テニス 練習

その他

セルフジャッジが汚い相手には、「2回目」で戦う姿勢を見せよう

何かとご意見頂く機会の多い、セルフジャッジについて。

汚いジャッジ、にはどうすれば良いのか。

まだまだ、みなさんこの部分で悩んでいる方が多いですよね。

本当に相手が意図的にやってきている、あるいは本当に見えていない、ような相手には割り切った対応が必要。

私がお勧めする方法は、コチラです。

 

セルフジャッジが汚い相手には、「2回目」で戦う姿勢を見せよう

 


 

1.キーワードは、「2回目」

私自身、試合をしていてこの覚悟で挑んでいます。

どんなジャッジでも、1回目は認める。

大事なポイントでも、1回目のミスジャッジは、相手を尊重する姿勢を持っておきます。

でも、問題はその後。

2回目、に起きたときには、必ず何かアクションを起こす。

相手に必ず、「今のはアウトですか?」と聞いて、コミュニケーションを図る。

このコミュニケーション、という姿勢が大事なんです。

 

2.感情的になっても、結果的に損するだけ

でも、実際は感情的になる人が多いですよね。

気持ちは、すごく分かります。

でも、ここで感情的になっても、結果的に損するだけ。

2回目、ということもあって、それがしかも大事なポイントであれば即喧嘩ごし、のような選手も多いですよね。

でもここは、冷静にあくまで話し合うという姿勢、を持って相手に近づきましょう。

大声で迫っても、相手も頑固になってより悪い方向にいく。

とにかく、感情的になって良いことは無い、ということだけは覚えておいて損は無いです。

 

3.相手に迫ること、を恐れてはいけない

でも、実際の試合ではどうでしょう。

泣き寝入り、するような人が多いと思いますよ。

セルフジャッジの試合は、相手とアナタで作り上げるもの。

だからこそ、相手と話す、迫ることを恐れてはいけないんです。

じゃないと、2回目で終わらずに3回目、4回目とどんどんやられますよ。

しっかりと聞く、だけで相手はジャッジを直して来るかも知れない。

もちろん、それはそれで問題ですが、目の前の試合を勝ちたいならアナタ自身、主張していかないと。

それは、ある意味自分に自信を持つとうことにつながりますから。

 

4.自分のショットは、自分が一番よく分かる

ようにならないと、いけません。

打った瞬間に、入っている、アウトしている、を自分で感触で分かる。

試合で強い人って、この感覚が鋭いからジャッジに厳しくなるんですよ。

相手よりも、自分の感覚に自信がある。

私も多くの選手を見て来ましたが、「絶対に入っているから!」と本当に自信を持っている選手、のボールってほとんど入ってるんですよね。

チャレンジシステムが無いので、オンラインもアウトにされたりするケース多いですけど。

打ったショットを、感覚で分かるようになる。

これも大事な、テニス選手としての成長ですよ。

 

自分の感覚に鋭い、自信が出来れば、ジャッジにも異を唱えられる。

泣き寝入りして後から文句ばっかり言う人って、自分に自信が無いんですよ、結局。

相手にアウト、と言われれば、そうかと思ってしまう。

これでは勝てる試合も勝てない。

2回目、自分に感覚と違うと思ったら、相手と話す場を持つ。

まずはこれだけで、かなり変わって来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス セオリー

    その他

    試合では、どんなに速いボールでもしっかりセルフジャッジ出来るようにしておくこと

    意外と、無意識のうちに「出来なくても、まぁ良いか」となってしまっていま…

  2. その他

    テニス選手として経験した、「海外テニス留学費用」について

    海外に初めて行ったのは22歳の時。アメリカに3ヶ月間行ったんだ…

  3. テニス 食事

    その他

    テニスプレイヤーとして環境の変化に強い人は、「初心に戻る」を言葉で終わらせない

    何度か、テニス選手として「新しい環境」に入っていく重要性と意義について…

  4. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!

    今年も箱根駅伝にて、往路優勝を果たした青山学院大学。このチーム…

  5. その他

    後輩が可愛いからと言って、「何でもかんでも教えてあげる」感じだとかわいそうなことに

    皆さんの中には、上級生としてチームをまとめる立場の方も多いでしょう。…

  6. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージしておくこと

    相手の攻撃を、どう凌ぐか。テニスはネットを挟んで打ち合うスポー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 不安

    その他

    テニスの部活やサークルの中で、「周りが自分に合わせてくれる」ことをどこかで期待し…
  2. ストローク

    ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り
  3. テニス 戦術

    戦術

    「新しいことを始める、身に付ける」ときに感じるストレス、に強くなろう
  4. テニス ミーティング

    その他

    「部活でミーティングをしてみたけど、何をやれば良いか分からない・・・」部長やキャ…
  5. 戦術

    突き抜けたものを見ないと、実は普通すら分からない
PAGE TOP