メンタル

試合に強い人は、トラブルが付き物だと理解している

試合前に、準備が大事。

何度も書いてきたことですが、準備ってこういうこと、も含まれます。

計画性は大事ですけど、テニスの試合は相手ありきのことですし、何が起きるか分からない。

ましてや、審判もいないセルフジャッジの試合ですからね。

色々なこと、が起きると思っておいた方が良いでしょう。

 

試合に強い人は、トラブルが付き物だと理解している

 

1.一番多いのは、やはりジャッジの問題

私もたくさんの大会を運営し、出て来ましたが、やっぱりこの問題が多いように思います。

相手のジャッジにリズムを乱され、自分のテニスが出来ない。

それも、本当にわずかな1ポイントだけなんですけどね。

その1ポイントでの相手の感じ、態度、で自分が乱れていく・・・のは、私もすごく経験があります。

気持ち良くテニスが出来ない、と感じてしまって、どこか投げてしまう。

こういうのって、やっぱり試合で多いと思いませんか?

 

2.コードボール、天候、コート移動なんてざら

実際に、他にも多いですよね。

アンラッキーなネットイン、急に風が強くなったり、雨が降って来てインドアコートに移動。

こういうのって、ある意味トラブルですが、慣れていかないと仕方ない。

試合が良い感じで進んでいる時に限って、起きることが多いのが特徴ですね・・・自分の印象として残っているだけかも知れませんが。

アナタ自身の中で、どう対応していくのか。

トラブルは起きるもの、上手く付き合う方法を考えていく方が良いですね。

 

3.例えばコードボール、については?

私は、ネットに当たってインしなかったボール、はすっぱり諦める。

「ネットに当てた時点で、もう自分のミス」という感じですね。

だから、それが結果的に相手コートに入っても入らなくても、気にしない。

ネットに当てないように、次からしっかり高い軌道にしよう、と。

アンラッキーだと思うと、次からのポイントでも引きずってしまうじゃないですか。

それはもったいないし、損なだけ。

ネットに当てた時点で失点、くらいに思っておけば、少し楽になりますよ。

 

4.試合が止まる、時にリセットが上手い人は強い

隣のコートからボールが入って来たり、雨で中断したり。

時には、ファーストサーブがフォルトした後に、セカンドサーブまで間がある時、ありますよね。

すごく嫌、なものだと思います。

でも、これってやっぱりテニスの試合には付き物、ですから。

自分でいかに、どうリセットするかが大事になってきます。

間を空ける、あえて自分から焦らないで、次にしっかり入っていく。

この工夫、準備が出来ていれば、トラブルにも強くなる。

試合で強い人って、そんな感じじゃないですか?

 

動じない、ことなんて本当は出来ないんです。

私だって、トラブルが怖いし、起きたらドキドキ、まずいな・・・という感じになる。

そういう自分、を受け止めること。

そして試合で、コントロールすることが大事ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    自分の打ったボールを信じ切れば、ボールは自然とコートに収まってくれる

    自分が打ったボールを、しっかり信じる。信じ切ることが出来れば、…

  2. テニス ミス

    メンタル

    「負け癖」を拭い去っていく為に必要なのは、テニス以外の生活部分を変えること

    テニスの試合、なかなか勝てない。練習は一生懸命やっているのに、…

  3. メンタル

    「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません

    テニス、楽しいですか?もちろん楽しい!と思うこともあれば、試合で負…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合では、「スコア差があっても無くても」集中力に差が生まれてはいけない

    すごく、難しい話です。普通の人は、まずできない。でも、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?

    私たちの試合で多いのは、1セットマッチ。ほとんどが、この形式で…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い

    テニスというスポーツの中で、ネット際に落ちるボール。それは、チ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートクロスのストロークは、シングルスコートに入れるつもりで振り切ろう
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「隙が無いダブルスを崩す為に」必要なセンターセオリーと連続攻撃について
  4. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップで…
PAGE TOP