シングルス

ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に

シングルスの試合で、どう攻めて良いのか分からない、という方へ。

まずは、右利き同士の試合、として有効な攻撃を考えてみましょう。

私は、とにかくこのショットでかなり試合を楽に戦えた記憶があります。

シンプルな作戦ですが、意外と効果ありますよ。

 

ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に

 


 

1.相手のバックハンド狙い、を明確に

まず、私たちの試合ではこれが基本。

相手のバックハンド、にいかにボールを集めるのかが大事。

シングルスのラリーの中で、相手のバック側を狙っていく作戦自体は、普通ですよね。

相手のバックハンドを狙う時って、みなさんどんなショットが多いでしょう?

やはり、バックハンドのクロス方向、が多いんじゃないでしょうか。

自分のバックに打たれたから、相手のバックにクロスで返す。

右利きの同士の試合であれば、この展開が多いはずです。

 

2.フォアハンドからバックハンド、に打つから主導権が握れる

私は、1.よりも前に展開したい。

自分がフォアハンド、相手がバックハンド、という展開をしたいんですよね。

だから、フォアハンドストロークでダウンザライン、でバックハンド側に打つ。

これが基本の作戦、になります。

フォアハンドで、それも山なりで大きく高い軌道で打つ。

ダブルスの試合の、ストレートロブみたいな感じです。

スピン回転をかけて、相手のバックハンドの高い位置、を狙うようにすると、すごくチャンスメイクが楽。

次のボール、を回り込んでフォアハンドのパターンが、鉄板ですね。

 

3.ダウンザラインに打って、回り込みフォアハンドで待つ

ダウンザラインに山なりなボールを打ったら、次もフォアハンドで打ちたい。

攻撃の手を緩めず、回り込みのフォアハンド、で待てるようなポジションに入りましょう。

自分のフォアハンド側を空けておく、ようなイメージですね。

ここに浅いボールを打たせて、一気にチャージしていく。

そのきっかけになるのが、ダウンザライン方向へのフォアハンド、で相手のバックハンドを狙うポイント。

リラックスして、楽に打てば効果的ですよ。

 

4.フォアハンドはクロス、を警戒してくれる

相手からしても、これが怖いんです。

フォアハンドは、クロスへ鋭いショットがありますから、ついそれを警戒してしまう。

だから、バックハンド側に展開されたときに、少し遅れてしまう。

シングルスの試合、なかなかダウンザライン方向にストロークを打つのは、勇気が要りますよね。

だから、山なりでスピン回転、で打てば大丈夫。

相手をえぐる感じ、でエースにならなくて良い。

チャンスを引き出すショット、として磨いていきましょう!

 

ダウンザラインへのショットを、山なりで使う。

この発想、無い方が結構多いです。

直線的なストロークは、ネットも高いですし危険ですよ。

自分のフォアで相手のバックを狙う、これはテニスの試合でのスタンダード。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝

    シングルスの試合で、なかなか攻撃しきれない人。それは、自分のシ…

  3. テニス シングルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、「簡単なミスをしない為」に必要な意識5つ

    シングルスの試合、プロ選手の試合であれば「エース」で決まるポイントは多…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5箇条

    シングルスの試合でリズムに変化を付けたいとき、あなたはどんな武器を持っ…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ

    シングルスの試合で、一番多い攻撃パターン。テニスでは、相手のボ…

  6. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い

    シングルスの試合、どうしようもなく強い相手、と当たることありますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. 戦術

    技術が無い選手こそ、躍動するポジショニングが必要
  2. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミングはいつ?
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスのフットワークの大原則「かかとから踏み込むこと」がなぜ大事なのか、は明白で…
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑えることが出来る20の小技
  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、…
PAGE TOP