テニス ボレー

戦術

チャンスでのフォアボレー、動かすのは10cmでOK

フォアハンドボレー、ネットに詰めて・・・あとは決めるだけ!

これが、テニスでは本当に難しいんですよね。

ネットに近いのに、打点が高いのに、ミスしてしまう。

それって、メンタルの問題?

いや、技術で改善出来るポイントです。

 

チャンスでのフォアボレー、動かすのは10cmでOK

 


 

1.簡単と思うことほど、難しい

だから、テニスは面白い。

傍から見ていると、簡単そうに見えるじゃないですか。

でも、実際はすごく、繊細で難しい技術、ですから。

ネットに詰めて、フォアハンドのハイボレー。

これが、出来るかどうかが、アナタ自身のテニスのレベルを如実に現しています。

しっかりポイントが取れれば試合に勝てるでしょうし、落とすことが多いと・・・もう、相手は楽ですよ。

だって、最後の最後でミスしてくれる相手、な訳ですからね。

 

2.打つのではなく、弾く!

私が意識しているのは、弾くという感覚。

ネットに詰めてフォアボレーなら、パチン!と弾くだけ。

10cmくらいラケットを動かせば、それで充分だと思いますよ。

実際、フォアハンドボレーは、片手で打つ方が多いと思いますが、反対の手を使うことが大事。

反対の手で、ラケットの動きを抑える、制限する。

10cm以上動くと、それは弾くボレーではなく、運ぶボレーになります。

ネットから近いのであれば、運ぶという感覚は必要無い。

パン!と弾いて、打ち終わる感覚が大事です。

 

3.相手コートの、どこに弾ませるのか?

これを意識して、狙いましょう。

どこに弾ませるのか、それはどの程度の強さで?

私は、強く弾ませてワンバウンドで相手の頭上を越えるようなボール、も打ちます。

フォアハンドなら、これくらいパンチが効いたボレーも欲しいですよね。

それが難しいなら、しっかりアングルのコースを狙う。

スライスはかけ過ぎないで、フラットで良い。

ボールの上をしっかり触って、ふかしたようなボレーにならないこと、が大事です。

つなぐボレー、はここでは必要無いですからね。

 

4.「つなぎ上手」は最後で試合に勝てない

上手い人は、最後にボレーでポイントが取れる。

みなさんの中にも、ボレーでつなぐことが出来る人は、たくさんいると思うんですよね。

ネットから遠い位置で、スライスボレーで粘る、展開する。

でも、それだけじゃ試合で勝てない。

10㎝動かしてパチン!と弾くようなフォアボレー、が試合では必要です。

ラケットは動かし過ぎない、しっかり強くコンパクトに打つ。

このボレー、意外と練習出来ていないような気がしませんか?

 

10㎝以上、つい動かしたくなってしまうんですよね。

特に力の入るような場面では・・・。

そこを制御する為に、必要なことは「自信と感覚」です。

これくらいで充分なんだ、と思えれば大振りしない。

試合向きの、コンパクトなボレーになっていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    売られた喧嘩を、安易に買ってはいけない

    もちろん、テニスの試合の中で・・・です。本当に勝ちたい試合、お…

  2. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにいこう

    相手のボールが浅い!のに・・・攻撃に出るどころか、いつも処理に…

  3. テニス メンタル

    戦術

    守備をしながら攻撃、攻撃をしながら守備、がテニスの基本です

    テニスの試合は、当然ですが攻守全て自分一人でやらないといけない。…

  4. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です

    テニスの試合、強い対戦相手との試合は避けて通れない。いや、これ…

  5. テニス 準備

    戦術

    意外と大事な試合で多い、「8ゲームマッチ」の戦い方について意識したいこと4つ

    学生の皆さんの大会でも、一般の市民大会でも意外と多いのが8ゲームマッチ…

  6. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事

    試合が進んでいく中で、少しずつリード出来た場面。普通の人は、絶…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミ…
  2. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合前日にやっておくべきこと5つ
  4. テニス ボレー

    ボレー

    身体正面に来たボレーが返し辛いなら、「利き腕の肘の位置」を思いっきり上げよう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から
PAGE TOP