テニス メンタル

ストローク

ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?

クレーコートでも抜群の威力を発揮する、ティエム選手。

錦織選手の両手バックハンド、ももちろん強力ですが、片手バックハンドでここまで威力のあるバックハンドを打つ選手も凄い。

何より、あのダイナミックなフォーム。

テニススクールなら怒られそうな打ち方にも見えますが、私たちにとって参考になる部分はあるのか?

今回は、この点について考えてみたいと思います。

 

ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?

 


 

1.片手バックハンドの常識、覆して来た

ティエム選手のバックハンド、何より打ち終わりが凄い。

フォロースルーだけ見ると、横振りのようにも見えますよね。

身体が開いていて、安定していないようにも見える。

でも、シングルスの試合で、深く強いボールを打つなら、これくらい前に押し出す、ダイナミックなフォロースルーでも良い。

ただ、私たちがそのまま真似しようとすると、難しいし怪我にもつながるでしょう。

意識したいのは、あくまで「打った後に、フォロースルーをのびやかにする」点だと思います。

 

2.片手バックハンドの威力不足を、解消出来る

まず、クロス方向へのバックハンドストローク。

ティエム選手は、このショットで錦織選手を押し込んでいってましたよね。

片手バックハンドって、どうしても「威力不足」が課題になってきてましたが、ティエム選手のように大きく胸を前に見せることで解消出来る。

正直、細かいコントロールは気にしないで良いと思います。

とにかく、クロスの深い位置に、パワーのあるボールを送るんだということ。

この意識を強く持つ為にも、フォロースルーで身体を前に向ける動き、は私たちのテニスでも使えるテクニックだと思います。

3.実際に打点では「縦スウィング」になっている

スピードが速いので、気付かないのですが・・・しっかり縦に振れている。

縦に振って、その後に余韻で斜め上にラケットを振り抜いているのが動画でも分かると思います。

これ、ほとんどの一般の選手の方は横振り、になってしまうんですよね。

実際に、パッと見すごく横振り、に見えますからね。

縦に振った後に、しっかり自然に、斜め上に振り抜いていく。

この意識が強く持てれば、私たちの試合でも使える武器になるでしょう。

 

4.ただし、ダブルスではあまり使えないかも

というのが、私の意見です。

ダイナミックなバックハンドは威力抜群ですが、細かいコントロールは難しい。

それに、ネットの高さはある程度高い位置を通さないといけない。

ダブルスでは、かなり使いつらい技術だと思うんですよね。

あくまで、シングルスでベースラインの打ち合い、に使ってみたい技術。

クロスにしっかり振っていく、ポイントをリードしている時に押し込んでいきたい時、に使っていきたいですね。

 

強引なショットにも見えますが、実はティエム選手自身テイクバックも早いし足も速い。

準備が速いから、しっかり振り抜けるんですよね。

シングルスの試合でバックハンドのパワー不足に悩んでいる方は、自分を打開する良いアイデアになるかも知れません。

ただ、ハードヒットだけに走ってしまうと難しいですから。

あくまでリラックスして、身体を効率的に使うこと、を意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ポジショニング
  2. テニス 戦術

    ストローク

    「回転掛けて、安定感」テニスの試合で使えるストロークにするために

    練習の時って、どれだけ速いショットが打てるかを意識して頑張ってしてしま…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、上からラケットを入れよう

    シングルスの試合では、厳しいボールを追いかけることも多い。2バ…

  4. ストローク

    ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!

    ストロークのテイクバック、とにかく早く!が基本と書いて来ました。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ

    ベースラインからのストローク、試合で思い通りのコースに打てていますか?…

  6. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です

    俺が高校でテニスを始めた時、バックハンドストロークは片手だった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、「自分も苦手」に決め付けていないか?
  2. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです
  4. テニス アディダス

    テニス知識

    アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニス 雨

    戦術

    テニス試合が雨で中断したときに、再開後に備える準備4つ
PAGE TOP