リターン

シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

シングルスの試合で、リターンからどう攻撃していくのか。

今回は、すぐに実践出来て効果大、な作戦を一つご紹介します。

フォアハンドストロークで、リターンから攻撃的に。

キーワードは、思い切った回り込みです。

 

シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

 

1.アドバンテージサイドで、相手のセカンドサーブの時に

これが、狙い目です。

相手のセカンドサーブ、アドバンテージサイドではどんどん回り込んで攻撃していきたい。

赤側がリターン、青側からサーブ↓。

セカンドサーブなら、当然浅くなる。

これを、バックハンドで打つのはもったいない、と考えるようにしましょう。

まず浅いですし、ボールも伸びて来ない。

だから、最初からフォアハンドを空けておく、くらいの意識が大事。

それから、ハッキリと前に入ることですね。

相手が打つ前に、最初から前に入って準備することで、相手へのプレッシャーにもなります。

コートの外側、に立つくらいの感覚で良いでしょう。

この攻撃的な姿勢こそ、アドバンテージサイドでは特に大事です。

 

2.狙いは相手のバックハンドの浅め、でいこう!

イメージは、こんな感じ↓。

かなり、浅い場所を狙う感じで良いでしょう。

バックハンドを狙うだけ、でも充分ですが、出来ればこれくらい浅い場所を狙うと効果的。

なぜなら、相手をコートの外側に追い出せるから。

それに合わせて、リターンダッシュでネットに出ましょう!

相手からすると、バックハンドでコートの外側に追い出され、しかも相手は前に来るプレッシャーがある。

この状態、を作ることがまず大事です。

アドバンテージサイド、で相手のセカンドサーブから、この形を作ること。

慌てた相手はロブを使って来る可能性も高いので、しっかり警戒しておきましょう。

強気な相手なら、ダウンザラインへのパッシングショットもあるでしょう。

相手の性格、プレースタイルも考えながら、警戒するポイントを考える。

これで、バッチリです。

 

3.相手の返球がロブかどうか、を見極めよう!

この作戦が成功するかどうか、はここにかかっています。

相手の返球、が何になるのかを素早く見極めること、が大事。

相手のグリップを見て、スライスのような感じならまずロブ、でしょう。

ロブだと気付いたら、前に出過ぎない。

サービスラインくらいで止まる、感じで良いでしょう。

相手をコートの外に追い出すと、人は消極的になります。

だから、ロブを打って時間を稼ぎたくなる、テニスの基本ですしね。

繰り返しますが、この浅さ↓が大事です。

そして、アドバンテージサイドからの回り込み、を最大限に活かしましょう!

リターンから攻める、相手のセカンドサーブでは絶対に得点すること、が大事です。

 

どんな作戦が、リターンから展開出来るのか。

特に、アドバンテージサイドからの具体策が大事です。

フォアハンドの回り込み、必要なのは勇気です。

リターンで前に入る、そこから前に出る勇気。

ぜひ、シングルスの試合で試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?そうじゃなくて、それが実力なんです

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

  2. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  3. テニス ストローク
  4. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を用意しておこう!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合の中では、「どこかで本気で狙って獲りにいく」リターンゲームが必要です

    本気で狙って、ゲームを獲りにいく。これは、上のレベルの試合にな…

  6. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう

    昨日のウィンブルドンの死闘、ご覧になった方も多いと思います。前…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 水分補給

    水分補給

    テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. メンタル

    テニスの試合中、「緊張した場面では口角を上げて」、意図的に自信を取り戻そう
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント
  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    「身体の開きを抑えれば見違える!」テニスのスマッシュを安定させるコツ
PAGE TOP