テニス サーブ

サーブ

15-40からデュースにもっていく、その力があるか?

試合の現場で、みなさんにこの力があるかどうか。

この力がある、ある程度イメージ出来る人は、きっと試合でも強い。

15-40になってから考える、ではもう遅い。

誰だって、このような状況になることはある、と思って準備する。

大事なのは、具体策です。

 

15-40からデュースにもっていく、その力があるか?

 


 

1.デュースサイドから、苦しい場面

通常、デュースサイドって苦しいカウントが少ない。

0-0、15-15、30-30、またはデュース。

こういうカウント、でデュースサイドからは打つのがテニスです。

ですが自分が負けている、ブレイクポイントが2つ続くポイント、15-40の場面も当然あります。

こういう場面、でみなさんは何を考えますか?

「もうダメだな・・・・」と考えるのか、「よし、こうなったらコレでいこう」というコレ、があるのかどうか。

この差って、大きいと思いますよ。

技術のレベルは関係無い、特に自分と実力が近い相手との試合では、ちょっとした準備の差がそのまま勝敗を分けるんです。

 

2.デュースサイドのサーブから、ポイントを取る形は?

これが無い人、多くないですか?

アドバンテージサイドは、相手のバックにサーブを入れて攻撃、というパターンがある。

でも、デュースサイドはなかなかセンターへのサーブ、が難しいという右利きの方も多いでしょう。

15-40のような場面で、どういう選択が自分の中にあるのか。

みなさんも、自分で考えてみて下さい。

15-40の場面ですから、相手も攻撃的に来るかもしれない。

当然ファーストサーブを入れて、自分の形を作ること、が大事なんです。

 

3.「2ポイント凌がないといけない」と、思わないこと

私は、これも大事だと思います。

「ブレイクポイントが2つ・・・まずい・・・」と思うから、弱気になる。

まず、大事なのは1ポイント。

そして、30-40になれば、プレッシャーは相手にかかります。

2本あったのに、取れなかった・・・となれば、流れはアナタ側に来る。

ですので私はいつも、とにかく15-40のファーストサーブにだけ、集中します。

そのサーブが入れば、デュースまで持ち込める。

実際に、その傾向はすごく強いと思います。

 

4.自分のピンチは自分のチャンスになる

15-40を乗り越えれば、間違いなくそれはチャンスになります。

当然、デュースになってもまだ油断は出来ませんが、試合の流れは大きく変わる。

15-40になった時点で、「これは自分のチャンスだな・・・活かさないと」と思えれば強い。

テニスの試合って、そういうモノです。

まずいと思ったら、まずくなる。

いけると思ったら、流れは来る。

大事なことは、15-40になってどうするのか、何を考えるのかを決めておくということですから。

 

つい、自分の不利な状況、劣勢はイメージしたくない、避けてしまう。

ぜひ、簡単にで良いのでテニスノートに書き出してみて下さい。

15-40になったら、どうするのか。

ファーストサーブを入れて、何が出来るのか。

決めておけば、怖く無いしチャンスに出来る。

やらないと、損ですよ。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスはなぜ、残酷な競技なのか?

    テニスって、残酷な競技。私は、何度か書いて来ましたが、その要素…

  2. テニス サッカー

    サーブ

    高校サッカーを観ていて感じたこと、「テニスのサーブ」って・・・

    私は毎年高校サッカーが好きで、年末年始はよく観ています。何気な…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    「左利きはサーブに有利?」その発想は、右利きのアナタをも使える戦略です

    左利きのサーブに苦手意識があり、結果的に試合で勝ち進めない。「…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人・・・?

    自分のサーブに伸びが無い人は、上方向へ力が伝わっていないケースが多い。…

  5. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?

    私自身試合をしていて、いつも感じているけど・・・どこか背を向けているこ…

  6. サーブ

    ボディサーブが無いと、リターンは楽

    試合の中で、相手のボディにサーブを打つ。これ、上を目指す選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    「基本はこうだけど、自分はこう考える」を増やしていこう
  2. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「速いスィングは何の為?」テニスの試合では緩急の使い分けがポイント
  4. テニス ガスケ

    ストローク

    ガスケ選手、シモン選手が日本との「差」を見せ付けたのは、このショット
  5. テニス ロブ

    その他

    「これがリアルなんだ」と、試合中は割り切っていこう
PAGE TOP