テニス ストローク

シングルス

バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。

当然、相手からも狙われますからね。

この対応策として、こんなのはどうでしょう。

しっかり決めておけば、それだけで楽に戦える。

私はいつも、これで試合に入るようにしています。

 

バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

 


 

1.とにかくクロス!で振り切ることが大事

試合の序盤は、私はこう決めています。

相手に読まれても、気にしない。

とにかくバックハンドストロークは、クロスに打つ!

シングルスの試合ですから、右利き同士、であればそのボールは自然と相手のバックハンドにいく。

だからこそ、そう簡単に攻撃されることも無いですから。

クロスに振り切る、と決めておけば、それだけで楽。

そもそも、ミスするときって「考えがまとまっていない時」だと思いませんか?

 

2.クロスに振り切れば、アウトの確率も減る

振り切る時に、怖いのがアウトですよね。

でも、これもクロスに振り切れば大丈夫。

コートの角、まで距離がありますし、かなり入る可能性が高い。

それに、自然とラケットのヘッドが前に出るので、スピン回転もかかりやすい。

振り切れば、必ず入る。

そうイメージして自信を持つこと、が大事です。

実際、かなりの確率で入りますから。

 

3.振り切る形、だけは確認しておこう!

大事なポイント、ですね。

バックハンドで振り切る時の、形はみなさんどうでしょう?

つい、身体が早く回り過ぎて、前を向いてしまう感じじゃないですか?

シングルスの試合ですから、相手に前衛はいない、だから焦って前を向く必要は無いんです。

私は片手バックハンドですが、横向きで打ち終わって、そこから惰性で前を向いていく感じ、にしています。

どうしても、早くクロス方向を向きたいんですけどね。

そこをしっかり我慢して、良い形で打ち終わる。

これだけ意識して試合に入れば、シングルスの試合はかなり楽に戦えますよ。

 

4.とにかくバックに来たらクロス!打ち合いになってもクロス!

これで、リズムを作りましょう。

その中で、何度かクロスのショットが入って来たら、ダウンザラインに打っても良い。

試合の序盤からリスクを冒して、無理する必要は無いですよ。

とにかく、バックはクロスに!

これだけ決めてシングルスの試合に入れば、変なミスは減ります。

それだけで、リードを奪って優位に立てる試合が増えるはずです。

 

シングルスの試合は、とにかく「決めること」が大事。

試合の前に、どれだけ整理できるか、にかかっています。

決めておけば、ミスしても「決めてたことをやっただけ」ですしね。

本当に、テニスの試合なんて、考え方次第です。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事

    テニスの試合で負け続けて、精神的に滅入ってしまう。そんなとき、…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?

    対戦相手には、色々なタイプがある。とにかくバンバン打ってきて、…

  3. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、自分というパートナーがいる

    最近のテニスの試合では、コーチングをベンチで受けることが出来る試合があ…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「いかにも」というタイミングでネットに出ても・・・

    ストロークのレベルは、年々上がっている。すごく実感するんですが…

  5. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事

    良いショットを打っていても、なぜか試合で決まらない。自分の攻め…

  6. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる

    シングルスの試合、コートは広いようで意外と打つコースは限られている。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに
  2. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ま…
  3. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに
  4. テニス スライス

    戦術

    テニスが上達する、ということは、狙った場所に繰り返し打てるようになるということ
  5. テニス チャンス

    その他

    テニスのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」もの
PAGE TOP