テニス チャンス

戦術

試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう

試合が進んでいって、もうミスが許されない場面。

4-4の30-30、のような場面でしょうか。

相手としても自分としても、絶対に取りたいポイントの場面って、ありますよね。

こういう場面、まずは感じられるかどうか。

テニスは相手がいる競技ですから、自分が最高のプレーをするだけ、では難しいんですよね。

 

試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう

 

1.相手が一気に来る場面、イメージ出来る?

過去の試合でも、「やられた・・・」という経験、ありませんか?

相手が本気で、しっかり取りに来たような場面、あると思います。

「そんなの、あったかな・・・」という方は、気付いていないだけ。

強い選手ほど、絶対に欲しいポイントでは間違いなくギアを上げて来ますから。

まずは、そこでしっかり感じること。

「次は、取りに来そうだな・・・」という雰囲気を感じることが出来れば、きっと上手く対応出来るはずです。

 

2.相手の得意なショット、をまずは警戒する

試合が進んでいる終盤なら、ある程度データは溜まっているはず。

そのデータを活かして、まずは相手の得意なコース、戦術にしっかり備えることが第一。

逆に言えば、それが把握出来ていないと厳しいですよ。

相手が何かを仕掛けてくる、でもその何か、が全く分からない感じだと、試合は当然厳しい結果になるでしょう。

 

3.間違っても、ムキになって対抗しないこと

これが一番、です。

私の経験では、相手が攻勢に出て来るような場面では、まずしっかり凌ぐこと。

しっかりと予測して、受け止めておくこと、が大事です。

恐れてズルズルと引かないこと。

しっかり受け止めて、その中でどこかで自分も反撃する。

相手がネットに出て来ること、が予測されるなら、一度厳しいようなボレーを打たせる。

いきなりロブ、パッシングショットは、かなり難しいです。

緊迫した場面ですから、いきなり精度の高いショットってリスクが高い。

あくまで自分からのミス、はしないように意識しましょう。

 

4.取りたいポイントを取れない、これは大ダメージ

結果的に粘るようなポイントでも、相手にとっては大ダメージでしょう。

取りにいったポイントを取れない、ことから試合の流れって一気に変わります。

取りたいポイントを、意図的にこちらが潰していく。

そうすれば、相手を凹ませることが出来るし、試合の流れを持って来れる。

自分が欲しいポイント、でもありますからね、こういう場面って。

相手がどこかで焦っている、その隙に付け込んでいきましょう。

 

相手が一気に来る、ことに気付けるかどうか。

ダブルスなら、お互いにその認識を合わせておきたいところですね。

きっと、アナタ自身がしっかり相手を見て、感じていれば大丈夫。

「次、来そうだな・・・」と、気付けることからまずはスタート、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. 戦術

    「テニスの数え方」試合の中でどう戦うかをスコアの中で考えてみる

    テニスのスコアの数え方って面白い。スーパーショットでポイント取…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑えることが出来る20の小技

    テニスの試合、体力勝負になる。それは、この目の前の試合ももちろ…

  3. テニス ストローク

    戦術

    タイミングの早いテニスに対応するには、何が出来るだろう?

    タイミングが早いテニス、強い相手では対応していかないといけません。…

  4. テニス 観察

    戦術

    「自分の中でのコツ」を、一番優先して良いんです

    悩んだときには、自分の直感を信じて良い。私は、普段そんな感じで…

  5. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

    ダブルスペアとして、試合で結果を出していきたいなら、意識して欲しいポイ…

  6. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る

    初対戦の試合って、みなさん得意ですか?苦手という方、の方が実際…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです
  4. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、ストロークのコース変更は「打つ直前には出来ない」と考えて良い
PAGE TOP