テニス ダブルス

ボレー

サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

ダブルスの試合で、相手の嫌なプレー。

それは、前衛がどんどん動いて、プレッシャーをかけてくることですよね。

上手い人、強い人は、前衛としての存在感が違う。

その存在感って、「スタート」が大事だと私は思いますよ。

 

サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

 


 

1.「よーい、ドン!」で走り出す

ダブルスの前衛は、短距離選手。

つまり、味方のパートナーがサーブを打つのが号砲、なんです。

その号砲が鳴ったら、後はもう前に詰める、とにかくボールに触る。

だから、少しだけ後ろからスタートするような感じでOK。

最初から前にいるんじゃなくて、号砲が鳴ってから、前に詰める。

それも、迫力を持って。

このイメージ、アナタにあるでしょうか?

 

2.「音」をイメージすると、思い切れる

なかなか、前衛で思い切った動きが出来ない人は、「音」に反応してみる。

この癖を付けておけると、すごく楽ですよ。

音を聞いて、身体を前に動かす、スタートする。

本当に、短距離選手みたいなイメージです。

「鳴るぞ、鳴るぞ・・・」と思いながら、一瞬でも早く反応出来るように、日々イメージトレーニングしておく。

素早く動けば、それだけ相手のプレッシャーになる。

ダブルスの試合、これがあるからサービスゲームがキープ出来るんです。

 

3.サーブの方向と、前に出る方向を合わせるのが基本

センターに打てば、センター寄りにダッシュする。

ワイドなら、サイドに寄る。

これが、ダブルスの前衛の動きの基本です。

だから事前にコースを打ち合わせしておいて、号砲に合わせて前に詰める。

この動き、相手へのプレッシャーになってミスを誘えます。

イメージしてみて下さいよ。

ボールと前衛が、一気に自分の方向に向かって来る。

一番リターンで打ちやすいコースに、視界に、前衛が入って来る。

これほど嫌なプレーは無いですよ。

 

4.低い態勢から、「よーい、ドン!」

これを、習慣にしましょう。

結果的にストレートケア、ロブケアでも、やることは一緒です。

パートナーのサーブに合わせて、低い態勢から一気によーい、ドン!

これくらいの意気込み、が無いと相手に迫力は伝わらないですよ。

Iフォーメーションを使っているみなさんは、既にこれが出来ていると思いますが、普通の陣形でも必要な動きです。

ここはぜひ、プロ選手の動画なんかも参考にしてみて下さい。

サーブ側の前衛、こそみなさんが真似出来て、すぐに効果がある部分ですからね。

 

ダブルスの試合の主役、それはサーブ側の前衛です。

この活躍無くして、みなさんが勝ち抜いていくのは難しい。

それくらいの危機感を持って、ぜひ挑んでみて下さい。

サーブを打つ音が、号砲。

それがアナタ自身のパワーの源、になるはずです。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです

関連記事

  1. テニス チャンス

    ボレー

    「横向きボレーメリット1.2.3」テニスで必要な身体の向きをネットプレーで磨こう!

    ボレーを打つ時、ちゃんと横向き出来ているだろうか。横向きが出来…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

    テニスが上手い人に限って、言うセリフってあると思いませんか?私…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合の中で、「ネットプレーを磨きたいけど、ポジションがよく分からない…」人は、はっきりメリハ…

    テニスの試合、特に学生の大会ではストローク技術が主体となる傾向が強い。…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「強打しないボレー」こそ、アナタ自身が生き残る道である

    テニスに、柔らかさを求めてみる。これは、確実にアナタ自身のこれ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるのは、山なりなボレーという事実

    試合に出ていると、その必要性を再認識すること。ボレーって、なか…

  6. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?

    普段の練習でもよく実践する、ボレー対ストロークのラリー形式。な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ
  2. テニス 準備

    その他

    部活や限られた環境でテニスが強くなる人は、「仲間に頼ることが出来る」人です
  3. テニス ボレー

    戦術

    堅実なダブルスペアほど、攻撃はセンターにしか来ない
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスでは、「自分のスピードはポジショニングでカバーできる!」特に社会人の方は意…
PAGE TOP