テニス ロブ

戦術

あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

たくさん大事なこと、を書いて来ましたが、全てを試合に持ち込むのは難しい。

特に大事な試合、アナタ自身が緊張して相手も強い試合では、そうでしょう。

何かをやる、何かはやらない。

こういう決断力、はテニスでも大事ですよ。

 

あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

 

1.試合は全てを披露する場、ではない

ここ、勘違いしている男性は多いように思います。

自分が持っている技術、あれもこれも試合で出そうとする人、多くないですか?

周りから認められたい。少しでも良いところを見せたいという意識が強いと、技のオンパレードになる。

確かに、相手に多様性を見せつけること、も大事な要素ではあります。

ですが、その時にアナタ自身のミスが増えていったらスコアが作れない。

特に大事な試合は、大まかな方針をしっかり決めてから試合に入りましょう。

 

2.「何を軸に戦うのか?」を、決めておく

試合前に、これは決めておきましょう。

相手が初見の相手なのか、それともよく対戦している相手なのか、も考えておく。

相手の特徴が分かっているなら、しっかり何をやれば嫌がられるのか、を考える。

初見の相手なら、まずは自分が一番得意なテニス、をぶつけてみることが大事。

そこからの反応で、3ゲーム目くらいから方針を決めていきましょう。

何を軸に戦うのか、を決めるのはアナタ自身。

これが決められない人って、本当に多いんですよね。

 

3.ストロークで1つ、ネットプレーで1つ、で良い

使う戦術、具体策はこれくらいで良いでしょう。

私なんかは、とにかくロブを使うこと、それからネットプレーではドロップボレーを使うこと。

この2つの戦術を、相手合わせて使うだけ、な感じです。

あれもこれも、とたくさんやること、は大抵が上手くいかないですしね。

とにかく、シンプルに考える。

ベースライン、それからネットでやる作戦を1つずつ用意してみて下さい。

それで勝てる相手、は結構いると思いますよ。

 

4.仕掛けやすい技術、それがリターン

リターンは、何か変化を付けていくのにお勧めです。

一味違うような作戦、戦術を見せるのにすごく便利です。

仕掛けやすい、と考えて良い。

だからこそ、リターンからどんな展開が出来るのか、をアナタ自身考えておく必要がありますね。

たくさん戦術を実践する、とうよりも、リターンのバリエーションを増やすだけでもかなりテニスは拡がっていく。

試合で勝てる、使える技術だと私は思いますよ。

 

あれもこれも・・・と、欲張っても良いことは無い。

試合の方針を決めたら、どんどんシンプルに考えていく方が良いでしょう。

どうしても試合の後半、劣勢になってからの引き出しは必要ですけどね。

試合前からたくさん詰め込もう、みたいなのは必要無いと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    目に見えるスコアだけで、本当の差は見えてこない

    数値は絶対値。1は2より小さいし、3は2より大きい。こ…

  2. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大

    試合の後半、疲れてきても・・・・ぜひ、冷静に相手を見て欲しい。…

  3. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!

    テニスの試合、初対面の相手。つい、自分の特徴を「隠そう」と思っ…

  4. テニス データ

    戦術

    テニスの試合の中で、「感覚とデータを迷える」ようになったら一人前

    試合の中で、相手のデータをしっかり頭に入れている。そしてそのデ…

  5. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス

    みなさんにも、「自分の型」って少なからずあると思います。プレー…

  6. テニス サーブ

    戦術

    テニスコートの現場から離れて時間が経つと、みんな上から目線になっていく

    久しぶりに元テニス仲間、と会ったりして話すと感じること。「あ、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 体力

    戦術

    テニスの試合に力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ
  2. テニス メンタル

    サーブ

    試合の後半のサーブは、「バック側を警戒させて、フォア側で仕留める」コース取りでい…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるよ…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!
  5. テニス リターン

    ストローク

    「パッシングショット、試合で使える自信ありますか?」テニスのシングルスの試合で必…
PAGE TOP