テニス フットワーク

メンタル

試合に勝てるようになりたい、なら今すぐ試合に出よう

試合に勝ちたい、勝てるようになりたい。

テニスを始めて、少しずつ打てるようになってくると、こういう感情が湧いてくるのは自然だと思います。

でも、どうでしょう。

いざ試合に出るとなると、勇気が要りますよね。

「そろそろかな・・・いや、もっと上達してからかな・・・」となってしまう。

そんな方、多くないですか?

 

試合に勝てるようになりたい、なら今すぐ試合に出よう

 

1.みんな最初は、怖いもの

今勝っている、それこそ県内No.1の人だって、最初は怖かった。

私だって、そうです。

まずサーブが入るのか、リターンは返せるのか、試合になるのか・・・というところですね。

周りからどう見られるのか、恥ずかしい思いをするだけかも・・・という恐怖心、が前に立つ。

これが、普通だと思いますよ。

試合に出ること、は最初は誰だって怖い。

怖いから、ほとんどの人は試合に出ない、ただボールを身内で打ち合って終わり、になるんです。

試合に勝てるようになりたい、ならこの壁を乗り越えていかないといけない。

厳しいようですが、これが現実です。

 

2.いきなり勝てる、甘い世界ではない

どんなに運動神経が良い、センスが良い人でも、いきなり試合には勝てない。

テニスって、そういう競技だと思います。

ラケットでボールを打つのって複雑な動作ですから、なかなかすぐには出来ないでしょう。

練習量、はある程度必要、だからこそいきなりは勝てないのがテニス、なんです。

そこで、勝てるようになりたいなら・・・でも、やっぱり試合に出ないと。

試合に出る、ことでしか勝てる道は拓けない。

それに、負けることは恥ずかしいことでも何でも無いですからね。

 

3.思い立ったが吉日、そこから練習が変わる

実際に、試合に出る、と決まったらどうでしょう。

草トーでも良いですし、対抗戦やスクール内のトーナメントでも良い。

そこから練習、が一気に変わりますから。

どこか、受験勉強みたいになっていきますよね。

試合に出るなら、何が必要かを自分で考えるようになる。

これが無い人は、いつまでも成長しないですから。

試合に出る、と決まってからは練習が変わる、意識が変わる。

これは、試合に出ている人の特権ですよ。

思い立った日、が何かを始めるには一番若い日。

そこで動かないと、試合に勝てるようになる日がまた遠くなるだけです。

 

4.個人戦の特権、じゃないですか?

チームスポーツなら、レギュラーという概念がある。

社会人チームでも、チーム自体が試合に出ても自分が出場出来るとは限らない。

ちょとだけ、しか出れないかもしれないし、それだと責任も薄れていくだけ。

でも、テニスって個人競技ですからね。

出ようと思えば、試合にはいくらでも出れる。

もちろん、勇気はいるしお金もかかる、だからこそ、気合いが入るし楽しい。

あとはアナタの行動力次第、ですね。

テニスの特権、どんどん活かしていければもっと上達も早くなる。

私は、そう考えています。

 

正直、テニスの特権とはいえ、テニスの世界は厳しいです。

初心者の方がステップアップ出来るような環境、は整備されていないですから。

でも、その壁をみなさんは乗り越えていって欲しい。

T-PRESS読者のみなさんの中には、きっと試合に出始めた初心者の方も多いはず。

ぜひ、めげないで試合に出続けて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ミス

    メンタル

    試合中に声出しがうるさい人は、基本メンタルが弱いと思って良い

    試合中に、やたらと声を張り上げてくる人。これは、どのレベル、ど…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    過去最悪に恥ずかしかった試合、思い出してテニスノートに書き出してみよう

    テニスノート、普段は書いているけどなかなか見返す機会が無い。そ…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニスのようなスポーツでは、「失敗の要因を突き詰め過ぎない」ことも大事だと私は思います

    試合に負けた後に、びっしりとテニスノートに書かれた分析。それを…

  4. テニス 雨
  5. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ

    皆さんは、標高が高い土地にあるテニスコートで試合をしたことはありますか…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない

    「全てのボールには根拠がある」というのは、野球で名監督として実績を残し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議な要素がある
  2. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ
  3. テニス ミス

    日々の雑記

    世界トップクラスの選手のコーチ、はもちろん凄いけれども
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで速い反応を求めるなら、「打つというより引く」という感覚に変えること…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    深い!と思ったら上にフォロースルー、で回転をかけていこう
PAGE TOP