テニス知識

雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

テニスの練習にとって、天敵の一つが雨。

これからの季節、悩ましい問題ですよね・・・。

オムニコートでも、水たまりが残っているとプレーが出来ない。

でも、雨さえやんでいれば、水たまりさえ何とかすればプレー出来るようなケース、も多いじゃないですか。

1つでも持っておけば、実はプレーできる機会が増えるかも知れない。

今回は、そんなマル秘グッズをご紹介します!

 

雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

 

1.私たちの時代は、新聞紙と雑巾

この2つ、は常にコート脇に置いてありました。

特に試合がある日は、各自で持ち寄ったりしてましたね。

とにかく、新聞紙と雑巾で、何とか水を外に出す。

「これが出来れば何とかなる!」と思って、必死で水はけを頑張ってました。

でも・・・やっぱり、効率的に難しいんですよね。

だってこの2つ、濡れたらもう終わりですから。

たくさん用意して、たくさん消費していく感じ・・・で何とかする感じ。

でも、今は便利な道具が出来てるんですよね。

 

2.少年野球の練習風景で見て、これは使える!

と、思いました。

先日雨の週末で、近くで少年野球チームがグランド整備をしていると・・・これ、使ってたんです。

出典:amazon

その名も、FIELDCONDITIONER「たまらん」。

ウォーターバキューマー、とも呼ばれるらしいです。

もう、写真を見れば使い方までイメージ出来ると思いますが、スポンジで吸い取って、網でこしてバケツに水を貯める。

この繰り返し、をバケツ一杯になるまで出来ますから、かなり効率的だと思いますよ。

出典:amazon

雑巾や新聞紙だと、吸ってその道具自体を外に移動しないといけないですからね。

それに、再利用するにも時間がかかるし、その日はもう使えない。

でも、このスポンジなら、こしてまた吸って、を繰り返すことが出来る。

いや、よく考えられているなと思いましたよ。

 

3.部活やサークルなら3つあれば充分

学生時代に、これが欲しかった・・・と。

水はけの時間ってすごく長いし、辛かった記憶しかないですから。

部活やサークル、なら3つくらいあればすごく楽に水はけ出来るでしょう。

雨が止んでるのにテニスが出来ない、のはもったいないですしね。

これからの梅雨の時期、個人でもチームでも、お勧めのグッズです。

 

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

    社会人でテニスを楽しむ人の悩み、それは「荷物」じゃないでしょうか。…

  2. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います!今回は、…

  3. テニス

    テニス知識

    夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

    これから涼しくなる季節、「ランニングして体力付けるぞ!」と思っている方…

  4. テニス アームカバー

    テニス知識

    暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

    秋、試合が多い時期は季節の変わり目。みなさんは、試合のときにど…

  5. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

    まさにこれからが、夏本番。テニスの試合、苦しい試合の連続・・・…

  6. テニス知識

    高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

    冬場の時期、トレーニングに汗を流すテニスプレイヤーのみなさんも多いと思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    大きな喪失感を目の前にして、人は初心、原点に立ち戻れる
  2. 戦術

    自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること…
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう
  4. テニス 練習

    ストローク

    ライジングショットをふかさない為には、「ラケットを持つ腕の肘の位置を高く」意識す…
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!
PAGE TOP