テニス ロブ

戦術

あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

たくさん大事なこと、を書いて来ましたが、全てを試合に持ち込むのは難しい。

特に大事な試合、アナタ自身が緊張して相手も強い試合では、そうでしょう。

何かをやる、何かはやらない。

こういう決断力、はテニスでも大事ですよ。

 

あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

 

1.試合は全てを披露する場、ではない

ここ、勘違いしている男性は多いように思います。

自分が持っている技術、あれもこれも試合で出そうとする人、多くないですか?

周りから認められたい。少しでも良いところを見せたいという意識が強いと、技のオンパレードになる。

確かに、相手に多様性を見せつけること、も大事な要素ではあります。

ですが、その時にアナタ自身のミスが増えていったらスコアが作れない。

特に大事な試合は、大まかな方針をしっかり決めてから試合に入りましょう。

 

2.「何を軸に戦うのか?」を、決めておく

試合前に、これは決めておきましょう。

相手が初見の相手なのか、それともよく対戦している相手なのか、も考えておく。

相手の特徴が分かっているなら、しっかり何をやれば嫌がられるのか、を考える。

初見の相手なら、まずは自分が一番得意なテニス、をぶつけてみることが大事。

そこからの反応で、3ゲーム目くらいから方針を決めていきましょう。

何を軸に戦うのか、を決めるのはアナタ自身。

これが決められない人って、本当に多いんですよね。

 

3.ストロークで1つ、ネットプレーで1つ、で良い

使う戦術、具体策はこれくらいで良いでしょう。

私なんかは、とにかくロブを使うこと、それからネットプレーではドロップボレーを使うこと。

この2つの戦術を、相手合わせて使うだけ、な感じです。

あれもこれも、とたくさんやること、は大抵が上手くいかないですしね。

とにかく、シンプルに考える。

ベースライン、それからネットでやる作戦を1つずつ用意してみて下さい。

それで勝てる相手、は結構いると思いますよ。

 

4.仕掛けやすい技術、それがリターン

リターンは、何か変化を付けていくのにお勧めです。

一味違うような作戦、戦術を見せるのにすごく便利です。

仕掛けやすい、と考えて良い。

だからこそ、リターンからどんな展開が出来るのか、をアナタ自身考えておく必要がありますね。

たくさん戦術を実践する、とうよりも、リターンのバリエーションを増やすだけでもかなりテニスは拡がっていく。

試合で勝てる、使える技術だと私は思いますよ。

 

あれもこれも・・・と、欲張っても良いことは無い。

試合の方針を決めたら、どんどんシンプルに考えていく方が良いでしょう。

どうしても試合の後半、劣勢になってからの引き出しは必要ですけどね。

試合前からたくさん詰め込もう、みたいなのは必要無いと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    テニスコートの現場から離れて時間が経つと、みんな上から目線になっていく

    久しぶりに元テニス仲間、と会ったりして話すと感じること。「あ、…

  2. テニス イベント

    戦術

    自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面

    相手のゲームポイント、マッチポイント、絶対絶命・・・。という場…

  3. テニス 打点

    戦術

    テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識していこう

    試合で強引な攻撃ばかりしている人は、大抵3回戦あたりで負けていく。…

  4. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない

    一事が万事、ですね。テニスも日常生活も、私はすごく近いと思って…

  5. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。そ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    試合で自分が不利になったときに、本気で頑張れる人は少ない

    だからこそ、なんです。チャンスは実は、試合の終盤にある。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと
  3. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識でちょうど良い」けどしっかりスマッ…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークでスピードを出したいなら、「右利きなら左腕をしっかり伸…
  5. テニス 技術

    ボレー

    片手バックハンドボレーは特に注意しないと、「大事なポイントでふかしてばっかり」に…
PAGE TOP