テニス 練習

その他

セルフジャッジが汚い相手には、「2回目」で戦う姿勢を見せよう

何かとご意見頂く機会の多い、セルフジャッジについて。

汚いジャッジ、にはどうすれば良いのか。

まだまだ、みなさんこの部分で悩んでいる方が多いですよね。

本当に相手が意図的にやってきている、あるいは本当に見えていない、ような相手には割り切った対応が必要。

私がお勧めする方法は、コチラです。

 

セルフジャッジが汚い相手には、「2回目」で戦う姿勢を見せよう

 


 

1.キーワードは、「2回目」

私自身、試合をしていてこの覚悟で挑んでいます。

どんなジャッジでも、1回目は認める。

大事なポイントでも、1回目のミスジャッジは、相手を尊重する姿勢を持っておきます。

でも、問題はその後。

2回目、に起きたときには、必ず何かアクションを起こす。

相手に必ず、「今のはアウトですか?」と聞いて、コミュニケーションを図る。

このコミュニケーション、という姿勢が大事なんです。

 

2.感情的になっても、結果的に損するだけ

でも、実際は感情的になる人が多いですよね。

気持ちは、すごく分かります。

でも、ここで感情的になっても、結果的に損するだけ。

2回目、ということもあって、それがしかも大事なポイントであれば即喧嘩ごし、のような選手も多いですよね。

でもここは、冷静にあくまで話し合うという姿勢、を持って相手に近づきましょう。

大声で迫っても、相手も頑固になってより悪い方向にいく。

とにかく、感情的になって良いことは無い、ということだけは覚えておいて損は無いです。

 

3.相手に迫ること、を恐れてはいけない

でも、実際の試合ではどうでしょう。

泣き寝入り、するような人が多いと思いますよ。

セルフジャッジの試合は、相手とアナタで作り上げるもの。

だからこそ、相手と話す、迫ることを恐れてはいけないんです。

じゃないと、2回目で終わらずに3回目、4回目とどんどんやられますよ。

しっかりと聞く、だけで相手はジャッジを直して来るかも知れない。

もちろん、それはそれで問題ですが、目の前の試合を勝ちたいならアナタ自身、主張していかないと。

それは、ある意味自分に自信を持つとうことにつながりますから。

 

4.自分のショットは、自分が一番よく分かる

ようにならないと、いけません。

打った瞬間に、入っている、アウトしている、を自分で感触で分かる。

試合で強い人って、この感覚が鋭いからジャッジに厳しくなるんですよ。

相手よりも、自分の感覚に自信がある。

私も多くの選手を見て来ましたが、「絶対に入っているから!」と本当に自信を持っている選手、のボールってほとんど入ってるんですよね。

チャレンジシステムが無いので、オンラインもアウトにされたりするケース多いですけど。

打ったショットを、感覚で分かるようになる。

これも大事な、テニス選手としての成長ですよ。

 

自分の感覚に鋭い、自信が出来れば、ジャッジにも異を唱えられる。

泣き寝入りして後から文句ばっかり言う人って、自分に自信が無いんですよ、結局。

相手にアウト、と言われれば、そうかと思ってしまう。

これでは勝てる試合も勝てない。

2回目、自分に感覚と違うと思ったら、相手と話す場を持つ。

まずはこれだけで、かなり変わって来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    格上相手に対して、どう「勝負どころ」を設定するのか?の問題について

    テニスの試合で、格上相手にどう戦うのか。まず、この部分をしっか…

  2. テニス 構え

    その他

    「テニスの試合が上手い人」はココをチェックしている!対戦相手を観察するポイントとは?

    テニスの試合で、一番緊張するのは皆さんいつですか?私は試合の前…

  3. その他

    「さぁ、走り込みを始めよう」テニスの試合で技術を活かす為にもベースとなる体力は絶対必要!

    あまり詳しくは覚えていないけど、幼稚園に入園した頃から喘息の発作に苦し…

  4. その他

    Q&A「試合中に痙攣した相手に対して、どう攻めて良いか分からないのですが・・・」

    テニスの試合では、珍しい風景では無い「痙攣」という現象。自分も…

  5. テニス 感覚

    その他

    「2015年 インターハイ テニス会場」に行って良かった感じたこと5つ

    今回は少し趣向を変えて、開幕した近畿インターハイ会場について。…

  6. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

    「後輩の態度が悪いので、何とかしたいのですが・・・」こういった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識
  2. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう
  3. テニス ボレー

    戦術

    チャンスでのフォアボレー、動かすのは10cmでOK
  4. テニス リターン

    ストローク

    力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!
  5. テニス ストローク

    リターン

    サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ
PAGE TOP