テニス 守備

フットワーク

ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法

相手がボレーをミス、ストロークをミス、した時。

ネットにかかって、「よしラッキー!」じゃ、ダメなんですよ。

もし、そのボールがネットを越えていたら・・・というところまで、考えておく。

試合の中では、この感覚こそ大事なんです。

 

ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法

 

1.ネットした先、で更にプレッシャーをかける

もし、アナタ自身が相手だったらどうでしょう。

自分のショットがネットで失点・・・悔しいですよね。

でも、もしそのネットの先に、相手が先回りしていたとしたら・・・どうでしょう?

「え、今のショット、入っていてもまずかったな・・・」となりますよね。

こうなると、もう絶望に近い。

自分もミスしたし、ミスにならなかったとしても、結局相手がいた・・・ということになる。

ここまで見せつけると、相手は更にプレッシャーに感じてくれるはず。

ミスしただけじゃない、それ以上に凹んでもらうことが出来ますね。

 

2.強い選手は、いつもミスのその先にいる

試合が強い相手って、そうじゃないですか?

ミスのその先、にもしっかり陣取っている。

ダブルスなら、入っていたとしてもカバーされてしまうような場所、でしっかり待っている。

そうなると、もっと厳しいところを突いていかないといけない・・・となりますからね。

もう、辛いことこの上ない。

みなさんも、ミスで喜ぶだけでは成長は無い。

その先で絶望を誘う、くらい強気にいきましょう。

 

3.ネットプレーは思い切った先回り、が必要

相手が打ってから動く、ではこれは無理。

相手が打つ前に、しっかりコースに先回りすること。

ショートクロスを先読みしてワイドに動く、そして相手がネットにかける。

そんな動きを増やしていきたいんですよね。

相手のショットの傾向、セオリー、性格、色々なところを加味して先回りする。

この意識を強く持つだけで、試合に強くなれるでしょう。

 

4.打たれる、よりも打たせる意識を強く持つ

とにかく、相手に打たせる。

打たれる、じゃなくて自分が先回りするコースに打たせる、ことを意識しましょう。

ショートクロスも、あえて打たせてアングルで仕留める。

こういう意識だと、試合にも強くなります。

漠然と待つ、のではいつまで経っても後手ですからね。

相手がミスして、それでも先で待っているような感覚、ぜひ磨いてみて下さい。

 

特に、相手がストローク、自分がネットにいるときですかね。

相手がネットにかけた時、それがネットを超えていたとしても、自分で安心出来るかどうか。

これって、大きいですよ。

試合の中で、相手に与えるプレッシャーも大きいし、自分は安心できる。

そんな試合運び、を常に意識していきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    「コート上だと、足が遅い!?」、テニス選手に必要なボールを追いかける走り方について

    普段は、足遅くないのに・・・どうも、コートに立つと、遅い気がする・・・…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合で不安になればなるほど、〇〇なことに気付こう

    緊張したときに、自分はどうなるのか。特にテニスでは、足元から緊…

  3. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意識しよう

    テニスの守備意識、皆さんはどうでしょうか?試合に勝てない、相手…

  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    相手が打つ前に、攻撃的なポジショニングが取れているか?

    攻撃していきたいのに、ポジショニングがおかしい。そんな人が、試…

  5. テニス 練習

    フットワーク

    遅いボールを見た時に、普通の人は自分の動作までゆっくりになる

    球出しの練習なんて、典型的だと思うんですよね。遅いボール、飛ん…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

    「なぜ、あの人はあんなに走れるのか・・・」「どこに打っても、拾…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サイト

    テニススクール

    テニススクールでしっかり上達したいなら、「アドバイスされたことは大胆にやってみる…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合でリードしているときに新しいことをする、から成功体験を積める
  3. テニス 大学

    ボレー

    ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと
  4. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に
  5. テニス ラケット

    テニス知識

    【保存版】テニスのストリングについて、必要な知識を用語別にまとめてみました
PAGE TOP