テニス メンタル

ストローク

ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?

クレーコートでも抜群の威力を発揮する、ティエム選手。

錦織選手の両手バックハンド、ももちろん強力ですが、片手バックハンドでここまで威力のあるバックハンドを打つ選手も凄い。

何より、あのダイナミックなフォーム。

テニススクールなら怒られそうな打ち方にも見えますが、私たちにとって参考になる部分はあるのか?

今回は、この点について考えてみたいと思います。

 

ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?

 


 

1.片手バックハンドの常識、覆して来た

ティエム選手のバックハンド、何より打ち終わりが凄い。

フォロースルーだけ見ると、横振りのようにも見えますよね。

身体が開いていて、安定していないようにも見える。

でも、シングルスの試合で、深く強いボールを打つなら、これくらい前に押し出す、ダイナミックなフォロースルーでも良い。

ただ、私たちがそのまま真似しようとすると、難しいし怪我にもつながるでしょう。

意識したいのは、あくまで「打った後に、フォロースルーをのびやかにする」点だと思います。

 

2.片手バックハンドの威力不足を、解消出来る

まず、クロス方向へのバックハンドストローク。

ティエム選手は、このショットで錦織選手を押し込んでいってましたよね。

片手バックハンドって、どうしても「威力不足」が課題になってきてましたが、ティエム選手のように大きく胸を前に見せることで解消出来る。

正直、細かいコントロールは気にしないで良いと思います。

とにかく、クロスの深い位置に、パワーのあるボールを送るんだということ。

この意識を強く持つ為にも、フォロースルーで身体を前に向ける動き、は私たちのテニスでも使えるテクニックだと思います。

3.実際に打点では「縦スウィング」になっている

スピードが速いので、気付かないのですが・・・しっかり縦に振れている。

縦に振って、その後に余韻で斜め上にラケットを振り抜いているのが動画でも分かると思います。

これ、ほとんどの一般の選手の方は横振り、になってしまうんですよね。

実際に、パッと見すごく横振り、に見えますからね。

縦に振った後に、しっかり自然に、斜め上に振り抜いていく。

この意識が強く持てれば、私たちの試合でも使える武器になるでしょう。

 

4.ただし、ダブルスではあまり使えないかも

というのが、私の意見です。

ダイナミックなバックハンドは威力抜群ですが、細かいコントロールは難しい。

それに、ネットの高さはある程度高い位置を通さないといけない。

ダブルスでは、かなり使いつらい技術だと思うんですよね。

あくまで、シングルスでベースラインの打ち合い、に使ってみたい技術。

クロスにしっかり振っていく、ポイントをリードしている時に押し込んでいきたい時、に使っていきたいですね。

 

強引なショットにも見えますが、実はティエム選手自身テイクバックも早いし足も速い。

準備が速いから、しっかり振り抜けるんですよね。

シングルスの試合でバックハンドのパワー不足に悩んでいる方は、自分を打開する良いアイデアになるかも知れません。

ただ、ハードヒットだけに走ってしまうと難しいですから。

あくまでリラックスして、身体を効率的に使うこと、を意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツとは?

    相手のバックハンドストローク、の高い打点は弱点である可能性が高い。…

  2. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です

    ネットに出てきた相手、または前衛の選手の横を速いストロークで抜いていく…

  3. ストローク

    並行陣を崩すショートクロス、これで良い

    相手が前に出て来て、並行陣。アナタ自身、ここでどういう対抗策…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい打ち方です

    現代テニスで変わった点の一つに、フォアハンドストロークがあります。…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスについて

    テニスのプレーにおいて、軸足の使い方はかなり重要である。右足と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    テニスのガットに、求めるモノについて
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    フラット気味な速いストロークに対抗するには、「低い態勢でラケットヘッドをしっかり…
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?
  4. バボラ ピュアドライブ

    テニス知識

    テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    前衛で動きまくった後は、「動かないこと」が最高のフェイントになる
PAGE TOP