食事

シングルス

シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

テニスの試合は、ダブルス中心。

私の肌感覚では、T-PRESS読者のみなさんの7割くらいはこういう方が多いと思います。

私も最近では、あまりシングルスの試合に出ることが無くなってしまいました・・・が、ちょっとここで、自戒も込めて。

シングルスの試合に出る、ということは、実はすごく大事なこと。

と、私は考えています。

 

シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

 


 

1.ダブルスの試合は、良くも悪くも・・・

2人の成果、2人の責任。

これは事実でしょう。

もちろん、勝てば嬉しいし、自信にもなる。

でも、どこかで「パートナーのお陰かな・・・」という部分、も拭えない。

実際に試合では、半分は味方が守ってくれている訳ですしね。

良いポイントも、自分一人で取れる回数なんて限られている。

だからこそ、自分に対しての明確な自信にはつながりにくい、のがダブルスだと思います。

それは、対戦相手に対しても言えること、でしょう。

 

2.どんなに強い相手を、ダブルスで倒しても・・・

実際には、成果は半分。

いや、両方強いペアもいると思いますよ。

でも、ダブルスの試合で勝ったとしても、それはその人個人に対して勝った、とは言えないと思います。

少なくとも、私自身はそういう気持ちになれない。

上手く作戦や準備で勝った、のはもちろん嬉しいんですけど、やっぱり1対1の勝負とは訳が違う。

ダブルスって、誤魔化しが効くんですよ。

試合中、「まぁダブルスだし、良っか」と、どこかで思った経験もみなさんあると思います。

それが、正直なところ。

でも、シングルスってそうはいかないんですよね。

 

3.全部出る、のがシングルスの試合

当たり前ですが、コートの上では一人。

だからこそ、全部出る、持っているもの全てで勝負してくのがシングルスの試合、です。

当然相手も一人、ですからそこに言い訳の余地は無い。

この試合に勝てば、やっぱり自信になる経験値が違うと思うんですよね。

もちろん、逆に自信を失う可能性だってありますよ。

周りから見られる目、も違うでしょう。

でも、その勇気を出して一歩踏み出す、ことが私は大事だと思っています。

 

4.シングルスの試合に出ている人は、自立出来る

テニスで自立、みなさん出来ていますか?

自分で考える、練習を組み立てる、パートナーに安易に任せない、主体的に行動していく。

これは、シングルスの試合に出ている人、が圧倒的に優れている部分です。

言い換えれば、自分としっかり向き合えているんですよね。

ダブルスの試合、も大事ですが、やはりどこか人任せ、群れる感覚ってあるでしょう。

そこに危機感を持つ機会って、少ないはず。

シングルスの試合、やっぱり出た方が良いです。

苦しむこと、覚悟の上で。

 

シングルスの経験は、ダブルスでも活かせる。

これは、上のレベルになればなるほど、顕著になります。

体力が無いから無理?

試合に出れば、シングルスの試合の発想自体、変わると思いますよ。

自分のメンタルを鍛える、テニス感を変えていく、のにはシングルスの試合は最適です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと

    シングルスの試合、攻撃していくときにミスしてしまう人。それって…

  2. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

    アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です…

  4. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

    シングルスの試合を観ていると、テニスは本当にポイントを「締める」技術が…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「いかにも」というタイミングでネットに出ても・・・

    ストロークのレベルは、年々上がっている。すごく実感するんですが…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を…

    昔のアガシ選手がそうでしたが、サーブをリズム良くポンポン打ってくる相手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント
  2. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでネットミスが多い人は、ボールの上側を触っている
  5. テニス 練習

    Q&A

    Q&A「テニス弱小校の僕たちに、練習メニューを考えて欲しい」
PAGE TOP