テニス ロブ

戦術

あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

たくさん大事なこと、を書いて来ましたが、全てを試合に持ち込むのは難しい。

特に大事な試合、アナタ自身が緊張して相手も強い試合では、そうでしょう。

何かをやる、何かはやらない。

こういう決断力、はテニスでも大事ですよ。

 

あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

 

1.試合は全てを披露する場、ではない

ここ、勘違いしている男性は多いように思います。

自分が持っている技術、あれもこれも試合で出そうとする人、多くないですか?

周りから認められたい。少しでも良いところを見せたいという意識が強いと、技のオンパレードになる。

確かに、相手に多様性を見せつけること、も大事な要素ではあります。

ですが、その時にアナタ自身のミスが増えていったらスコアが作れない。

特に大事な試合は、大まかな方針をしっかり決めてから試合に入りましょう。

 

2.「何を軸に戦うのか?」を、決めておく

試合前に、これは決めておきましょう。

相手が初見の相手なのか、それともよく対戦している相手なのか、も考えておく。

相手の特徴が分かっているなら、しっかり何をやれば嫌がられるのか、を考える。

初見の相手なら、まずは自分が一番得意なテニス、をぶつけてみることが大事。

そこからの反応で、3ゲーム目くらいから方針を決めていきましょう。

何を軸に戦うのか、を決めるのはアナタ自身。

これが決められない人って、本当に多いんですよね。

 

3.ストロークで1つ、ネットプレーで1つ、で良い

使う戦術、具体策はこれくらいで良いでしょう。

私なんかは、とにかくロブを使うこと、それからネットプレーではドロップボレーを使うこと。

この2つの戦術を、相手合わせて使うだけ、な感じです。

あれもこれも、とたくさんやること、は大抵が上手くいかないですしね。

とにかく、シンプルに考える。

ベースライン、それからネットでやる作戦を1つずつ用意してみて下さい。

それで勝てる相手、は結構いると思いますよ。

 

4.仕掛けやすい技術、それがリターン

リターンは、何か変化を付けていくのにお勧めです。

一味違うような作戦、戦術を見せるのにすごく便利です。

仕掛けやすい、と考えて良い。

だからこそ、リターンからどんな展開が出来るのか、をアナタ自身考えておく必要がありますね。

たくさん戦術を実践する、とうよりも、リターンのバリエーションを増やすだけでもかなりテニスは拡がっていく。

試合で勝てる、使える技術だと私は思いますよ。

 

あれもこれも・・・と、欲張っても良いことは無い。

試合の方針を決めたら、どんどんシンプルに考えていく方が良いでしょう。

どうしても試合の後半、劣勢になってからの引き出しは必要ですけどね。

試合前からたくさん詰め込もう、みたいなのは必要無いと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと

    ダブルスの試合、強い相手は前衛の存在感が凄い。ポーチはもちろん…

  2. 戦術

    相手が目線を下に向ける、ボールがバウンドするタイミングはチャンス!

    相手が打つ前、隙を突いて動きたい。ダブルスのポーチのような場面…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で対戦していて、「あまのじゃくタイプ」の選手と分かれば怖くない

    対戦相手で、アナタはどの程度特徴を掴んでいるでしょうか?タイプ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    トップ選手ほど、自分を変化させることに貪欲だから強い

    今朝の錦織選手の試合、ご覧になった方も多いと思います。見事にベ…

  5. 戦術

    試合で「集中」なんて、急には出来ない

    一本集中!この言葉、何度聞いたか分かりません。もちろん…

  6. テニス ハードコート

    戦術

    もうすぐ開幕の全米オープン前に確認したい、「ハードコートでのテニス」が難しい理由5つ

    予選が始まり、もうすぐ本戦の開幕を迎える全米オープン。4大大会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「ストロークをどこに打つのか?」ラリーの中でコースを決めるタイミングは・・・?
  2. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認…
  3. テニス 練習

    戦術

    テニスのラリーの組み立ての中で、「オープンスペースを作ったら、視野を広く」を考え…
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    ファーストサーブが入るのが当たり前、にしていこう
  5. ストローク

    「鼻で吸って口で吐く」練習をすることで、テニスの試合でもスタミナが続く!?
PAGE TOP