テニス ダブルス

戦術

完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない

テニスの試合で必要なセオリー、「それはどこまで覚えれば良いの?」という質問を頂きました。

私自身、セオリーという言葉にこだわりは無いのですが、どんなスポーツにも覚えておきたい基本があるのは事実。

ですが、あれもこれも覚えて、それを完璧にこなして試合に勝つ・・・なんて、そもそも難しい。

完璧な準備、完璧な作戦勝ち、を求めるとテニス選手として結果勝てない、という流れになりかねません。

 

完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない

 


 

■戦術に「何か」を求め過ぎてはいないか?

テニスは対人競技。

毎回相手も気候も、コートサーフェスも違う。

アナタ自身の調子の波、もありますよね。

色々な要素が組み合わさる中で、試合は進行していきます。

相手が自由に打って来るショットに対応すること、これに100点満点で答えるなんて無理。

どんな戦術、セオリーだって、完璧ではありません。

でもいつもテニススクールで「完璧な答え」を求めて、生徒さんがコーチを訪ねていく。

そんな人は、大抵試合で勝てません。

 

■戦術やセオリーは、結果論の統計学

私の持論ですが、戦術やセオリーといった部類のものは、結果論から生まれた統計学の要素が強い。

「こういう場合、こうやった方がポイントを獲りやすい」というのが、積み重なってセオリーになっていく。

テニスのルールの特性や、技術の特徴が反映されたうえで、成り立っていく。

つまりは統計的な要素が強いので、戦術やセオリーって、あくまで「傾向」でしかないと私は思っています。

当然その逆、反対の事例も出て来るのが面白いところ。

優れた戦術には、必ずその対抗策が生まれてきます。

つまり、全てをカバーする100点満点の対策、準備、戦術は無い、という意識で楽に構えておくことをお勧めします。

 

■人から与えられた戦術やセオリーは、試合で活かせない

コーチから教わった秘伝の作戦、で勝つ試合もあるでしょう。

ですが、あくまでそれはきっかけでしかない。

大事なのは、アナタ自身のテニスの戦術やセオリーは、アナタ自身で積み上げていくという意識。

100点満点の完璧なものを求める人って、誰かからそれを聞けたり本やセミナーで得ることが出来ると思っている人が多い。

勘違いも甚だしいと思います。

そんな作戦があれば、とっくに考えた人が実践して年間グランドスラム達成済、なのですから。

 

テニスも生き物。

時代と共に、セオリーや戦術、考え方は常に変化していきます。

そのうえで、大事なことは・・・何でしょう?

繰り返しになりますが、アナタ自身が自分自身を変化させていく、色々な変化を受け入れて自分なりのセオリーを作り上げていくことです。

そんな選手が、きっとメンタル強くテニスの試合を勝ち上がっていくのですから。

厳しい闘いですし頭も身体も使いますが、頑張っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. 戦術

    ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?

    ダブルスの試合で、前衛を攻撃していく。これは、みなさんも出来る…

  2. テニス ロブ

    戦術

    チェンジした後の前衛、のポジショニングが肝

    ダブルスの試合で、前衛の上をロブで抜かれる。そうすると、チェン…

  3. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう

    いかに試合で、リードを維持できるのか。これは、テニスの試合では…

  4. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い

    私自身、すごく最近意識していることがあります。色々な理論、基本…

  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせているか?」が大事なはず

    私自身、試合で意識していること。それは、自分が打っているボール…

  6. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにいこう

    相手のボールが浅い!のに・・・攻撃に出るどころか、いつも処理に…

特集記事

  1. テニス 部活

    その他

    「雨の日に、どうしてもテニスがしたい・・・」方に贈る、止んだらすぐできる水はけに…
  2. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう…
  3. テニス フットワーク

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬…
  4. テニス メンタル

    その他

    「テニスの世界において、多数派で無いことは武器になる」アナタの個性を磨いていきま…
  5. ストローク

    テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つ…
PAGE TOP