テニス サーブ

シングルス

シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?

シングルスの試合で、リターンから攻撃していくとき。

ぜひ、ダウンザラインに勇気を持って打って欲しい。

というのも、これが一番のプレッシャーになる作戦、だからです。

相手のサーブが強い、そんな相手だからこそ。

積極的にダウンザラインのリターン、入れていけば試合に勝てるはずです。

 

シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?

 


 

1.テニスの主流は、3球目攻撃

みなさんも、そうじゃないですか?

シングルスの試合は、サーブを打って甘いリターンを引き出して、3球目で攻撃する。

この作戦が、ほぼ現代テニスのスタンダード、ですよね。

相手も、その作戦をベースにしている可能性が高い。

だからこそ、必要なのは「相手を動かす」こと。

ダウンザラインに打つことで、相手も走って打つ、ということになりますからね。

例えエースにならなくても、しっかりダウンザライン、に打てば大丈夫。

それだけで、3球目攻撃を防ぐことが出来るんです。

 

2.エースは要らない、相手を動かそう

だから、例えばスライスでも良いんです。

とにかく、相手がサーブを打った場所、から大きく動かすことが大事。

多少浅い、くらいでも良い。

まずいのは、サーブを打った後、余裕を持って3球目で攻撃されること。

これを防ぐには、アナタ自身がダウンザラインに展開していくしかない。

しっかり、攻撃していく必要があるんです。

 

3.ダウンザライン、へのリターンがあるだけでサーブ側は嫌なもの

実際、嫌です。

しっかり狙って来る、セカンドサーブなら前に踏み込んでダウンザライン、に打って来る相手。

このリターンがあるだけで、サーブにも集中出来なくなる。

相手のサーブが良い、強い相手ほど、どこかでこのダウンザラインのリターンを入れていかないと試合では勝てない。

気持ち良くサーブ、3球目の攻撃をさせない、為にもですね。

この覚悟、は大事ですよ。

 

4.大事なのは、強い意志と決断力

もちろん、技術的には簡単ではありません。

でも、技術よりも大事なのは、「絶対にダウンザラインに打つんだ」という意志。

この強い意志、があるかどうか、が大事なんです。

強い意志があれば、技術は無くてもボールはきっと、ダウンザラインに飛んでいく。

相手が打つ前に、しっかり決めておくこと、が大事ですよ。

出来れば、前に入って高い打点でリターン、していきましょう。

相手のセカンドサーブなら、迷うことは無いはずです。

 

しっかり、準備して試合に入ること。

強い相手、サーブが良い相手ほど、試合の序盤に打っていきましょう。

3球目攻撃をさせない、という強い意志、が大事。

シングルスの試合、このリターンが打てる選手は強い。

これだけでは、覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安定します

    シングルスの試合について、よく「メンタルが弱いのですが、何か対策はあり…

  2. シングルス

    シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!

    シングルスの試合、粘り強い相手との試合。それだけで、ちょっと気…

  3. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方

    全米オープンでの錦織選手の初戦敗退。ショッキングなニュースが日…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン

    シングルスの試合、ただ打ち合うだけで戦術とか無理・・・という方。…

  5. シングルス

    相手を恐れていては、シングルスは勝負出来ない

    戦う前から、相手が怖い。すごく、分かります。試合では…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

    シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。特にテニスでは持…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」メリット5つ
  2. テニス コントロール

    その他

    「なぜ、出来ないのか?」を、実は誰も真剣には考えない
  3. その他

    後輩には「武勇伝よりも失敗談」を話す方良い
  4. ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンダッシュが得意」な相手への有効な対策5つ
  5. フットワーク

    左右に振られた時の、スピードコントロールのコツ
PAGE TOP