リターン

シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

シングルスの試合で、リターンからどう攻撃していくのか。

今回は、すぐに実践出来て効果大、な作戦を一つご紹介します。

フォアハンドストロークで、リターンから攻撃的に。

キーワードは、思い切った回り込みです。

 

シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

 

1.アドバンテージサイドで、相手のセカンドサーブの時に

これが、狙い目です。

相手のセカンドサーブ、アドバンテージサイドではどんどん回り込んで攻撃していきたい。

赤側がリターン、青側からサーブ↓。

セカンドサーブなら、当然浅くなる。

これを、バックハンドで打つのはもったいない、と考えるようにしましょう。

まず浅いですし、ボールも伸びて来ない。

だから、最初からフォアハンドを空けておく、くらいの意識が大事。

それから、ハッキリと前に入ることですね。

相手が打つ前に、最初から前に入って準備することで、相手へのプレッシャーにもなります。

コートの外側、に立つくらいの感覚で良いでしょう。

この攻撃的な姿勢こそ、アドバンテージサイドでは特に大事です。

 

2.狙いは相手のバックハンドの浅め、でいこう!

イメージは、こんな感じ↓。

かなり、浅い場所を狙う感じで良いでしょう。

バックハンドを狙うだけ、でも充分ですが、出来ればこれくらい浅い場所を狙うと効果的。

なぜなら、相手をコートの外側に追い出せるから。

それに合わせて、リターンダッシュでネットに出ましょう!

相手からすると、バックハンドでコートの外側に追い出され、しかも相手は前に来るプレッシャーがある。

この状態、を作ることがまず大事です。

アドバンテージサイド、で相手のセカンドサーブから、この形を作ること。

慌てた相手はロブを使って来る可能性も高いので、しっかり警戒しておきましょう。

強気な相手なら、ダウンザラインへのパッシングショットもあるでしょう。

相手の性格、プレースタイルも考えながら、警戒するポイントを考える。

これで、バッチリです。

 

3.相手の返球がロブかどうか、を見極めよう!

この作戦が成功するかどうか、はここにかかっています。

相手の返球、が何になるのかを素早く見極めること、が大事。

相手のグリップを見て、スライスのような感じならまずロブ、でしょう。

ロブだと気付いたら、前に出過ぎない。

サービスラインくらいで止まる、感じで良いでしょう。

相手をコートの外に追い出すと、人は消極的になります。

だから、ロブを打って時間を稼ぎたくなる、テニスの基本ですしね。

繰り返しますが、この浅さ↓が大事です。

そして、アドバンテージサイドからの回り込み、を最大限に活かしましょう!

リターンから攻める、相手のセカンドサーブでは絶対に得点すること、が大事です。

 

どんな作戦が、リターンから展開出来るのか。

特に、アドバンテージサイドからの具体策が大事です。

フォアハンドの回り込み、必要なのは勇気です。

リターンで前に入る、そこから前に出る勇気。

ぜひ、シングルスの試合で試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    厳しいコースを突いたサーブが得意な相手には、「踏み込んでスライスのブロックリターン」を準備しておく

    テニスのトーナメントでは、必ずビッグサーブを得意にしている選手がいる。…

  2. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリターンをお勧めする理由5…

    試合に勝てるようになるには、もちろん小さなステップアップの積み重ねが重…

  3. リターン

    フォルトも打ち返す、そんな気概でリターンを

    相手のサーブが、微妙なところに入る。インと言えばイン・・・の…

  4. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要なのか?

    試合で勝つための必要なのに、見落とされがちな技術。その中でも大…

  5. テニス ストローク

    リターン

    「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ

    相手のサーブが、弱々しいのに・・・なぜかリターンミスしてしまう。…

  6. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来

    試合の中でのブレイクポイント。これに対して、どういう数の心理、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスをしっかりコントロールするには、「打点を身体の横、少し後ろ…
  2. ボレー

    ボレーがすぐに浮いて攻められる、人はどうすれば良い?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎて…
  4. 練習メニュー

    練習メニュー

    テニスが上手くなりたいなら、練習から全ての癖を変えることが大事です
  5. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い
PAGE TOP