テニス ボレー

スマッシュ

「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー

よくご質問で頂くのが、この問題。

「深いロブは、全部スマッシュを打てと書いてあるけど・・・それって、無理じゃね?」という問題。

確かに、厳しいように思いますが、コツは最初のポジショニングと、組み合わせ方。

基本はスマッシュ、という背景には、安易に後衛に任せないという大前提があります。

 

「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー

 


 

1.まずは、相手をよく知ろう

まず、試合は相手ありき。

ロブを打って来るのが好きな相手かどうか、が肝になります。

特に女子ダブルスでは、半分以上は「ロブが好き、頼る癖がある」ペアがほとんど。

だからこそ、最初のポジショニングが大事なんです。

ネット際に立っていたら、どんな俊足な選手でも深いロブを下がってスマッシュ、何て無理ですから。

最初から、相手が打つ前からサービスライン近くまで下がっていて良い。

その状態なら、深いロブもペアに任せないで自分で打てる。

この姿勢、を相手に見せることが大事。

そして同時に、弱いスマッシュだけでは、試合の後半には相手も慣れて逆襲を喰らうようになってしまうのです。

 

2.相手が下がっているなら、ハイボレーでアングルを狙うのがミソ

「この相手は、下がってスマッシュ打って来るな・・・」と、相手が気付いてきたら。

当然、ベースラインより後方に下がりますよね。

こうなると、アナタ自身もスマッシュを打ってもまたロブ、でどんどん粘られてしまう。

だからこそ、必要なのは「アングルに落とす、ハイボレー」という発想です。

スマッシュを打てるんだけど、あえてハイボレーにして浅い場所を狙う。

ドロップボレー、みたいな感じじゃなくて充分です。

ハイボレーでも、相手の浅い場所を狙えば、良い揺さぶりになる。

スマッシュだけ、じゃないんだよというところを見せてあげましょう。

それだけで、相手は意表を突かれて慌ててくれるはずです。

 

3.意外と、逆クロスのフォアボレーが打ちやすい

このコース、ぜひ打って欲しい。

スマッシュを打つと見せかけて・・・逆クロスの浅い場所を狙う。

それも、フォアハンドのハイボレーで。

これ、意外と簡単なんですよ。

打つ方向が見えやすいし、コントロールもしやすい。

クロスに打つ方が、打つ方向が見え辛いのでちょっと怖いんですよね。

これは、ドロップショットと同じ原理です。

錦織選手も、ドロップショットはほぼ全てフォアハンドで逆クロス、ですよね。

このコースは、実は試合で狙い目なんです。

 

4.浅いボレーが打てれば、深いスマッシュもより活きる

相手も、深いスマッシュだけ警戒していれば良い、という訳ではなくなる。

こうなると、もうお分かりのように、深いスマッシュが活きるようになるんです。

下がっている相手、に深いスマッシュを打っても効果ないですからね。

相手を前に引っ張り出して、深くえぐる。

これがテニスの基本、です。

しっかり両方のショット、を見せておけばそれだけでプレッシャーになる。

勇気をもって、下がった時に浅い場所を狙う意識が大事ですね。

 

何となく深い返球が来そう・・・なところに、浅く打てれば効果的。

この駆け引き、を楽しめると良いですね。

ダブルスの試合、相手のロブで下がりながら冷静になれるかどうか。

強くなりたいなら、この余裕は意図的に作れるようにしましょう!

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

    ハイボレーって、チャンス?でしょうか。意外と、バックボレーなん…

  2. テニス ボレー
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずこの意識から。逆クロス方向…

  4. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

    スマッシュのコースの打ち分け、皆さんはどのタイミングまで「待つ」ことが…

  5. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ

    ネットプレーでの戦い、その醍醐味はロブ対スマッシュ、にあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、実際の試合でどうやってますか?
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます…
  5. ストローク

    「平凡ショットでパッシング」が打てるようにテニスの試合では早めの準備で相手にアピ…
PAGE TOP