テニス ダブルス

ボレー

フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること」です

フォアハンドボレー、試合の中で安定感があるかどうか。

これって、小さいことのようですがすごく大事なポイント。

意外と、バックボレーの方がカチッと決まっていて安定しているけど、フォアボレーは・・・という人、多いと思います。

難しいのは、支点をどこに設定するのか。

これって、ネットからの距離に応じて変わってくると私は思いますよ。

 

フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること」です

 

1.ポジションに寄って、求められるボレーは違う

まず、ネットから遠い場所にいるときは、どうでしょう。

なるべく深く、ゆったりと直線的なボレーが求められますよね。

でも、ネットにすごく近い場所でのボレーは、ちょっと違う。

コンパクトに叩きつけて、しっかりエースを狙うようなボレーが欲しい。

この違いを、自分の中でどこに作るかによって、違ってくるでしょう。

明確にココを変えていく、というポイントを作っておくと便利だと思いますよ。

 

2.ネットから遠いときには、肩を支点に少し大きく運ぶ

私はいつも、この意識です。

脇を空けて、締めるようにしてラケットを動かす。

肩を支点にして、肩から先をしっかり動かす、ようなイメージです。

もちろん、視界からラケットは消えないように、コンパクトさは保ちながら。

ボールを打つ、というよりはしっかりと運んでいくような意識、が並行陣の後衛のようなポジションでは求められますよね。

 

3.ネットに近い場所だと、肘支点、手首でも良い

これは、あくまで私のコツです。

ネットから近い位置だと、最悪肘や手首、を動かして打っても良いと私は思っています。

肩支点のような大きな振り、は必要無い。

コンパクトに動かして、しっかりフィニッシュする。

大事なのは、しっかりコートに叩き付けるような角度、で打てるかどうかです。

せっかくネットに詰めているので、深い位置へのボレー、よりも角度を付けて高くバウンドするようなボレー、も打ちたい。

そう考えると、肘から先、手首で打つようなボレーでも良いと思います。

ただし、打点は前、ですね。

打点が後ろになった段階で、怪我の元になりますので。

 

4.ネットに近い場所で、踏み込んだボレーは必要無い

もう一つ、支点とは違うのですが・・・足の踏み込み、はネット近くでは必要無いでしょう。

パチン、と打って終わるようなボレー、ですので。

スライス回転も、必要無い。

ネットから少し離れた、遠い場所からは有効ですけどね。

本当にネットが触れるくらいの場所、でそもそもボレーをする機会、あるでしょうか?

ダブルスなら、しっかり作っていく意識が大事ですよ。

 

フォアハンドボレー、支点の場所を変えていく。

ポジションに寄って、その打ち方が変わるのは、もしかしたら嫌だという方もいるでしょうね。

ですが、テニスではネットからの距離に寄って明らかに「求められるモノ」は変わります。

その覚悟を持って、何かしらハッキリさせておきましょう。

特に、自由度の高いフォアハンドボレーのような技術では、です。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ローボレーが苦手な人は、「ネット上50cmを狙ってスライス回転」をかければ上手くいく!

    ネットより低い位置のボレー。に、苦手意識を持っている人は多いで…

  2. テニス リターン

    ボレー

    逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い

    ボレーはとにかく、打点を前に!これは、正しいようで、少し誤解の…

  3. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない

    足元のボレーが、弱い人。そういう人は、まずもってハーフボレーが…

  4. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレーでハイボレーが安定しない人は、「高い位置でラケットをキャッチ」して打ち終わろう

    ネットプレーの実力、それはハイボレーで図るのが一般的です。なぜ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!

    相手ばボレーをするときに、アナタはどのあたりをチェックしますか?…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど
  2. テニス 部活

    練習メニュー

    「団体戦に強い、部員が成長していく部活」では、先輩と後輩が教え合うという太い線で…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ダブルスで後衛としての展開力を鍛えたいなら、相手の後衛をどんどん走らせよう
  4. ボレー

    ネットに詰めたら、上段の構えが基本
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のテニスについて、悩んでいる」人は、テニスを始めた頃の仲間に会いに行こう
PAGE TOP