テニス 構え

ストローク

相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事

試合の中で、相手から深いボールで攻撃される。

その時に、つい「何となく」ラケット動作を止めて、当てにいくようなストロークになっている人は多いですよね。

特に、女子ダブルスの雁行陣の後衛の方でしょうか。

どこかで、これを変えないと、ずっと苦しいまま。

ただ返すだけ、では勝てない相手が増えていくだけですからね。

 

相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事

 


 

1.深いストロークに、焦って準備が遅れてしまう

これが、まず一番まずいこと。

相手のボールが深いと、つい圧迫感を感じて、テイクバックが出来ない。

バウンドに合わせるような準備になって、打てるコースも狭いしそもそも、ラケットを前に振れない。

打点も後ろになって、チョン、と当てるだけのような返球になってしまうこと、多くないですか?

これでは、もう試合で白旗を揚げているようなもの。

この相手の深いボールを、いかにさばくのか、が試合では大事。

ぜひ、意識して改善して欲しいんです。

 

2.深いボールこそ、しっかり振り切ろう

相手のボールが深い、ときにこそ、しっかりストロークを振る。

これがすごく大事だと私は思います。

もちろん、大振りはしない。

早い準備で、早い振り出し、でラケットがパワーを持っている状態にして、ボールを打つ。

そうすれば、相手の深く強いボールでも、しっかりコントロール出来ます。

深いボールって、直前までバウンドしないので、すごくボール自体に力がありますよね。

だからこそ、こっちも打点を前に確保しないと腕がジーンとなるくらい、打ち負けてしまう。

そうならないように、ラケットはしっかり振らないとダメなんです。

 

3.どこかでアウトを願ってはいないか?

こういう人、すぐ分かります。

相手のショットが深そう、だとすぐにアウトを願う。

だから準備が遅れるし、入って来たらもうお手上げ。

しまいには、ジャッジもミスしてしまう、「アウト!」と言ってしまう人も多いです。

これでは、試合にならないどころかテニス選手として失格ですね。

相手の深いボールは、全て入って来る。

しっかり打ち返す中で、アウトならアウト、とジャッジすることが必要です。

 

4.振り切るには、足を決めないと振り切れない

少し話がそれましたが、いかにラケットを振り切るのか、について。

当然、下半身がしっかり決まっていないと、テニスはラケットを振り切れない。

深いボールが来たら、どこで止まるのか。

ずるずる下がっていっても、未来は無いですよね。

出来るだけ早く、足を決めて土台を作る。

そして、下から上に早めに振り出していく。

この意識だけで、みなさんの深いボールに対する処理はかなり改善すると思いますよ。

早く止まる!と、自分で言い聞かせる。

そうすれば、きっと決断力も磨かれていくはずです。

 

深いボールを、何となく返さない。

これだけで、かなり試合に強くなれます。

良いんです、多少ミスしたり、変えていく過程で苦労しても。

まずいのは、何も変えないで試合に出続けて、負けていくこと。

強い相手なら、必ず深いボールの処理機会は増えますからね。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス ストローク
  3. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴

    対戦相手のストローク、皆さん色々なタイプを経験してきたと思います。…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーを制する人は、相手ショットの癖や法則を掴むのが上手い

    現実的に、試合の中で相手を観てみる。そうすると、実はストローク…

  5. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

    初心者の方もたくさん入部して、部活やサークルも活気付いていることと思い…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「厳しいドロップショットは、取れなくても追うこと」で相手にプレッシャーをかけることができます

    テニスの試合では、ポイントを失うにしても最後まで諦めないことが大切。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識した…
  2. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを…
  3. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です
  4. ストローク

    「鼻で吸って口で吐く」練習をすることで、テニスの試合でもスタミナが続く!?
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのストレートアタックは、そのままボレー戦に持ち込むつもりで前に踏み込もう…
PAGE TOP