テニス ストローク

ストローク

なぜ、錦織選手のバックハンドは鋭く落ちるのか

昨日の試合でも、このショットには何度もしびれました。

鋭いバックハンドを、少しだけショートクロス気味に打つ、錦織選手の得意技。

ネットを越えてサイドアウトしそうなのに、最後にグッと落ちて、コートに入ってくれる。

私たちも、威力は違えどポイントを押さえて、近しいショットは打てるはず。

その希望を持って、練習していきましょう!

 

なぜ、錦織選手のバックハンドは鋭く落ちるのか

 


 

1.しっかりと振り抜くには、基本が大事

私自身、バックハンドをクロスに打つのは得意。

調子が良い時は、やはり基本となる部分がしっかりしてるんですよね。

まず、前足をしっかり踏み込んでいる。

そして、クローズドスタンス、で肩を入れた状態でボールを引き付けること、が出来ている。

錦織選手も、この形でボールに入れた時にはすごく良いバックハンドが打てている。

鋭く振り抜く、為にはこれが必要ですね。

 

2.クローズドスタンスで、少し窮屈なくらいで良い

クローズドスタンス、みなさん試合で使ってますか?

右利きの方のバックハンドであれば、右足を左斜め前に踏み込む、少し窮屈な感じですよね。

ここからクロスにしっかりと打つ、ボールの左側を触る意識が大事。

ラケットを振り抜いて、上体はぶれない、目線も残す。

こうして打つショットは、回転量が多いので鋭く落ちて、コートにおさまってくれる。

ぜひ、試合で意識して打っていけるよう、下半身から意識してみて下さい。

 

3.打点は腰の高さ、がベスト!

私の経験上、この高さが振り抜きやすい。

これより高いとボールに縦回転をかけにくい、ように私は感じます。

腰の高さ、かもう少し低いくらいでも良い。

大事なのは、下から上に一気に振り抜ける打点、だということ。

ラケットの下のエッジに引っ掛けるくらい、のイメージで良い回転がかかると思いますよ。

両手バックハンドの方は、しっかりと利き腕ではない方の腕を使っていきましょう!

 

4.弱点から武器へ、大変革を狙おう

バックハンドが苦手、という方はチャンスです。

しっかりと下半身が決まれば、良いショットが打てる。

今までの弱点が、武器に変わる。

それくらいの発想、が大事ですよ。

恐怖心があると、ラケットって振り抜くことが出来ない。

錦織選手のような鋭く落ちるバックハンドを打ちたいなら、まず恐怖心を捨てること。

アウトへの恐怖心こそ、一番の阻害要因です。

 

窮屈な態勢から、一気に振り抜く。

これが出来ると、試合でミスが減ります。

そもそも、可動域が狭いので、ミスのしようがないんですよね。

大事な場面、アウトかも・・・という軌道が変化して入る。

どうでしょう、ちょっとワクワクしてきませんか?

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス メロブ

    ストローク

    「自分のボールは良い場所にコントロール出来る」で考える癖を

    実力以上に、試合で結果を出せる人。そんな人は、やっぱりどこか「…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩く、という危険な発想

    強い選手は、しっかり決める。ストロークでも浅いボールは、しっか…

  3. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている

    相手が前に出て来ているから、しっかり足下に沈めたい。自分では良…

  4. テニス ミス

    ストローク

    グリグリなストロークのボールに圧力を感じるのは、備えが無いから

    社会人からテニスを始めた方で、試合に出て壁となってくるのがストロークの…

  5. テニス 準備

    ストローク

    どんなテニスの作戦も、基本は丁寧なプレーを一つ一つ繋げていくことが大事

    自分のプレーを見直したいとき。この基本を、まずは意識してみて欲…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅い」からのドロップショットは、徹底的に練習しておこう

    シングルスでもダブルスでも、必須の技術なのに見落とされている。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー
  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニ…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!
  4. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です
  5. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーでもっとパンチ力が欲しい人は、「ラケットを持たない腕の脇の開け…
PAGE TOP