テニス ガット

ダブルス

「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

「Iフォーメーション」と聞いて、アナタはどんなことをイメージしますか?

「プロ選手だからできること・・・」

「長くペアを組んでいる人にしかできない・・・」

そう考えているのであれば、それは誤解です。

テニスのダブルスの試合で、ときにこのフォーメーションは相手を揺さぶる大きな力になります。

先入観があるのであればそれを捨てて、この機会にトライしてみませんか?

 

「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

 


 

■改めて、「Iフォーメーションの基本」とは?

Iフォーメーションは、前衛がセンターに陣取ってサーブがネットを超えると同時に左右どちらかに動いて、サーバーはその逆をカバーするフォーメーションです。

サーバーは基本的にはサービスダッシュをしますが、雁行陣のようにベースラインに居座るパターンもあります。

いずれにせよ、2人ともがセンターに近いポジションから左右を分担して動く、前衛が動いた方向にリターンがくればチャンス!

しかしながらサーブが甘いとサイドを狙われやすい、そんなフォーメーションになります。

 

■目的は「リターン側にプレッシャーを与える」こと

このIフォーメーションは、華やかな前衛のボレーにばかり眼がいきがちですが、目的はリターン側にプレッシャーをかけること。

クロスへの気持ち良いリターンを、崩していくことです。

ですので、相手が考えてリターンミスが増えるのが理想。

例えサイドにエースを決められても、あまり、気にする必要はありません。

それくらい厳しいコースを狙わせて、ミスを増やしていくことこそ、一番の目的です。

 

■Iフォーメーションのコツは、「思い切り」に尽きる!

コツを挙げるとすれば、それは思い切りです。

ダブルスのレベルが上がると、Iフォーメーションの弱点はセンター、即ち2人の間のスペースになります。

それくらい、両者がしっかりサイドに動いているという証拠でもあります。

この「思い切って動く」というのが、Iフォーメーションには必要です。

センターから、自分の担当したサイドは絶対に割らせない、という気持ちのこもったフットワークが勝負を分けます!

 

■自分たちが実践することも大切、「相手にしたとき」も慌てないことが大切

自分たちがこのフォーメーションを身に付けると、相手が実践してきたときにも冷静に対応できます。

先ほども書きましたが、センター、そして両サイドへのロブがIフォーメーションの弱点です。

厳しいサーブが入っても、冷静にこの3か所を突いていければ、慌てる必要はありません。

一番まずいのは、空いていると思いがちの両サイドのアレーに打ち込みにいってしまうこと。

ストローク力やボールスピードで勝負しようとすると、このフォーメーションは崩せません。

一度しっかり相手に触らせる、その返球から崩していく余裕を持ちましょう。

 

テニスでは、変則的なフォーメーションは多くありません。

このIフォーメーションもその一つ。

であれば、まずは実践してみることが大切です。

なぜなら、実践しない限りその対策もイメージがし辛いからです。

「このペアは考えてきているな・・・」

「試合慣れしているな・・・」

と、思わせることがIフォーメーションの有効な心理的な攻撃にもなります。

さぁ、普段の練習メニューから取り入れて、実践していきましょう。

完成度が低いと思っても、まずは試しに試合で実行してみることをお勧めします!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. ダブルス

    ストレートロブを抜かれた後、抜いた後のダブルスの戦術について

    ダブルスの試合で、よくあるストレートロブを抜かれた後の展開。後…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    前衛が攻めて後衛が守る、だけがダブルスじゃない

    ダブルスの試合で強いペアって、守備と攻撃の切り替えが上手い。出…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

    ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブ&ボレーを、もっともっとダブルスで有効活用する発想とは?

    ダブルスでサーブ&ボレー、と言えば並行陣。確かにそうですが、そ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来ていますか?

    ダブルスの前衛として、試合で一番考えることは何か?やっぱり後衛…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ
  2. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少しでも、読みやすい文章に・・・
  3. ダブルス

    ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合は、残酷ですが「勝敗を分けるのは、ほんの僅かだけど大きい差」であるこ…
  5. テニス ポジショニング

    ダブルス

    試合で勝てるダブルス選手の、サーブ&ボレーの考え方5つ
PAGE TOP