テニス ポジショニング

シングルス

シングルスでのネットプレー、ファーストボレーはどんなイメージ?

シングルスの試合でも、ネット二出ましょう!

と、私は何度か言い続けてきました。

でも、それを有効な作戦として育てていくには、この意識がすごく大事です。

シングルスの試合ならでは、のボレーの考え方。

それは、ダブルスとはちょっと違ってきますよね。

 

シングルスでのネットプレー、ファーストボレーはどんなイメージ?

 


 

1.まず、相手はアナタ自身のポジションに気付いているだろうか?

これ、結構大事なポイントですよね。

シングルスの試合、例えばアナタ自身が相手の隙を突いて前に出ていく感じだと・・・気付かれていない、ようなパターンもある。

これは、すごく良いこと。

相手に気付かれないで前に出て、フワッとしたボールを仕留めるのは難しくないでしょう。

でも、もちろんこれは稀なケース。

相手に気付かれて、しっかり相手の勝負球と相対する、ことがほとんど。

まずは、相手の態勢をしっかり見たいですよね。

 

2.しっかり追いついているなら、厳しいパッシングショットをケア

まず、相手がしっかりと追いついているかどうか。

これを見極めましょう。

パッシングショットをしっかり打って来るような感じなら、ストレートのコースを塞いで、しっかりネットに詰める。

下がった場所だと、足下に沈められて辛くなる。

前に詰めて、ブロックボレーで対応する、ことが求められます。

自分のアプローチショット、前に出るボールがどう相手を追い詰めているのか、は大事なポイントです。

 

3.やっと追いつく感じなら、間違いなくロブが来る

シングルスの試合は、これがほとんど。

無理せず、上に逃げるような相手が多いでしょう。

相手を走らせて、ロブを打たせるのは非常に良い、ナイスなプレーです。

ここで、前に出過ぎないで、しっかりロブが打てるポジションを取ること。

サービスライン上に立つくらいのイメージで良いと思います。

しっかり足を動かして、スマッシュを打つ。

これも、立派なネットプレーです。

シングルスのネットプレーって、ダブルス以上にスマッシュが増えると思っておいた方が良いですよ。

 

4.求められるのは、想像力

シングルスの試合って、ダブルス以上にこれが大事です。

ダブルスって、言ってしまえばある程度型があるんです。

ネットに出たらこう、こういうサーブならここでファーストボレー、みたいな。

守る範囲も半分ですしね。

でもシングルスは違う。

相手の状況によって、色々なボールが返って来ます。

気付いていないなら深いストローク、がミドルボレーくらいでしょうし、追い込んだらロブ、甘ければパッシング。

想像力を持って、予測する。

自分ならどう打つか、とか考えてみる。

これがすごく、シングルスでネットに出た時、ファーストボレーで必要なことです。

 

シングルスの試合で、やはり前に出るのが怖いと感じている人。

とにかく、出てみましょうよ、一回。

アナタが思っている以上に、相手はプレッシャーに感じて簡単にパッシングショットなんて打てないはず。

打たれていく中で、想像力や予測の力、も養われていきますから。

やられることは怖く無い。

動けないこと、に危機感を持ちましょう。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

    ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。どういう時にドロッ…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる

    シングルスの試合で、攻撃パターンの1つとして。難しく考えないで…

  3. シングルス

    シングルスの試合で、ドロップショットをどこに打つ?

    シングルスの試合で、最近なかなか勝てないというみなさん。もしか…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    「アプローチショットを深く&ドロップショット」は、黄金パターン

    シングルスの試合、まず一つ攻撃のパターンが欲しいと思ったとき。…

  5. シングルス

    シングルスの試合で攻撃していく時に必要な、バウンド地点の見極めとコースについて

    シングルスの試合で、確実に攻撃していくこと。なかなか、みなさん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合で使うエネルギーは、「その都度使い切らないと、実力のMAX値」は絶対…
  2. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスで自分のリターンが浮いてしまう人は、「低い目線をキープする」ことを意識す…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合でスタミナが切れたときに、最初に止まるのは足ではなく思考
  4. テニス メンタル

    戦術

    粘ってもミスしてくれない、相手には攻めないと試合には勝てない
  5. ストローク

    打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事
PAGE TOP