食事

シングルス

シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

テニスの試合は、ダブルス中心。

私の肌感覚では、T-PRESS読者のみなさんの7割くらいはこういう方が多いと思います。

私も最近では、あまりシングルスの試合に出ることが無くなってしまいました・・・が、ちょっとここで、自戒も込めて。

シングルスの試合に出る、ということは、実はすごく大事なこと。

と、私は考えています。

 

シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

 

1.ダブルスの試合は、良くも悪くも・・・

2人の成果、2人の責任。

これは事実でしょう。

もちろん、勝てば嬉しいし、自信にもなる。

でも、どこかで「パートナーのお陰かな・・・」という部分、も拭えない。

実際に試合では、半分は味方が守ってくれている訳ですしね。

良いポイントも、自分一人で取れる回数なんて限られている。

だからこそ、自分に対しての明確な自信にはつながりにくい、のがダブルスだと思います。

それは、対戦相手に対しても言えること、でしょう。

 

2.どんなに強い相手を、ダブルスで倒しても・・・

実際には、成果は半分。

いや、両方強いペアもいると思いますよ。

でも、ダブルスの試合で勝ったとしても、それはその人個人に対して勝った、とは言えないと思います。

少なくとも、私自身はそういう気持ちになれない。

上手く作戦や準備で勝った、のはもちろん嬉しいんですけど、やっぱり1対1の勝負とは訳が違う。

ダブルスって、誤魔化しが効くんですよ。

試合中、「まぁダブルスだし、良っか」と、どこかで思った経験もみなさんあると思います。

それが、正直なところ。

でも、シングルスってそうはいかないんですよね。

 

3.全部出る、のがシングルスの試合

当たり前ですが、コートの上では一人。

だからこそ、全部出る、持っているもの全てで勝負してくのがシングルスの試合、です。

当然相手も一人、ですからそこに言い訳の余地は無い。

この試合に勝てば、やっぱり自信になる経験値が違うと思うんですよね。

もちろん、逆に自信を失う可能性だってありますよ。

周りから見られる目、も違うでしょう。

でも、その勇気を出して一歩踏み出す、ことが私は大事だと思っています。

 

4.シングルスの試合に出ている人は、自立出来る

テニスで自立、みなさん出来ていますか?

自分で考える、練習を組み立てる、パートナーに安易に任せない、主体的に行動していく。

これは、シングルスの試合に出ている人、が圧倒的に優れている部分です。

言い換えれば、自分としっかり向き合えているんですよね。

ダブルスの試合、も大事ですが、やはりどこか人任せ、群れる感覚ってあるでしょう。

そこに危機感を持つ機会って、少ないはず。

シングルスの試合、やっぱり出た方が良いです。

苦しむこと、覚悟の上で。

 

シングルスの経験は、ダブルスでも活かせる。

これは、上のレベルになればなるほど、顕著になります。

体力が無いから無理?

試合に出れば、シングルスの試合の発想自体、変わると思いますよ。

自分のメンタルを鍛える、テニス感を変えていく、のにはシングルスの試合は最適です。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    強いシングルプレイヤーは、ポジショニングがすごく細かい

    シングルスの試合で、結果を出したい。と思って強い選手を色々観察…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で使える、相手を前後に振り回すロブボレー術

    シングルスの試合で、使えるテクニックの1つ、をご紹介。ドロップ…

  3. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に観るフェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ

    シングルスの試合を進めていくうえで、ぜひ使って欲しいのがドロップショッ…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず…

  6. テニス フットワーク

    シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合、「雁行陣で行き詰ったとき」には、前衛が守備を捨てるのも有りだと思…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを一歩で動いて打つ人は、「ほとんどが腰が残ったボレー」になっちゃってるから…
  3. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの…
  4. テニス 練習

    フットワーク

    遅いボールを見た時に、普通の人は自分の動作までゆっくりになる
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「苦手ショットに陥る人たち」を改善する為の、有効な打点と対策法
PAGE TOP