テニス ダブルス

戦術

「普通の選手なら、やらないプレー」だけど、アナタなら出来ることはありますか?

テニスの試合の中で、必要なこと。

もちろん、基本やベースとなる技術は大事、です。

でも、どこかでアナタ自身の独自のショット、武器や動き、が無いと結果的に「違い」を作り出せない。

テニスの試合の中で、アナタ自身が独自で出していけること。

それが、何が出来るのか、をハッキリさせておくこと、は非常に大事です。

 

「普通の選手なら、やらないプレー」だけど、アナタなら出来ることはありますか?

 


 

1.普通ならやらない、だからそこにチャンスがある

例えば、動かないであろうところで、動く。

試合であれば、最初のポイント、なんてどうでしょう。

私は、絶対に試合の最初のポイントは、ダブルスならポーチに出ると決めている。

なぜなら、「普通の人は、やらない」から。

だからそこにチャンスがあるし、自分自身で違いを出せる。

それこそ、試合の中で使える武器になるんですよね。

 

2.違いを出すのに、有効なのはポジショニング

でも、難しいショットを打とうとして、無理する必要はありません。

普通の人が打てないショット、を打つことが違いではない。

なかなか、それは難しいことですから。

でも、例えばポジショニングだったり、ダブルスの配球、コンビネーションプレーなら、すぐに出来る。

成功するかどうかは置いておいて、アナタ自身で違いを作っていくことは出来ますよね。

普通の人なら、やらないであろう作戦、ポジション。

これを取り入れていくことが、試合で勝つ為には必要だと思いますよ。

 

3.上手く、セオリーから外れてみよう

ダブルスの試合、上手くセオリー以外の作戦を入れていく。

常套手段、じゃない作戦を、大胆に入れてみること、私はすごくお勧めします。

この障壁になるのは、きっと「普通はこんなこと、しないよな・・・」という、恥ずかしさみたいなもの。

「自分は大して上手くもないのに、調子に乗ってると思われているかな・・・」とか、感じるところはありますよね。

でも、こういうのって、すごくもったいない話。

良いじゃないですか、周りからどう思われても。

だって、勝ちたい訳ですし、勝つために必要だと思ってやっている訳ですから。

 

4.自分のテニスを、どんどん変えていける人が強くなる

でも、こういう作戦も毎回やっていたら、相手も読んできます。

「あの人は、とにかく変わったことをやって来る」と、警戒されますからね。

それで良いんです。

警戒されたら、また新しい何かを作り出していけば良い。

変わったことをやっている人は、あえて「普通」に戻ってみるのも良いですね。

裏を見せておけば、表のプレーですら相手にプレッシャーになる。

そうやって、自分自身をどんどん変えていける人。

上手く、普通から逸脱していける人が、テニスの試合でも結果を出していくんです。

 

とにかく、一度周りの目を気にしないで、試合してみませんか?

きっと、相手からすると、普通の相手って戦いやすいんですよね。

どこで、違いを出せるのか。

どこで、アナタらしい何か、を生み出すのか。

まずは戦術やポジショニング、からすぐに取り組んでみること、をお勧めします!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピードは上げられる

    テニスに限らず、私が考えるミスは大きく分けて2種類あります。一…

  2. テニス メンタル

    戦術

    相手を動かすショット、こそテニスの試合で使えるショット

    ビッグなショット、決め切るショット。もちろん、それは大事。…

  3. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

    相手の得意ショットは、なるべく避ける。これがテニスの試合の鉄則…

  4. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと

    ダブルスの試合、強い相手は前衛の存在感が凄い。ポーチはもちろん…

  5. テニス メンタル

    戦術

    自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる

    テニスって、なかなか難しい専門用語や戦術、覚えることたくさんありますよ…

  6. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう

    テニスの試合で、大事になるポジショニング。試合の中では、どうし…

コメント

  1. テニスのことが色々わかります。

    ためになります

      • tomita
      • 2018年 6月 15日

      購読頂きまして、ありがとう御座います。
      これからも、ぜひご意見頂けると嬉しいです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事
  2. テニス 環境

    日々の雑記

    T-PRESSがどんな価値を生み出して、どんな場所になれるのか
  3. メンタル

    勝ちに執着しないと、次のステージは見えて来ない
  4. ダブルス

    「ポーチされないクロスショット」テニスのダブルスの試合では逆転の発想で勝てるよう…
  5. テニス知識

    暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
PAGE TOP