テニス サーブ

サーブ

15-40からデュースにもっていく、その力があるか?

試合の現場で、みなさんにこの力があるかどうか。

この力がある、ある程度イメージ出来る人は、きっと試合でも強い。

15-40になってから考える、ではもう遅い。

誰だって、このような状況になることはある、と思って準備する。

大事なのは、具体策です。

 

15-40からデュースにもっていく、その力があるか?

 


 

1.デュースサイドから、苦しい場面

通常、デュースサイドって苦しいカウントが少ない。

0-0、15-15、30-30、またはデュース。

こういうカウント、でデュースサイドからは打つのがテニスです。

ですが自分が負けている、ブレイクポイントが2つ続くポイント、15-40の場面も当然あります。

こういう場面、でみなさんは何を考えますか?

「もうダメだな・・・・」と考えるのか、「よし、こうなったらコレでいこう」というコレ、があるのかどうか。

この差って、大きいと思いますよ。

技術のレベルは関係無い、特に自分と実力が近い相手との試合では、ちょっとした準備の差がそのまま勝敗を分けるんです。

 

2.デュースサイドのサーブから、ポイントを取る形は?

これが無い人、多くないですか?

アドバンテージサイドは、相手のバックにサーブを入れて攻撃、というパターンがある。

でも、デュースサイドはなかなかセンターへのサーブ、が難しいという右利きの方も多いでしょう。

15-40のような場面で、どういう選択が自分の中にあるのか。

みなさんも、自分で考えてみて下さい。

15-40の場面ですから、相手も攻撃的に来るかもしれない。

当然ファーストサーブを入れて、自分の形を作ること、が大事なんです。

 

3.「2ポイント凌がないといけない」と、思わないこと

私は、これも大事だと思います。

「ブレイクポイントが2つ・・・まずい・・・」と思うから、弱気になる。

まず、大事なのは1ポイント。

そして、30-40になれば、プレッシャーは相手にかかります。

2本あったのに、取れなかった・・・となれば、流れはアナタ側に来る。

ですので私はいつも、とにかく15-40のファーストサーブにだけ、集中します。

そのサーブが入れば、デュースまで持ち込める。

実際に、その傾向はすごく強いと思います。

 

4.自分のピンチは自分のチャンスになる

15-40を乗り越えれば、間違いなくそれはチャンスになります。

当然、デュースになってもまだ油断は出来ませんが、試合の流れは大きく変わる。

15-40になった時点で、「これは自分のチャンスだな・・・活かさないと」と思えれば強い。

テニスの試合って、そういうモノです。

まずいと思ったら、まずくなる。

いけると思ったら、流れは来る。

大事なことは、15-40になってどうするのか、何を考えるのかを決めておくということですから。

 

つい、自分の不利な状況、劣勢はイメージしたくない、避けてしまう。

ぜひ、簡単にで良いのでテニスノートに書き出してみて下さい。

15-40になったら、どうするのか。

ファーストサーブを入れて、何が出来るのか。

決めておけば、怖く無いしチャンスに出来る。

やらないと、損ですよ。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から余計入らなくなる

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、陥る共通の問題があります。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブ、セカンドサーブ関係無く「同じサーブを2回打つ」という作戦について考えてみる

    テニスの試合にたくさん出ていると、こういう相手と対戦する機会もあります…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします

    サービスゲームで、ガンガン押していってエースも欲しい。色々書い…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    緊張する場面で「しっかりサーブで顔を残す」こと出来てる?

    試合の終盤、緊張した場面でこそサーブの力は試される。自分を信じ…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう

    ダブルスの試合、強力なリターンを持つ相手との対戦は避けられないでしょう…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い

    サーブを武器に、試合を戦いたい。特に男性なら、一度はそう考えま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーで足が動かない・・・」人には理由がある!意識したいテニスのネットプレーの…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝てないダブルスペアほど、大事な部分をお互いに任せられない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?
  5. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない
PAGE TOP