テニス ボレー

スマッシュ

「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー

よくご質問で頂くのが、この問題。

「深いロブは、全部スマッシュを打てと書いてあるけど・・・それって、無理じゃね?」という問題。

確かに、厳しいように思いますが、コツは最初のポジショニングと、組み合わせ方。

基本はスマッシュ、という背景には、安易に後衛に任せないという大前提があります。

 

「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー

 


 

1.まずは、相手をよく知ろう

まず、試合は相手ありき。

ロブを打って来るのが好きな相手かどうか、が肝になります。

特に女子ダブルスでは、半分以上は「ロブが好き、頼る癖がある」ペアがほとんど。

だからこそ、最初のポジショニングが大事なんです。

ネット際に立っていたら、どんな俊足な選手でも深いロブを下がってスマッシュ、何て無理ですから。

最初から、相手が打つ前からサービスライン近くまで下がっていて良い。

その状態なら、深いロブもペアに任せないで自分で打てる。

この姿勢、を相手に見せることが大事。

そして同時に、弱いスマッシュだけでは、試合の後半には相手も慣れて逆襲を喰らうようになってしまうのです。

 

2.相手が下がっているなら、ハイボレーでアングルを狙うのがミソ

「この相手は、下がってスマッシュ打って来るな・・・」と、相手が気付いてきたら。

当然、ベースラインより後方に下がりますよね。

こうなると、アナタ自身もスマッシュを打ってもまたロブ、でどんどん粘られてしまう。

だからこそ、必要なのは「アングルに落とす、ハイボレー」という発想です。

スマッシュを打てるんだけど、あえてハイボレーにして浅い場所を狙う。

ドロップボレー、みたいな感じじゃなくて充分です。

ハイボレーでも、相手の浅い場所を狙えば、良い揺さぶりになる。

スマッシュだけ、じゃないんだよというところを見せてあげましょう。

それだけで、相手は意表を突かれて慌ててくれるはずです。

 

3.意外と、逆クロスのフォアボレーが打ちやすい

このコース、ぜひ打って欲しい。

スマッシュを打つと見せかけて・・・逆クロスの浅い場所を狙う。

それも、フォアハンドのハイボレーで。

これ、意外と簡単なんですよ。

打つ方向が見えやすいし、コントロールもしやすい。

クロスに打つ方が、打つ方向が見え辛いのでちょっと怖いんですよね。

これは、ドロップショットと同じ原理です。

錦織選手も、ドロップショットはほぼ全てフォアハンドで逆クロス、ですよね。

このコースは、実は試合で狙い目なんです。

 

4.浅いボレーが打てれば、深いスマッシュもより活きる

相手も、深いスマッシュだけ警戒していれば良い、という訳ではなくなる。

こうなると、もうお分かりのように、深いスマッシュが活きるようになるんです。

下がっている相手、に深いスマッシュを打っても効果ないですからね。

相手を前に引っ張り出して、深くえぐる。

これがテニスの基本、です。

しっかり両方のショット、を見せておけばそれだけでプレッシャーになる。

勇気をもって、下がった時に浅い場所を狙う意識が大事ですね。

 

何となく深い返球が来そう・・・なところに、浅く打てれば効果的。

この駆け引き、を楽しめると良いですね。

ダブルスの試合、相手のロブで下がりながら冷静になれるかどうか。

強くなりたいなら、この余裕は意図的に作れるようにしましょう!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

    自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。そんな人には、あ…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

    スマッシュを打つ、練習ではちゃんと打てているのに・・・。試合で…

  4. テニス サーブ
  5. テニス 確率

    スマッシュ

    壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について

    壁打ちでテニスを上手くなる。そんな人には共通点があります。…

  6. スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、狙い所を間違えているだけ

    人って、気付かないうちに狙うところ、が決まっていく。習慣や癖、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛は、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前に自分の世界に入り過ぎる、人はきっと試合で勝てていない
  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる
  5. メンタル

    自分のモチベーション、相手次第?
PAGE TOP