シングルス

ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に

シングルスの試合で、どう攻めて良いのか分からない、という方へ。

まずは、右利き同士の試合、として有効な攻撃を考えてみましょう。

私は、とにかくこのショットでかなり試合を楽に戦えた記憶があります。

シンプルな作戦ですが、意外と効果ありますよ。

 

ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に

 


 

1.相手のバックハンド狙い、を明確に

まず、私たちの試合ではこれが基本。

相手のバックハンド、にいかにボールを集めるのかが大事。

シングルスのラリーの中で、相手のバック側を狙っていく作戦自体は、普通ですよね。

相手のバックハンドを狙う時って、みなさんどんなショットが多いでしょう?

やはり、バックハンドのクロス方向、が多いんじゃないでしょうか。

自分のバックに打たれたから、相手のバックにクロスで返す。

右利きの同士の試合であれば、この展開が多いはずです。

 

2.フォアハンドからバックハンド、に打つから主導権が握れる

私は、1.よりも前に展開したい。

自分がフォアハンド、相手がバックハンド、という展開をしたいんですよね。

だから、フォアハンドストロークでダウンザライン、でバックハンド側に打つ。

これが基本の作戦、になります。

フォアハンドで、それも山なりで大きく高い軌道で打つ。

ダブルスの試合の、ストレートロブみたいな感じです。

スピン回転をかけて、相手のバックハンドの高い位置、を狙うようにすると、すごくチャンスメイクが楽。

次のボール、を回り込んでフォアハンドのパターンが、鉄板ですね。

 

3.ダウンザラインに打って、回り込みフォアハンドで待つ

ダウンザラインに山なりなボールを打ったら、次もフォアハンドで打ちたい。

攻撃の手を緩めず、回り込みのフォアハンド、で待てるようなポジションに入りましょう。

自分のフォアハンド側を空けておく、ようなイメージですね。

ここに浅いボールを打たせて、一気にチャージしていく。

そのきっかけになるのが、ダウンザライン方向へのフォアハンド、で相手のバックハンドを狙うポイント。

リラックスして、楽に打てば効果的ですよ。

 

4.フォアハンドはクロス、を警戒してくれる

相手からしても、これが怖いんです。

フォアハンドは、クロスへ鋭いショットがありますから、ついそれを警戒してしまう。

だから、バックハンド側に展開されたときに、少し遅れてしまう。

シングルスの試合、なかなかダウンザライン方向にストロークを打つのは、勇気が要りますよね。

だから、山なりでスピン回転、で打てば大丈夫。

相手をえぐる感じ、でエースにならなくて良い。

チャンスを引き出すショット、として磨いていきましょう!

 

ダウンザラインへのショットを、山なりで使う。

この発想、無い方が結構多いです。

直線的なストロークは、ネットも高いですし危険ですよ。

自分のフォアで相手のバックを狙う、これはテニスの試合でのスタンダード。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  2. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスでのネットプレー、ファーストボレーはどんなイメージ?

    シングルスの試合でも、ネット二出ましょう!と、私は何度か言い続…

  3. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブル…

  4. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

    今年こそ、結果を出したい・・・。そう、個人戦で!と考えている人…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事

    テニスの試合で負け続けて、精神的に滅入ってしまう。そんなとき、…

  6. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を

    シングルスの試合で、相手から押される苦しい場面。なぜか、こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「回転系サーブを覚えよう」テニスの試合で使うにはグリップと身体の向きの調整を!
  2. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が…
  3. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!
  4. テニス 前衛

    ストローク

    テニスの試合で攻撃していくときには、「直前に打つコースを決める」感じだと上手くい…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!…
PAGE TOP