テニス ダブルス

ボレー

サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

ダブルスの試合で、相手の嫌なプレー。

それは、前衛がどんどん動いて、プレッシャーをかけてくることですよね。

上手い人、強い人は、前衛としての存在感が違う。

その存在感って、「スタート」が大事だと私は思いますよ。

 

サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

 


 

1.「よーい、ドン!」で走り出す

ダブルスの前衛は、短距離選手。

つまり、味方のパートナーがサーブを打つのが号砲、なんです。

その号砲が鳴ったら、後はもう前に詰める、とにかくボールに触る。

だから、少しだけ後ろからスタートするような感じでOK。

最初から前にいるんじゃなくて、号砲が鳴ってから、前に詰める。

それも、迫力を持って。

このイメージ、アナタにあるでしょうか?

 

2.「音」をイメージすると、思い切れる

なかなか、前衛で思い切った動きが出来ない人は、「音」に反応してみる。

この癖を付けておけると、すごく楽ですよ。

音を聞いて、身体を前に動かす、スタートする。

本当に、短距離選手みたいなイメージです。

「鳴るぞ、鳴るぞ・・・」と思いながら、一瞬でも早く反応出来るように、日々イメージトレーニングしておく。

素早く動けば、それだけ相手のプレッシャーになる。

ダブルスの試合、これがあるからサービスゲームがキープ出来るんです。

 

3.サーブの方向と、前に出る方向を合わせるのが基本

センターに打てば、センター寄りにダッシュする。

ワイドなら、サイドに寄る。

これが、ダブルスの前衛の動きの基本です。

だから事前にコースを打ち合わせしておいて、号砲に合わせて前に詰める。

この動き、相手へのプレッシャーになってミスを誘えます。

イメージしてみて下さいよ。

ボールと前衛が、一気に自分の方向に向かって来る。

一番リターンで打ちやすいコースに、視界に、前衛が入って来る。

これほど嫌なプレーは無いですよ。

 

4.低い態勢から、「よーい、ドン!」

これを、習慣にしましょう。

結果的にストレートケア、ロブケアでも、やることは一緒です。

パートナーのサーブに合わせて、低い態勢から一気によーい、ドン!

これくらいの意気込み、が無いと相手に迫力は伝わらないですよ。

Iフォーメーションを使っているみなさんは、既にこれが出来ていると思いますが、普通の陣形でも必要な動きです。

ここはぜひ、プロ選手の動画なんかも参考にしてみて下さい。

サーブ側の前衛、こそみなさんが真似出来て、すぐに効果がある部分ですからね。

 

ダブルスの試合の主役、それはサーブ側の前衛です。

この活躍無くして、みなさんが勝ち抜いていくのは難しい。

それくらいの危機感を持って、ぜひ挑んでみて下さい。

サーブを打つ音が、号砲。

それがアナタ自身のパワーの源、になるはずです。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    「毎日ちゃんとボレーボレー」でしっかり身に付くテニスの基本を再確認

    ボレーはどういう練習をしている?ボール出し練習?ボレー…

  2. ボレー

    テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4つ

    ネットプレーの中で難しい技術の一つに、「身体の正面にきたボールをボレー…

  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーは「グリップの握り込むタイミング」で伸びが変わる!意識したいポイントは?

    ボレーに苦手意識がある人は、まずグリップの握るタイミングを意識してみる…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    タッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事

    ボレーで磨きたい、「タッチ感覚」。柔らかいドロップ系のショット…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    サッカー経験者なら、トラップ感覚でドロップボレーは完成する

    「めっちゃドロップボレー上手い!」と思ったこと、皆さんもあるはず。…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ

    前に出た時に難しい、ファーストボレー。たくさんやるべきことを考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    寒い冬の時期、テニスのトーナメント大会で「初戦で特に、注意すべきこと」について
  3. テニス サーブ

    その他

    試合中に後ろを通る人がいるときには、積極的に先に通過させてあげよう
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛が触る機会を、どうやって後衛が作るのか
  5. テニス ボレー

    リターン

    超スローサーブ、苦手にしてない?
PAGE TOP