、しっかりとトップスピンを掛けられるようにすることが当然必要なんだけど、それだけではちょっと難しい。

 

トップスピンロブを成功させるコツは、ロブの頂点の位置を調整する調整能力なんだよ

ロブって山なりでしょ?

その山の頂点をどこに持って来るか調整が出来れば、トップスピンロブは扱いやすいのだ。

でも正面にいるネットプレーヤーにびびって、「取られたくない・・・」なんて気持ちでトップスピンロブを打つと、早く相手の頭の上を越えたいもんだから、低空且つ速い弾道でロブを打ってしまう。

そうすると山なりの頂点を遠くに設定してしまい、アウトになりやすいし低い弾道で相手に取られやすかったりするんだよ。

 



 

なのでトップスピンロブを打つ時の山の頂点は、もっと思い切って手前に設定すること

ロブを打ったら、いきなり山なりの頂点に向かっていくくらいのつもりにするんだよ。

そうするとアウトする心配も少なくなり、思い切ってスウィング出来るからトップスピンの回転量もしっかり掛けることが出来て、一気に上がったロブが頭を越えた後、今度は一気に落ちて来る・・・という理想の弾道になりやすい。

失敗したらスマッシュで逆襲を喰らう・・・というシチュエーションだからびびりやすいロブだけど、しっかり山なりの頂点を手前に調整出来るようにすれば、トップスピンロブなんて案外使いやすいショットになるよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう

    試合に慣れて来ると、「ロブ」を皆さん意識して使うようになりますね。…

  2. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている

    いかに、相手にロブを隠すか。これって、特にダブルスでは勝つため…

  3. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

  4. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

  5. ロブ

    女性にお勧め!トップスピンロブは「両手バックハンドならコンパクトに」打ちやすい理由とは?

    現代テニスでは、ラケットの進化によりストロークの技術がどんどん進歩して…

  6. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

    スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。いきなりリター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること
  2. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. リターン

    リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ
  4. ダブルス

    男性の前衛に捕まらない、ミックスダブルス術
  5. テニス 体力

    戦術

    力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ
PAGE TOP