テニス ダブルス

戦術

「普通の選手なら、やらないプレー」だけど、アナタなら出来ることはありますか?

テニスの試合の中で、必要なこと。

もちろん、基本やベースとなる技術は大事、です。

でも、どこかでアナタ自身の独自のショット、武器や動き、が無いと結果的に「違い」を作り出せない。

テニスの試合の中で、アナタ自身が独自で出していけること。

それが、何が出来るのか、をハッキリさせておくこと、は非常に大事です。

 

「普通の選手なら、やらないプレー」だけど、アナタなら出来ることはありますか?

 

1.普通ならやらない、だからそこにチャンスがある

例えば、動かないであろうところで、動く。

試合であれば、最初のポイント、なんてどうでしょう。

私は、絶対に試合の最初のポイントは、ダブルスならポーチに出ると決めている。

なぜなら、「普通の人は、やらない」から。

だからそこにチャンスがあるし、自分自身で違いを出せる。

それこそ、試合の中で使える武器になるんですよね。

 

2.違いを出すのに、有効なのはポジショニング

でも、難しいショットを打とうとして、無理する必要はありません。

普通の人が打てないショット、を打つことが違いではない。

なかなか、それは難しいことですから。

でも、例えばポジショニングだったり、ダブルスの配球、コンビネーションプレーなら、すぐに出来る。

成功するかどうかは置いておいて、アナタ自身で違いを作っていくことは出来ますよね。

普通の人なら、やらないであろう作戦、ポジション。

これを取り入れていくことが、試合で勝つ為には必要だと思いますよ。

 

3.上手く、セオリーから外れてみよう

ダブルスの試合、上手くセオリー以外の作戦を入れていく。

常套手段、じゃない作戦を、大胆に入れてみること、私はすごくお勧めします。

この障壁になるのは、きっと「普通はこんなこと、しないよな・・・」という、恥ずかしさみたいなもの。

「自分は大して上手くもないのに、調子に乗ってると思われているかな・・・」とか、感じるところはありますよね。

でも、こういうのって、すごくもったいない話。

良いじゃないですか、周りからどう思われても。

だって、勝ちたい訳ですし、勝つために必要だと思ってやっている訳ですから。

 

4.自分のテニスを、どんどん変えていける人が強くなる

でも、こういう作戦も毎回やっていたら、相手も読んできます。

「あの人は、とにかく変わったことをやって来る」と、警戒されますからね。

それで良いんです。

警戒されたら、また新しい何かを作り出していけば良い。

変わったことをやっている人は、あえて「普通」に戻ってみるのも良いですね。

裏を見せておけば、表のプレーですら相手にプレッシャーになる。

そうやって、自分自身をどんどん変えていける人。

上手く、普通から逸脱していける人が、テニスの試合でも結果を出していくんです。

 

とにかく、一度周りの目を気にしないで、試合してみませんか?

きっと、相手からすると、普通の相手って戦いやすいんですよね。

どこで、違いを出せるのか。

どこで、アナタらしい何か、を生み出すのか。

まずは戦術やポジショニング、からすぐに取り組んでみること、をお勧めします!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです

    テニスの試合、ほとんどの試合は、こうじゃないでしょうか。強い側…

  2. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を

    自分がネットで、プレッシャーをかけるとき。相手の視界に入って、…

  3. テニス 不安

    戦術

    試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になることです

    試合に出て悔しい想いをするたびに、「勝てる選手」になりたい、と誰もが思…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「策があって負けるのと、無策で負ける」のでは大違いです

    皆さん、試合の中で勝敗以外の部分、気にして振り返れていますか?…

  5. テニス ストローク

    戦術

    コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう

    テニスが上手い、強い人は、なんであんなにコントロールが良いんだろう。…

  6. テニス ストローク

    戦術

    初心者の方でも5分で覚えられる、テニスの試合で大切な序盤の戦い方

    テニスの試合、序盤大事。これはあっという間に時間が過ぎて、いつ…

コメント

  1. テニスのことが色々わかります。

    ためになります

      • tomita
      • 2018年 6月 15日

      購読頂きまして、ありがとう御座います。
      これからも、ぜひご意見頂けると嬉しいです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について
  2. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケット…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者
  5. テニス テニスノート

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
PAGE TOP