テニス サーブ

シングルス

シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?

シングルスの試合で、リターンから攻撃していくとき。

ぜひ、ダウンザラインに勇気を持って打って欲しい。

というのも、これが一番のプレッシャーになる作戦、だからです。

相手のサーブが強い、そんな相手だからこそ。

積極的にダウンザラインのリターン、入れていけば試合に勝てるはずです。

 

シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?

 


 

1.テニスの主流は、3球目攻撃

みなさんも、そうじゃないですか?

シングルスの試合は、サーブを打って甘いリターンを引き出して、3球目で攻撃する。

この作戦が、ほぼ現代テニスのスタンダード、ですよね。

相手も、その作戦をベースにしている可能性が高い。

だからこそ、必要なのは「相手を動かす」こと。

ダウンザラインに打つことで、相手も走って打つ、ということになりますからね。

例えエースにならなくても、しっかりダウンザライン、に打てば大丈夫。

それだけで、3球目攻撃を防ぐことが出来るんです。

 

2.エースは要らない、相手を動かそう

だから、例えばスライスでも良いんです。

とにかく、相手がサーブを打った場所、から大きく動かすことが大事。

多少浅い、くらいでも良い。

まずいのは、サーブを打った後、余裕を持って3球目で攻撃されること。

これを防ぐには、アナタ自身がダウンザラインに展開していくしかない。

しっかり、攻撃していく必要があるんです。

 

3.ダウンザライン、へのリターンがあるだけでサーブ側は嫌なもの

実際、嫌です。

しっかり狙って来る、セカンドサーブなら前に踏み込んでダウンザライン、に打って来る相手。

このリターンがあるだけで、サーブにも集中出来なくなる。

相手のサーブが良い、強い相手ほど、どこかでこのダウンザラインのリターンを入れていかないと試合では勝てない。

気持ち良くサーブ、3球目の攻撃をさせない、為にもですね。

この覚悟、は大事ですよ。

 

4.大事なのは、強い意志と決断力

もちろん、技術的には簡単ではありません。

でも、技術よりも大事なのは、「絶対にダウンザラインに打つんだ」という意志。

この強い意志、があるかどうか、が大事なんです。

強い意志があれば、技術は無くてもボールはきっと、ダウンザラインに飛んでいく。

相手が打つ前に、しっかり決めておくこと、が大事ですよ。

出来れば、前に入って高い打点でリターン、していきましょう。

相手のセカンドサーブなら、迷うことは無いはずです。

 

しっかり、準備して試合に入ること。

強い相手、サーブが良い相手ほど、試合の序盤に打っていきましょう。

3球目攻撃をさせない、という強い意志、が大事。

シングルスの試合、このリターンが打てる選手は強い。

これだけでは、覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5つ

    シングルスの試合で、しっかり結果を出したい。そう考えている人に…

  2. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

    試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。男性で…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技…

    シングルスの試合、勝ち上がるには必ず超えないといけない壁が「シコラー相…

  4. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です

    人それぞれ、試合ではプレースタイルがある。パッと見てまずはっき…

  5. シングルス

    シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!

    シングルスの試合、粘り強い相手との試合。それだけで、ちょっと気…

  6. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう…

    シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合、「雁行陣で行き詰ったとき」には、前衛が守備を捨てるのも有りだと思…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスでは、「自分のスピードはポジショニングでカバーできる!」特に社会人の方は意…
  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ミックスダブルス、「女性側にボールを集められる」ことは想定内
  5. ダブルス

    繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です
PAGE TOP