テニス メンタル

その他

テニスノートが面倒くさい、そんな人にはこのやり方で

「テニスノートを書きたいんですが、続かなくて・・・」というみなさん。

今回は、発想を変えたアイデア、で私も考えてみました。

実際に、チームやテニススクール、でもし取り組めるようでしたら面白いと思いますよ。

続かない、ことが無いような仕組みに変えてしまえば良いんです。

 

テニスノートが面倒くさい、そんな人にはこのやり方で

 

1.練習中に書ける仕組み、に変えてしまう

そもそも、なぜテニスノートが続かないのか。

それは、面倒くさいから・・・そして、終わった後に、練習が終わった後に時間が空いて、熱が冷めてしまうからですよね。

だったらもう、練習中に書けるような仕組みに変えてしまう。

今もし、私がテニスコーチとしてスクールレッスンをするなら、全員のテニスノートを持っていって、「書く時間」を作ります。

ローテーションでまわるようなメニューのときに、休憩時間に書いてもらう。

机と椅子、を用意して、3分くらいの間で書いてもらう。

この時間内で書けるだけ、で良いんです。

 

2.部活でも、全員でテニスノートを書く時間を作る

一人だと、なかなか続かないですから。

全員で、練習の最後でも休憩時間でも、5分で良い。

大事なのは、しっかり時間を決めること、それから最低文字数を決めることですね。

300文字、は最低書く、みたいな感じです。

書き方やフォーマットは自分で考えてOK、そしてその書いたノートは持ち帰らないでコーチやチームで管理する。

持って帰ると、絶対に持って来るのを忘れてしまいますから。

練習するときには、必ずコート近くにノートがある、毎回書く時間が練習の中にある。

こんな感じでやってみてはどうでしょうか?

 

3.試合前にはしっかり、読み返すこと

試合前、大事な時期にはしっかりと読み返す。

そのテニスノートには、アナタ自身の頑張りが詰まっている訳ですから。

メンタルが弱いと嘆く人って、こういう自信作りの工夫が足りないだけ。

試合前に不安になるのは、自分の努力を可視化出来ていないから、ですね。

これは、学生さんでも社会人、シニアでも一緒です。

今からでも遅くありませんので、サークルやチームでも自信の可視化、工夫は必要だと思いますよ。

 

4.テニスを文字にすれば、もっと楽しく上達が早くなる!

毎回記事を読んで頂いているみなさんは、きっともう「テニス語」が身に付いている。

私のような拙い言葉でも、毎日のように読んでいると、染み込んでいるものなんですよ。

それを、自分の言葉に変えていく、のもテニスノートでは大事な作業です。

これが習慣付くと、テニスってもっと楽しくなるし上達も早い。

テニスノートを練習中に書いてしまう、その仕組み作り。

まずは自分一人、でも良いと思います。

始めてみませんか?

 

小さいことですが、続けていれば変わっていくこと。

それをテニスは、いつも教えてくれます。

何かを始めるのに、遅いことなんてないですから。

やっても変わらない、と思っている方こそ、やってみると止められなくなりますよ。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの技術は、「人それぞれ、個性的で良い」はテニスコーチの責任放棄だと思う

    日本には「基本を大事にする」という文化が、スポーツ界には根強い。…

  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスのストロークで「自分に適した打点」を探すのには、友達に協力してもらうのが一番です

    ストロークの「打点」で悩んでいる人、意外と多くありませんか?自…

  3. テニス ロブ

    その他

    「これがリアルなんだ」と、試合中は割り切っていこう

    試合中に、どういうスタンスで自分と向き合うのか。この問題につい…

  4. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

    テニスの上達において基本となる練習、素振り。「なんだ古臭い・・…

  5. テニス 打点

    その他

    「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い

    テニスでは、確かに実力差がある対戦もある。それはプロ選手の試合…

  6. テニス マナー

    その他

    試合後に相手に感想を聞いてみるなら、「ある言葉」を使うと効果的に引き出せます

    試合後に、対戦相手と話す機会があれば、ぜひ色々聞いてみたい。と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 客観視

    ボレー

    テニスの基本である「低い姿勢」がネットプレーに必要な理由5つ
  2. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い
  4. テニス ストローク

    シングルス

    「アプローチショットを深く&ドロップショット」の組み合わせは、フォアハン…
  5. テニス ミス

    日々の雑記

    世界トップクラスの選手のコーチ、はもちろん凄いけれども
PAGE TOP