テニス ストローク

ストローク

深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

試合に強い選手は、ストロークが安定している。

安定感があるように見える選手は、どこが違うのか・・・といえば、まず深いボールに対して反応が速い。

しっかりターン、横向きを作ることを「ネットをボールが超える前」に終えているから、相手からしても安定感があるように見えてプレッシャーになる。

テニスを始めて間もない人も、上級者の方も、この基本は何度でも見返すべきです。

 

深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

 

■間違った「オープンスタンス」を、身に付けていないか?

現代テニスでは、ストロークの基本はオープンスタンス。

下半身はベースラインと平行に足を置くケースが多いですが、この打ち方でも上半身はしっかりとひねる。

これが出来ていないで、ただ正面向きのままにボールを打っている選手が多いように思います。

正面向きでは、準備出来ているとは言えないし、打てるコースも少ない。

ラケットが横振りになりやすいので、試合での安定感には著しく欠けてしまうのです。

 

■深いボールには、なおさら横向きが必要

それでも浅いボールなら、何とか正面向きでもごまかしが利く。

ですが深いボールになると・・・もう無理。

しっかり上半身をひねって、肩ごしにボールを見る状態を、0.1秒でも速く作らないといけない。

なぜなら打点が遅れて後ろになってしまうからです。

深く勢いがあるボールは、打点が1cm後ろになるだけでコントロール出来ない。

それくらいの覚悟を持って、速い上半身のターンを終えておきましょう。

 

■全仏オープンは、選手1人を観続けよう!

今開催されている、全仏オープンは恰好の勉強場所ですね。

深いラリーも多いですし、そこでどう選手が対応しているのかを、ボールを追わないで選手を観続けてみましょう。

1人、どちらかの選手の準備の速さを観てみてください。

相手が打つ打球音と同時のタイミングくらいで、上半身のひねりとテイクバックが完了しているはず。

ぜひイメージトレーニングに、活かしてみて下さい。

 

遅いボールでも速いボールでも、準備の速さは一定です。

よくボールの速度が遅いと、それに合わせている選手がいますが・・・まず勝てません。

相手はチェンジオブペースで、急に速度を上げてくるかも知れない。

相手に合わせるのではなく、あくまで自分のペースで、速くターン!

ぜひ意識して、練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. ストローク

    「高いバウンドで繋ぎは任せろ!」と言えるようになればテニスの試合は確実に強くなる!

    繋ぎのストロークショットはバウンドが重要。ゆっくりと確実に相手コー…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい打ち方です

    現代テニスで変わった点の一つに、フォアハンドストロークがあります。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打ってみよう!

    走り抜けながらパッシングショットを打つ機会、実際の試合の中では1回ある…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお勧めです

    テニスのストロークラリーの中で、低いボールが苦手・・・という方も多いで…

  5. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です

    俺が高校でテニスを始めた時、バックハンドストロークは片手だった。…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る
  2. テニス メンタル

    ボレー

    ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由
  4. テニス 環境

    日々の雑記

    T-PRESSがどんな価値を生み出して、どんな場所になれるのか
  5. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてく…
PAGE TOP