テニス ダブルス

ボレー

サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

ダブルスの試合で、相手の嫌なプレー。

それは、前衛がどんどん動いて、プレッシャーをかけてくることですよね。

上手い人、強い人は、前衛としての存在感が違う。

その存在感って、「スタート」が大事だと私は思いますよ。

 

サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

 


 

1.「よーい、ドン!」で走り出す

ダブルスの前衛は、短距離選手。

つまり、味方のパートナーがサーブを打つのが号砲、なんです。

その号砲が鳴ったら、後はもう前に詰める、とにかくボールに触る。

だから、少しだけ後ろからスタートするような感じでOK。

最初から前にいるんじゃなくて、号砲が鳴ってから、前に詰める。

それも、迫力を持って。

このイメージ、アナタにあるでしょうか?

 

2.「音」をイメージすると、思い切れる

なかなか、前衛で思い切った動きが出来ない人は、「音」に反応してみる。

この癖を付けておけると、すごく楽ですよ。

音を聞いて、身体を前に動かす、スタートする。

本当に、短距離選手みたいなイメージです。

「鳴るぞ、鳴るぞ・・・」と思いながら、一瞬でも早く反応出来るように、日々イメージトレーニングしておく。

素早く動けば、それだけ相手のプレッシャーになる。

ダブルスの試合、これがあるからサービスゲームがキープ出来るんです。

 

3.サーブの方向と、前に出る方向を合わせるのが基本

センターに打てば、センター寄りにダッシュする。

ワイドなら、サイドに寄る。

これが、ダブルスの前衛の動きの基本です。

だから事前にコースを打ち合わせしておいて、号砲に合わせて前に詰める。

この動き、相手へのプレッシャーになってミスを誘えます。

イメージしてみて下さいよ。

ボールと前衛が、一気に自分の方向に向かって来る。

一番リターンで打ちやすいコースに、視界に、前衛が入って来る。

これほど嫌なプレーは無いですよ。

 

4.低い態勢から、「よーい、ドン!」

これを、習慣にしましょう。

結果的にストレートケア、ロブケアでも、やることは一緒です。

パートナーのサーブに合わせて、低い態勢から一気によーい、ドン!

これくらいの意気込み、が無いと相手に迫力は伝わらないですよ。

Iフォーメーションを使っているみなさんは、既にこれが出来ていると思いますが、普通の陣形でも必要な動きです。

ここはぜひ、プロ選手の動画なんかも参考にしてみて下さい。

サーブ側の前衛、こそみなさんが真似出来て、すぐに効果がある部分ですからね。

 

ダブルスの試合の主役、それはサーブ側の前衛です。

この活躍無くして、みなさんが勝ち抜いていくのは難しい。

それくらいの危機感を持って、ぜひ挑んでみて下さい。

サーブを打つ音が、号砲。

それがアナタ自身のパワーの源、になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    実はバックボレーは武器になる、ことを証明します

    どうしても、苦手意識が強くなりがちなバックボレー。でも、私はそ…

  2. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」ようにチェック!

    テニスの試合で、ミスして落ち込むのがハイボレー。ダブルスでもシ…

  3. ボレー

    サーブ&ボレーのときの「ファーストボレーが安定しない」ときに改善したい4つのポイント

    サーブ&ボレーで難しいのは、まずファーストボレー。現代テニスで…

  4. テニス ボレー
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセットしよう

    フォアハンドボレー、の決定力は、シングルスでもダブルスでも必要。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しない

    ボレーのコントロール、皆さんはどんなポイントを意識していますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    誰でも一度は経験するあの痛み・・・「サーブで足を強打してしまう人」の問題点はどこ…
  2. テニス 上達

    その他

    「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない…
  3. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に出場するとき、「会場に着いたら、まずやるべきこと」を5つ挙げてみた…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスではストロークもボレーも「後ろから力で、勢いを付けよう」とすると上手くいか…
  5. テニス センス

    戦術

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手
PAGE TOP