テニス サーブ

シングルス

シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?

シングルスの試合で、リターンから攻撃していくとき。

ぜひ、ダウンザラインに勇気を持って打って欲しい。

というのも、これが一番のプレッシャーになる作戦、だからです。

相手のサーブが強い、そんな相手だからこそ。

積極的にダウンザラインのリターン、入れていけば試合に勝てるはずです。

 

シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?

 


 

1.テニスの主流は、3球目攻撃

みなさんも、そうじゃないですか?

シングルスの試合は、サーブを打って甘いリターンを引き出して、3球目で攻撃する。

この作戦が、ほぼ現代テニスのスタンダード、ですよね。

相手も、その作戦をベースにしている可能性が高い。

だからこそ、必要なのは「相手を動かす」こと。

ダウンザラインに打つことで、相手も走って打つ、ということになりますからね。

例えエースにならなくても、しっかりダウンザライン、に打てば大丈夫。

それだけで、3球目攻撃を防ぐことが出来るんです。

 

2.エースは要らない、相手を動かそう

だから、例えばスライスでも良いんです。

とにかく、相手がサーブを打った場所、から大きく動かすことが大事。

多少浅い、くらいでも良い。

まずいのは、サーブを打った後、余裕を持って3球目で攻撃されること。

これを防ぐには、アナタ自身がダウンザラインに展開していくしかない。

しっかり、攻撃していく必要があるんです。

 

3.ダウンザライン、へのリターンがあるだけでサーブ側は嫌なもの

実際、嫌です。

しっかり狙って来る、セカンドサーブなら前に踏み込んでダウンザライン、に打って来る相手。

このリターンがあるだけで、サーブにも集中出来なくなる。

相手のサーブが良い、強い相手ほど、どこかでこのダウンザラインのリターンを入れていかないと試合では勝てない。

気持ち良くサーブ、3球目の攻撃をさせない、為にもですね。

この覚悟、は大事ですよ。

 

4.大事なのは、強い意志と決断力

もちろん、技術的には簡単ではありません。

でも、技術よりも大事なのは、「絶対にダウンザラインに打つんだ」という意志。

この強い意志、があるかどうか、が大事なんです。

強い意志があれば、技術は無くてもボールはきっと、ダウンザラインに飛んでいく。

相手が打つ前に、しっかり決めておくこと、が大事ですよ。

出来れば、前に入って高い打点でリターン、していきましょう。

相手のセカンドサーブなら、迷うことは無いはずです。

 

しっかり、準備して試合に入ること。

強い相手、サーブが良い相手ほど、試合の序盤に打っていきましょう。

3球目攻撃をさせない、という強い意志、が大事。

シングルスの試合、このリターンが打てる選手は強い。

これだけでは、覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス 攻撃

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは?

    テニスをはじめ、ネットを挟んで対戦するスポーツのほとんどは。「相手のい…

  2. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから

    シングルスの試合で、なかなか自分の力を出せないとき。その要因は…

  3. シングルス

    シングルスの試合で、アウトミスを減らす簡単な方法

    シングルスの試合での失点、どんなミスが多いでしょうか。アウト、…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで有効な戦略です

    今年の全豪オープン、圧倒的な強さを見せつけたジョコビッチ選手ですが、唯…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で自滅する人は、センターから無理して展開する人ばかり

    今日は、シングルスのストロークラリーの基本、について。皆さん、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 上達

    その他

    「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない…
  2. テニス ストローク

    サーブ

    ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型
  3. テニス 部活

    メンタル

    「練習でマイナスなオーラばかり出しているテニス部員」は、今すぐコートから退場して…
  4. テニス ストローク

    シングルス

    「相手のストロークがとにかく速くて対応出来ない!」ときに意識したい、4つのポイン…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す
PAGE TOP