テニス ストローク

ストローク

ドロップ系のミスは、試合で一切気にしなくて良い

試合の中で、気にしなくて良いミス。

それの代表作は、まさにコレでしょう。

安易に打ってミス、はダメですが、基本は気にしなくてOK。

なぜならドロップ系にのショットは打つこと自体で成功、だからです。

 

ドロップ系のミスは、試合で一切気にしなくて良い

 


 

1.まず、「使う」ということが大事

私は、テニス選手として2種類しかいないと思っています。

ドロップ系を使う選手か、そうじゃないのか。

ドロップ系のショットを使える選手は、実際に大会会場では少ないように思います。

安易にポイントを取りにいっている、ように映るので、コーチや先生から怒られがちですしね。

まず、使うということころから始まる。

それがドロップショットであり、ドロップボレーです。

使って来る選手って、やはり嫌じゃないですか?

 

2.ミスしても、強く印象に残る

実際、試合の中で使われるとどうでしょうか?

ドロップショットを打とうとしたのは、誰が見ても分かる。

当然、相手も分かる。

このポイントを落としたとしても、次から意識せざるを得ないですからね。

ミスしても、失点になっても全く気にする必要は無いんです。

むしろ、しっかりとハッキリ使う、ことだけに集中しましょう。

 

3.使えないで試合の流れが変わらない、のが怖い

私は何度も、「多少甘くなっても良いから、使った方が良い」と書いて来ました。

甘いドロップでも、相手を動かすことは出来ますからね。

使えないで、ただある作戦一辺倒になってしまうのが、テニスでは一番怖い。

相手も慣れて、自分も無難なショットに終始する。

こういう時に、テニスは試合の流れが動かないんですよね。

だからこそ、必要なのはドロップ系のショットで相手を前後に動かすことです。

 

4.気にしないミスは、試合前から設定しておく

ダブルスなら、ペアとも話しておきましょう。

「お互い、ドロップ系のミスは気にしない、それを活かそう」と。

試合中に落ち込むこと、も無くなりますからね。

気にしないミス、とはどんなミスか。

具体的に試合前に確認しておけば、現場で落ち込むことも無い。

そして、使えるんですよ。

試合前に決めていないから、使えないしミスしたら凹んでしまう。

全ては、ちょっとした準備で変わりますよ。

 

ドロップ系のショットは、とにかく使うこと。

練習から使って、試合でも序盤に使う。

「自分にその技術は無い」と思っている人は、もったいないです。

不格好でも良いから、まずは打ってみること。

全ては、そこからです。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「最先端のビッグサーバー対抗術」錦織選手の戦い方に観る、テニスの試合での攻略法4つ

    錦織選手の初優勝で幕を閉じた、ATP男子のシティオープン。ビッ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ

    ベースラインからのストローク、試合で思い通りのコースに打てていますか?…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも極めていけば良い

    サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュ・・・。全てのショット、…

  4. ストローク

    テニスの試合で、「チェンジオブペース、よく分からない…」という人は、攻撃できる場面での選択肢を増やし…

    ベイビーステップの主人公、栄ちゃんの影響で、テニスにおける「チェンジオ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?

    ストローク側から、相手のネットプレイヤーを攻撃していく。この中…

  6. テニス フットワーク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手として、「スタミナを武器にしたい」と考えているのであれば、1日8ゲーム…
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせ…
  3. テニス リターン

    戦術

    ミスが少なくなった自分は、実感し辛い
  4. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルト病が重症な人は、「セカンドサーブはスウィングスピードを上げる!」と…
PAGE TOP