テニス ダブルス

ボレー

フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること」です

フォアハンドボレー、試合の中で安定感があるかどうか。

これって、小さいことのようですがすごく大事なポイント。

意外と、バックボレーの方がカチッと決まっていて安定しているけど、フォアボレーは・・・という人、多いと思います。

難しいのは、支点をどこに設定するのか。

これって、ネットからの距離に応じて変わってくると私は思いますよ。

 

フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること」です

 

1.ポジションに寄って、求められるボレーは違う

まず、ネットから遠い場所にいるときは、どうでしょう。

なるべく深く、ゆったりと直線的なボレーが求められますよね。

でも、ネットにすごく近い場所でのボレーは、ちょっと違う。

コンパクトに叩きつけて、しっかりエースを狙うようなボレーが欲しい。

この違いを、自分の中でどこに作るかによって、違ってくるでしょう。

明確にココを変えていく、というポイントを作っておくと便利だと思いますよ。

 

2.ネットから遠いときには、肩を支点に少し大きく運ぶ

私はいつも、この意識です。

脇を空けて、締めるようにしてラケットを動かす。

肩を支点にして、肩から先をしっかり動かす、ようなイメージです。

もちろん、視界からラケットは消えないように、コンパクトさは保ちながら。

ボールを打つ、というよりはしっかりと運んでいくような意識、が並行陣の後衛のようなポジションでは求められますよね。

 

3.ネットに近い場所だと、肘支点、手首でも良い

これは、あくまで私のコツです。

ネットから近い位置だと、最悪肘や手首、を動かして打っても良いと私は思っています。

肩支点のような大きな振り、は必要無い。

コンパクトに動かして、しっかりフィニッシュする。

大事なのは、しっかりコートに叩き付けるような角度、で打てるかどうかです。

せっかくネットに詰めているので、深い位置へのボレー、よりも角度を付けて高くバウンドするようなボレー、も打ちたい。

そう考えると、肘から先、手首で打つようなボレーでも良いと思います。

ただし、打点は前、ですね。

打点が後ろになった段階で、怪我の元になりますので。

 

4.ネットに近い場所で、踏み込んだボレーは必要無い

もう一つ、支点とは違うのですが・・・足の踏み込み、はネット近くでは必要無いでしょう。

パチン、と打って終わるようなボレー、ですので。

スライス回転も、必要無い。

ネットから少し離れた、遠い場所からは有効ですけどね。

本当にネットが触れるくらいの場所、でそもそもボレーをする機会、あるでしょうか?

ダブルスなら、しっかり作っていく意識が大事ですよ。

 

フォアハンドボレー、支点の場所を変えていく。

ポジションに寄って、その打ち方が変わるのは、もしかしたら嫌だという方もいるでしょうね。

ですが、テニスではネットからの距離に寄って明らかに「求められるモノ」は変わります。

その覚悟を持って、何かしらハッキリさせておきましょう。

特に、自由度の高いフォアハンドボレーのような技術では、です。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. ボレー

    ボレーがすぐに浮いて攻められる、人はどうすれば良い?

    試合ですぐに、自分のボレーが浮いてしまう。それが怖くて、なかな…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。両手のバッ…

  4. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?

    普段の練習でもよく実践する、ボレー対ストロークのラリー形式。な…

  5. テニス 言葉

    ボレー

    自分の感覚が鋭いエリアは、どこだと思う?

    ボレーのタッチ感覚、みなさんは自信ありますか?私は自信がある、…

  6. テニス スマッシュ

    ボレー

    ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

    ダブルスの試合で、実力に関わらず大事なこと。前衛のプレーって、…

特集記事

  1. テニス 評価

    メンタル

    「仲間と苦しむ」ことを意識するとテニスの試合で勝てるよう成長できる!
  2. テニス 前衛

    ダブルス

    粋な前衛は、ファインプレーをファインプレーに見せない
  3. テニス 上達

    戦術

    本当に疲れたときに出来るテニス、がきっとアナタの武器になる
  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です
  5. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルに原因を求める人にこそ、メンタルが弱い人
PAGE TOP