テニス チャンス

戦術

試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう

試合が進んでいって、もうミスが許されない場面。

4-4の30-30、のような場面でしょうか。

相手としても自分としても、絶対に取りたいポイントの場面って、ありますよね。

こういう場面、まずは感じられるかどうか。

テニスは相手がいる競技ですから、自分が最高のプレーをするだけ、では難しいんですよね。

 

試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう

 


 

1.相手が一気に来る場面、イメージ出来る?

過去の試合でも、「やられた・・・」という経験、ありませんか?

相手が本気で、しっかり取りに来たような場面、あると思います。

「そんなの、あったかな・・・」という方は、気付いていないだけ。

強い選手ほど、絶対に欲しいポイントでは間違いなくギアを上げて来ますから。

まずは、そこでしっかり感じること。

「次は、取りに来そうだな・・・」という雰囲気を感じることが出来れば、きっと上手く対応出来るはずです。

 

2.相手の得意なショット、をまずは警戒する

試合が進んでいる終盤なら、ある程度データは溜まっているはず。

そのデータを活かして、まずは相手の得意なコース、戦術にしっかり備えることが第一。

逆に言えば、それが把握出来ていないと厳しいですよ。

相手が何かを仕掛けてくる、でもその何か、が全く分からない感じだと、試合は当然厳しい結果になるでしょう。

 

3.間違っても、ムキになって対抗しないこと

これが一番、です。

私の経験では、相手が攻勢に出て来るような場面では、まずしっかり凌ぐこと。

しっかりと予測して、受け止めておくこと、が大事です。

恐れてズルズルと引かないこと。

しっかり受け止めて、その中でどこかで自分も反撃する。

相手がネットに出て来ること、が予測されるなら、一度厳しいようなボレーを打たせる。

いきなりロブ、パッシングショットは、かなり難しいです。

緊迫した場面ですから、いきなり精度の高いショットってリスクが高い。

あくまで自分からのミス、はしないように意識しましょう。

 

4.取りたいポイントを取れない、これは大ダメージ

結果的に粘るようなポイントでも、相手にとっては大ダメージでしょう。

取りにいったポイントを取れない、ことから試合の流れって一気に変わります。

取りたいポイントを、意図的にこちらが潰していく。

そうすれば、相手を凹ませることが出来るし、試合の流れを持って来れる。

自分が欲しいポイント、でもありますからね、こういう場面って。

相手がどこかで焦っている、その隙に付け込んでいきましょう。

 

相手が一気に来る、ことに気付けるかどうか。

ダブルスなら、お互いにその認識を合わせておきたいところですね。

きっと、アナタ自身がしっかり相手を見て、感じていれば大丈夫。

「次、来そうだな・・・」と、気付けることからまずはスタート、ですね。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. 戦術

    嫌な流れ、をどう変えるのか?

    テニスの試合の中で、これが出来るかどうか。どんなに考えて準備し…

  2. テニス コート

    戦術

    負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる

    私がテニスの大会のレフェリーをしていた頃、に感じたこと。一般の…

  3. テニス 雨

    戦術

    第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない

    アナタが出場する試合。そこで考えないといけないのは、「いかに強…

  4. テニス サーブ

    戦術

    主力選手、そして特徴のある代打選手を用意しておこう

    テニス選手として、特にシングルスの試合は本当に孤独で、過酷。戦…

  5. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポーツかも知れない

    少し前に、一緒にテニスをした人がいまして・・・。誰が見ても、「…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「リードしたら、それをメンタル的に活かす」ことで楽に試合を運べる

    テニスの試合、それは「ゲームを獲る」ことの積み重ね。漠然とプレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ミス

    ダブルス

    「ミックスダブルスでは、女性狙いだけでOK?」だと、手堅いベテランペアには試合で…
  2. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いと…
  3. ストローク

    「スライスのストロークの返球が難しい・・・」人は、スピン系の返球と明確にココを変…
  4. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をや…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習
PAGE TOP