シングルス

ワイドに打った後に、なぜセンターに戻るのは危険なのか?

よくテニスの戦術に、「ワイドに打ったら、そのままワイドをケアで!」というポジショニングについて、聞いたことはありませんか?

テニススクールでも、よくアドバイスされている光景を見ます。

これは、ダブルスはもちろんシングルスでも必要な考え方。

そこで改めて、「なぜ?」という視点を持って、今回はシンプルにシングルスの試合をイメージして考えてみましょう。

 

ワイドに打った後に、なぜセンターに戻るのは危険なのか?

 


 

1.まず、ワイド方向に打つとは・・・?

テニスの試合、シングルスでもクロスラリーって多いですよね。

正面でのラリーから少し動いて、相手とクロスで打ち合う。

↑のように、正面同士の打ち合い、だけではなかなか終わらないはず。

クロスラリーになって、その中で、相手をコートの外に完全に追い出したい。

こういう浅いボール↓、がきっかけになるケースは多いと思います。

赤側の選手は、この浅いボールをクロスに展開して、青側の選手を外に走らせる。

フォアハンドでショートクロス、得意にしている方も多いと思います。

↓のようなポジションから・・・。

ショートクロスに振り抜いていく。

このまま前に出ても良いですが、今回は前には出ないで、相手の様子を見ながらプレーしていく作戦をイメージしてみましょう。

 

2.テニスのネットの高さ、の影響は大きい

1.のようなケースで、「ストレートに展開する方が良いのでは?」と思う方も多いでしょう。

もちろん、それも一つの作戦。

ですが、両端にいくほどネットの高さが高いのがテニスのネット、なんですよね。

鋭いショットで追い込むなら、ネットの真ん中、センターストラップの上を通したい。

だから、テニスではクロスのショットが安定感があるし、セオリーになるんです。

打ちやすい、というのは本当に楽ですから。

それに、浅い場所にバウンドさせて相手をコートの外に追い出すのにも便利ですしね。

でも問題は、↓のように相手を外に追い出してから、です。

実際に、この後の赤側の選手の動き、みなさんどうでしょうか。

つい、自分はコートの真ん中に戻りたくなりますよね。

この方が、守れるような感じがしますし、自分が優位に立っているように思える。

でも・・・それって危険なんです。

なぜなら、↓のように相手もネットの真ん中を狙って、鋭いボールをクロスに返球出来るから。

このショットが、何より怖いんです、テニスでは。

シングルスの試合なら、自分一人でコートカバーしないといけないですからね。

このショットを一番に、まずは警戒する。

だから、クロスのポジションに残って↓ケアする場所をしっかり警戒しておきましょう。

相手のカウンターは、正しいポジショニングで潰せます。

 

3.ダウンザラインのショットは、打たせて大丈夫!

実際、怖いのはダウンザライン・・・でしょうか?

相手が外からダウンザライン↓、一見怖そうに見えますが、そうでもありません。

まず、ネットの高さが高いので、速いボールは来ない。

それに、外から巻いてくるボールになるので、ほんの少しの確度ですが「自分の方向に向かって来る」ような軌道になるんですよ。

だから、怖く無い。

多少自分で「甘い!」と思っても、相手に打たせるくらいの意識でOK。

そこで打たせておいて・・・↓

自分がクロスにしっかりとカウンター、で攻撃すれば相手は追えない。

ダウンザラインからのクロスコートって、シングルスの試合では守りにくいんです。

プロ選手の試合でも、よくあるカウンターのパターンですよね。

 

クロスに相手を追い出したら、自分もクロスをケアする。

ストレート方向は、カウンターの材料にする。

これ、結構シングルスで使えるパターンですし、セオリーとなっています。

ただ良いボールを打っても、試合では勝てない。

大事なのは、そのポジ所ショニングです。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?

    対戦相手には、色々なタイプがある。とにかくバンバン打ってきて、…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

  3. テニス 体力

    シングルス

    「テニスの試合、序盤でチェックしよう!」シングルスでの対戦相手の特徴が出るポイント5つ

    テニスの大会では、初見の相手と試合することが多くあります。ウォ…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    強いシングルプレイヤーは、ポジショニングがすごく細かい

    シングルスの試合で、結果を出したい。と思って強い選手を色々観察…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である

    テニスの試合で、強い相手はまず「崩して」から決めてくる。そう、…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに

    シングルスの試合では、フォアハンドで打つ機会を増やしたい。よほ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    ケガこそ神様が与えてくれた、「自分が変われる機会」です
  2. テニス ドロップショット

    ボレー

    どんなに強烈なストロークでも、ネット近くで触れば「ポトッ」と落ちて得点になるのが…
  3. テニス 打点

    日々の雑記

    自分の調子が良いときに、勝てないこともある
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない
  5. テニス コントロール

    戦術

    テニスのナイスショットは、全て組み合わせでしか完成しない
PAGE TOP