テニス ストローク

ストローク

深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

試合に強い選手は、ストロークが安定している。

安定感があるように見える選手は、どこが違うのか・・・といえば、まず深いボールに対して反応が速い。

しっかりターン、横向きを作ることを「ネットをボールが超える前」に終えているから、相手からしても安定感があるように見えてプレッシャーになる。

テニスを始めて間もない人も、上級者の方も、この基本は何度でも見返すべきです。

 

深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

 

■間違った「オープンスタンス」を、身に付けていないか?

現代テニスでは、ストロークの基本はオープンスタンス。

下半身はベースラインと平行に足を置くケースが多いですが、この打ち方でも上半身はしっかりとひねる。

これが出来ていないで、ただ正面向きのままにボールを打っている選手が多いように思います。

正面向きでは、準備出来ているとは言えないし、打てるコースも少ない。

ラケットが横振りになりやすいので、試合での安定感には著しく欠けてしまうのです。

 

■深いボールには、なおさら横向きが必要

それでも浅いボールなら、何とか正面向きでもごまかしが利く。

ですが深いボールになると・・・もう無理。

しっかり上半身をひねって、肩ごしにボールを見る状態を、0.1秒でも速く作らないといけない。

なぜなら打点が遅れて後ろになってしまうからです。

深く勢いがあるボールは、打点が1cm後ろになるだけでコントロール出来ない。

それくらいの覚悟を持って、速い上半身のターンを終えておきましょう。

 

■全仏オープンは、選手1人を観続けよう!

今開催されている、全仏オープンは恰好の勉強場所ですね。

深いラリーも多いですし、そこでどう選手が対応しているのかを、ボールを追わないで選手を観続けてみましょう。

1人、どちらかの選手の準備の速さを観てみてください。

相手が打つ打球音と同時のタイミングくらいで、上半身のひねりとテイクバックが完了しているはず。

ぜひイメージトレーニングに、活かしてみて下さい。

 

遅いボールでも速いボールでも、準備の速さは一定です。

よくボールの速度が遅いと、それに合わせている選手がいますが・・・まず勝てません。

相手はチェンジオブペースで、急に速度を上げてくるかも知れない。

相手に合わせるのではなく、あくまで自分のペースで、速くターン!

ぜひ意識して、練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう

    ストロークで相手と打ち合うときに、いつも前に踏み込める訳では無い。…

  2. テニス ステップ

    ストローク

    試合になるとフォアハンドが安定しない方へ、提案したい改善策4つ

    練習ではしっかり打てるのに、試合になると安定しない。フォアハン…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ

    シングルスでもダブルスでも、テニスの醍醐味の一つはストローク。…

  4. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる

    テニスの試合、いつも前を向いてショットが打てるとは限らない。そ…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    長いラリーを避けようとすると、いつもテニスは単調な試合になる

    昨日の錦織選手の試合、しびれましたね・・・。序盤はかなり押され…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ボレー

    テニス知識

    ボールが飛ばない冬の寒い試合、「ガットのテンションを5ポンド落としたラケット」を…
  2. テニス サーブ

    ストローク

    シンプルにクロスへ深く、振り切るストロークが打てるようになると試合に活かせる
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点…
  4. テニス 準備

    リターン

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは身体がブレないこと
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう
PAGE TOP