テニス ボレー

スマッシュ

「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー

よくご質問で頂くのが、この問題。

「深いロブは、全部スマッシュを打てと書いてあるけど・・・それって、無理じゃね?」という問題。

確かに、厳しいように思いますが、コツは最初のポジショニングと、組み合わせ方。

基本はスマッシュ、という背景には、安易に後衛に任せないという大前提があります。

 

「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー

 

1.まずは、相手をよく知ろう

まず、試合は相手ありき。

ロブを打って来るのが好きな相手かどうか、が肝になります。

特に女子ダブルスでは、半分以上は「ロブが好き、頼る癖がある」ペアがほとんど。

だからこそ、最初のポジショニングが大事なんです。

ネット際に立っていたら、どんな俊足な選手でも深いロブを下がってスマッシュ、何て無理ですから。

最初から、相手が打つ前からサービスライン近くまで下がっていて良い。

その状態なら、深いロブもペアに任せないで自分で打てる。

この姿勢、を相手に見せることが大事。

そして同時に、弱いスマッシュだけでは、試合の後半には相手も慣れて逆襲を喰らうようになってしまうのです。

 

2.相手が下がっているなら、ハイボレーでアングルを狙うのがミソ

「この相手は、下がってスマッシュ打って来るな・・・」と、相手が気付いてきたら。

当然、ベースラインより後方に下がりますよね。

こうなると、アナタ自身もスマッシュを打ってもまたロブ、でどんどん粘られてしまう。

だからこそ、必要なのは「アングルに落とす、ハイボレー」という発想です。

スマッシュを打てるんだけど、あえてハイボレーにして浅い場所を狙う。

ドロップボレー、みたいな感じじゃなくて充分です。

ハイボレーでも、相手の浅い場所を狙えば、良い揺さぶりになる。

スマッシュだけ、じゃないんだよというところを見せてあげましょう。

それだけで、相手は意表を突かれて慌ててくれるはずです。

 

3.意外と、逆クロスのフォアボレーが打ちやすい

このコース、ぜひ打って欲しい。

スマッシュを打つと見せかけて・・・逆クロスの浅い場所を狙う。

それも、フォアハンドのハイボレーで。

これ、意外と簡単なんですよ。

打つ方向が見えやすいし、コントロールもしやすい。

クロスに打つ方が、打つ方向が見え辛いのでちょっと怖いんですよね。

これは、ドロップショットと同じ原理です。

錦織選手も、ドロップショットはほぼ全てフォアハンドで逆クロス、ですよね。

このコースは、実は試合で狙い目なんです。

 

4.浅いボレーが打てれば、深いスマッシュもより活きる

相手も、深いスマッシュだけ警戒していれば良い、という訳ではなくなる。

こうなると、もうお分かりのように、深いスマッシュが活きるようになるんです。

下がっている相手、に深いスマッシュを打っても効果ないですからね。

相手を前に引っ張り出して、深くえぐる。

これがテニスの基本、です。

しっかり両方のショット、を見せておけばそれだけでプレッシャーになる。

勇気をもって、下がった時に浅い場所を狙う意識が大事ですね。

 

何となく深い返球が来そう・・・なところに、浅く打てれば効果的。

この駆け引き、を楽しめると良いですね。

ダブルスの試合、相手のロブで下がりながら冷静になれるかどうか。

強くなりたいなら、この余裕は意図的に作れるようにしましょう!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    自分のスマッシュに「決定力が無い・・・」と感じている人が意識したい5つのポイント

    「スマッシュが得意!」という人は、まずテニスの試合に強い。口ば…

  2. テニス ガット

    スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう

    テニスの試合、アナタはどんな「武器」で勝負しますか?こういった…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法について

    スマッシュの決定力は、反応次第。相手のロブにいかに早く気付けて…

  4. テニス フットワーク

    スマッシュ

    「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

    練習ではリラックスできて打つことができても、試合でスマッシュが打てない…

  5. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

    スマッシュに苦手意識を持っている方、色々理由があると思います。高い…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずシンプルにこれを。ダブルス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレーはもどかしい」テニスで難しい技術はどうマスターすれば良い?
  2. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する
  3. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合で、粘り強いストローカー相手の攻撃は「逆を突いて前で仕留める形」…
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛のときには、「自分のプレッシャーがどれくらい効いているのか?…
  5. テニス 部活

    メンタル

    悪天候の中の試合でこそ、闘志を燃やそう
PAGE TOP