テニス ストローク

ストローク

なぜ、錦織選手のバックハンドは鋭く落ちるのか

昨日の試合でも、このショットには何度もしびれました。

鋭いバックハンドを、少しだけショートクロス気味に打つ、錦織選手の得意技。

ネットを越えてサイドアウトしそうなのに、最後にグッと落ちて、コートに入ってくれる。

私たちも、威力は違えどポイントを押さえて、近しいショットは打てるはず。

その希望を持って、練習していきましょう!

 

なぜ、錦織選手のバックハンドは鋭く落ちるのか

 


 

1.しっかりと振り抜くには、基本が大事

私自身、バックハンドをクロスに打つのは得意。

調子が良い時は、やはり基本となる部分がしっかりしてるんですよね。

まず、前足をしっかり踏み込んでいる。

そして、クローズドスタンス、で肩を入れた状態でボールを引き付けること、が出来ている。

錦織選手も、この形でボールに入れた時にはすごく良いバックハンドが打てている。

鋭く振り抜く、為にはこれが必要ですね。

 

2.クローズドスタンスで、少し窮屈なくらいで良い

クローズドスタンス、みなさん試合で使ってますか?

右利きの方のバックハンドであれば、右足を左斜め前に踏み込む、少し窮屈な感じですよね。

ここからクロスにしっかりと打つ、ボールの左側を触る意識が大事。

ラケットを振り抜いて、上体はぶれない、目線も残す。

こうして打つショットは、回転量が多いので鋭く落ちて、コートにおさまってくれる。

ぜひ、試合で意識して打っていけるよう、下半身から意識してみて下さい。

 

3.打点は腰の高さ、がベスト!

私の経験上、この高さが振り抜きやすい。

これより高いとボールに縦回転をかけにくい、ように私は感じます。

腰の高さ、かもう少し低いくらいでも良い。

大事なのは、下から上に一気に振り抜ける打点、だということ。

ラケットの下のエッジに引っ掛けるくらい、のイメージで良い回転がかかると思いますよ。

両手バックハンドの方は、しっかりと利き腕ではない方の腕を使っていきましょう!

 

4.弱点から武器へ、大変革を狙おう

バックハンドが苦手、という方はチャンスです。

しっかりと下半身が決まれば、良いショットが打てる。

今までの弱点が、武器に変わる。

それくらいの発想、が大事ですよ。

恐怖心があると、ラケットって振り抜くことが出来ない。

錦織選手のような鋭く落ちるバックハンドを打ちたいなら、まず恐怖心を捨てること。

アウトへの恐怖心こそ、一番の阻害要因です。

 

窮屈な態勢から、一気に振り抜く。

これが出来ると、試合でミスが減ります。

そもそも、可動域が狭いので、ミスのしようがないんですよね。

大事な場面、アウトかも・・・という軌道が変化して入る。

どうでしょう、ちょっとワクワクしてきませんか?

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに…

    試合の中で浅いボールが来て、アプローチショットを相手に打ち込んでいく。…

  2. テニス 錦織圭
  3. テニス ガスケ

    ストローク

    ガスケ選手、シモン選手が日本との「差」を見せ付けたのは、このショット

    デビスカップ、残念ながら2日目のダブルスの結果をもって、日本の敗退が決…

  4. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由

    現代のテニスは、ストロークのスピードが著しく進化しています。純…

  5. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

    チャンスを決める。テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょ…

  6. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドでジャックナイフを極める!為に必要なのは3つのポイントだけ

    現代テニスでは、ライジングショットは不可欠。前に入って攻撃して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効…
  2. サーブ

    「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも
  4. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「俺はずっと、これでいく」テニスの片手バックハンドストロークが優れていると思う4…
PAGE TOP