テニス 守備

フットワーク

ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法

相手がボレーをミス、ストロークをミス、した時。

ネットにかかって、「よしラッキー!」じゃ、ダメなんですよ。

もし、そのボールがネットを越えていたら・・・というところまで、考えておく。

試合の中では、この感覚こそ大事なんです。

 

ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法

 

1.ネットした先、で更にプレッシャーをかける

もし、アナタ自身が相手だったらどうでしょう。

自分のショットがネットで失点・・・悔しいですよね。

でも、もしそのネットの先に、相手が先回りしていたとしたら・・・どうでしょう?

「え、今のショット、入っていてもまずかったな・・・」となりますよね。

こうなると、もう絶望に近い。

自分もミスしたし、ミスにならなかったとしても、結局相手がいた・・・ということになる。

ここまで見せつけると、相手は更にプレッシャーに感じてくれるはず。

ミスしただけじゃない、それ以上に凹んでもらうことが出来ますね。

 

2.強い選手は、いつもミスのその先にいる

試合が強い相手って、そうじゃないですか?

ミスのその先、にもしっかり陣取っている。

ダブルスなら、入っていたとしてもカバーされてしまうような場所、でしっかり待っている。

そうなると、もっと厳しいところを突いていかないといけない・・・となりますからね。

もう、辛いことこの上ない。

みなさんも、ミスで喜ぶだけでは成長は無い。

その先で絶望を誘う、くらい強気にいきましょう。

 

3.ネットプレーは思い切った先回り、が必要

相手が打ってから動く、ではこれは無理。

相手が打つ前に、しっかりコースに先回りすること。

ショートクロスを先読みしてワイドに動く、そして相手がネットにかける。

そんな動きを増やしていきたいんですよね。

相手のショットの傾向、セオリー、性格、色々なところを加味して先回りする。

この意識を強く持つだけで、試合に強くなれるでしょう。

 

4.打たれる、よりも打たせる意識を強く持つ

とにかく、相手に打たせる。

打たれる、じゃなくて自分が先回りするコースに打たせる、ことを意識しましょう。

ショートクロスも、あえて打たせてアングルで仕留める。

こういう意識だと、試合にも強くなります。

漠然と待つ、のではいつまで経っても後手ですからね。

相手がミスして、それでも先で待っているような感覚、ぜひ磨いてみて下さい。

 

特に、相手がストローク、自分がネットにいるときですかね。

相手がネットにかけた時、それがネットを超えていたとしても、自分で安心出来るかどうか。

これって、大きいですよ。

試合の中で、相手に与えるプレッシャーも大きいし、自分は安心できる。

そんな試合運び、を常に意識していきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    「踏み込む着地は踵から」を意識するとテニスは劇的に上達する!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    なぜ、テニスではサイドステップを使うんだろう?

    テニスを続けていると、何となく続けているサイドステップ。これ、…

  3. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークのポイント4つ

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に初中級のプレーヤーで多いように…

  4. フットワーク

    とにかく速いボールを打ちたい!と、思っている方へ

    「ストロークで速いボールを打ちたい!」「サービスエースを取りた…

  5. テニス 前衛

    フットワーク

    スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い

    テニス選手ならスプリットステップ、しっかり出来ないと辛い。上の…

  6. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で走ろう

    コードボール、つまりラリー中にボールがネットの白い部分に当たって、自分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛は、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと
  3. テニス 練習

    スマッシュ

    威力のあるスマッシュは、打ち終わりでラケットの先が下を向く
  4. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い
  5. テニス コントロール

    戦術

    安定した守備力、を今年のキーワードにしよう
PAGE TOP