テニス ポジショニング

シングルス

シングルスでのネットプレー、ファーストボレーはどんなイメージ?

シングルスの試合でも、ネット二出ましょう!

と、私は何度か言い続けてきました。

でも、それを有効な作戦として育てていくには、この意識がすごく大事です。

シングルスの試合ならでは、のボレーの考え方。

それは、ダブルスとはちょっと違ってきますよね。

 

シングルスでのネットプレー、ファーストボレーはどんなイメージ?

 


 

1.まず、相手はアナタ自身のポジションに気付いているだろうか?

これ、結構大事なポイントですよね。

シングルスの試合、例えばアナタ自身が相手の隙を突いて前に出ていく感じだと・・・気付かれていない、ようなパターンもある。

これは、すごく良いこと。

相手に気付かれないで前に出て、フワッとしたボールを仕留めるのは難しくないでしょう。

でも、もちろんこれは稀なケース。

相手に気付かれて、しっかり相手の勝負球と相対する、ことがほとんど。

まずは、相手の態勢をしっかり見たいですよね。

 

2.しっかり追いついているなら、厳しいパッシングショットをケア

まず、相手がしっかりと追いついているかどうか。

これを見極めましょう。

パッシングショットをしっかり打って来るような感じなら、ストレートのコースを塞いで、しっかりネットに詰める。

下がった場所だと、足下に沈められて辛くなる。

前に詰めて、ブロックボレーで対応する、ことが求められます。

自分のアプローチショット、前に出るボールがどう相手を追い詰めているのか、は大事なポイントです。

 

3.やっと追いつく感じなら、間違いなくロブが来る

シングルスの試合は、これがほとんど。

無理せず、上に逃げるような相手が多いでしょう。

相手を走らせて、ロブを打たせるのは非常に良い、ナイスなプレーです。

ここで、前に出過ぎないで、しっかりロブが打てるポジションを取ること。

サービスライン上に立つくらいのイメージで良いと思います。

しっかり足を動かして、スマッシュを打つ。

これも、立派なネットプレーです。

シングルスのネットプレーって、ダブルス以上にスマッシュが増えると思っておいた方が良いですよ。

 

4.求められるのは、想像力

シングルスの試合って、ダブルス以上にこれが大事です。

ダブルスって、言ってしまえばある程度型があるんです。

ネットに出たらこう、こういうサーブならここでファーストボレー、みたいな。

守る範囲も半分ですしね。

でもシングルスは違う。

相手の状況によって、色々なボールが返って来ます。

気付いていないなら深いストローク、がミドルボレーくらいでしょうし、追い込んだらロブ、甘ければパッシング。

想像力を持って、予測する。

自分ならどう打つか、とか考えてみる。

これがすごく、シングルスでネットに出た時、ファーストボレーで必要なことです。

 

シングルスの試合で、やはり前に出るのが怖いと感じている人。

とにかく、出てみましょうよ、一回。

アナタが思っている以上に、相手はプレッシャーに感じて簡単にパッシングショットなんて打てないはず。

打たれていく中で、想像力や予測の力、も養われていきますから。

やられることは怖く無い。

動けないこと、に危機感を持ちましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5箇条

    シングルスの試合でリズムに変化を付けたいとき、あなたはどんな武器を持っ…

  2. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

    最後まで諦めずに、ボールを追う。これって、本当に難しいし、特に…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を…

    昔のアガシ選手がそうでしたが、サーブをリズム良くポンポン打ってくる相手…

  4. テニス 確率

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ

    最近の女子シングルスの試合は、グランドスロークが主体。それでも…

  5. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる

    テニスの試合、最後に勝てる人は我慢が出来る。序盤にしっかり、…

  6. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう…

    シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    その他

    「自分のテニスを一から見直す」ときに必要なのは、強引さと粘り強い根気です
  2. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなの…
  3. テニス 練習

    ストローク

    せっかく走って追い付いたのに、何で無謀なショットを打つの?
  4. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、走り回って粘る相手にはチャンスであえて「相手がいる場…
  5. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません
PAGE TOP