テニス チャンス

戦術

試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう

試合が進んでいって、もうミスが許されない場面。

4-4の30-30、のような場面でしょうか。

相手としても自分としても、絶対に取りたいポイントの場面って、ありますよね。

こういう場面、まずは感じられるかどうか。

テニスは相手がいる競技ですから、自分が最高のプレーをするだけ、では難しいんですよね。

 

試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう

 


 

1.相手が一気に来る場面、イメージ出来る?

過去の試合でも、「やられた・・・」という経験、ありませんか?

相手が本気で、しっかり取りに来たような場面、あると思います。

「そんなの、あったかな・・・」という方は、気付いていないだけ。

強い選手ほど、絶対に欲しいポイントでは間違いなくギアを上げて来ますから。

まずは、そこでしっかり感じること。

「次は、取りに来そうだな・・・」という雰囲気を感じることが出来れば、きっと上手く対応出来るはずです。

 

2.相手の得意なショット、をまずは警戒する

試合が進んでいる終盤なら、ある程度データは溜まっているはず。

そのデータを活かして、まずは相手の得意なコース、戦術にしっかり備えることが第一。

逆に言えば、それが把握出来ていないと厳しいですよ。

相手が何かを仕掛けてくる、でもその何か、が全く分からない感じだと、試合は当然厳しい結果になるでしょう。

 

3.間違っても、ムキになって対抗しないこと

これが一番、です。

私の経験では、相手が攻勢に出て来るような場面では、まずしっかり凌ぐこと。

しっかりと予測して、受け止めておくこと、が大事です。

恐れてズルズルと引かないこと。

しっかり受け止めて、その中でどこかで自分も反撃する。

相手がネットに出て来ること、が予測されるなら、一度厳しいようなボレーを打たせる。

いきなりロブ、パッシングショットは、かなり難しいです。

緊迫した場面ですから、いきなり精度の高いショットってリスクが高い。

あくまで自分からのミス、はしないように意識しましょう。

 

4.取りたいポイントを取れない、これは大ダメージ

結果的に粘るようなポイントでも、相手にとっては大ダメージでしょう。

取りにいったポイントを取れない、ことから試合の流れって一気に変わります。

取りたいポイントを、意図的にこちらが潰していく。

そうすれば、相手を凹ませることが出来るし、試合の流れを持って来れる。

自分が欲しいポイント、でもありますからね、こういう場面って。

相手がどこかで焦っている、その隙に付け込んでいきましょう。

 

相手が一気に来る、ことに気付けるかどうか。

ダブルスなら、お互いにその認識を合わせておきたいところですね。

きっと、アナタ自身がしっかり相手を見て、感じていれば大丈夫。

「次、来そうだな・・・」と、気付けることからまずはスタート、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス クレーコート

    戦術

    全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選

    今年も全仏オープンが開幕。改めて、クレーコートでの戦い方につい…

  2. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない

    最近は、みなさんもテニスを動画で見る機会が増えましたよね。私が学生…

  3. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い

    テニスの試合、試合慣れしていない人はちょっとしたこと、で不安になる。…

  4. テニス 序盤

    戦術

    格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!

    序盤の大切さ、はこのサイトでも何度か書いてきました。それはアナ…

  5. テニス マナー

    戦術

    夏こそ「先手必勝」、がテニスの試合の基本

    これからの時期の試合、考えるだけでも辛いですよね。でも、だから…

  6. テニス メンタル

    戦術

    試合の流れが悪いときに、実践したい5つのこと

    1セットマッチの試合でも、試合の中で良いとき、悪いとき、は必ずあります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを上達させたいなら、「ネットプレーへの流れを意識」で変わる
  2. テニス ロブ

    ストローク

    つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物
  3. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「どうしてもポーチに積極的に出れない人」は、基本的に全てのボー…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    コースを変えるときにミスが増えるのは、なぜ?
PAGE TOP