テニス フットワーク

メンタル

ギブアップしない相手を、負かすことは誰にも出来ない

試合に出れば、勝つこともあれば負けることもある。

いや、実際には負けることの方が圧倒的に多いのが普通、ですよね。

でも、みなさん、諦めてはいけません。

非常に苦しい戦いですが、私はいつも、この精神で戦い続けているつもりです。

結果はあくまで結果。

大事なのは、私たちがどう生きて立ち向かっていくか、です。

 

ギブアップしない相手を、負かすことは誰にも出来ない

 

1.試合に負けても、また立ち上がればいい

私たちには、試合があります。

決してたくさんではないですが、大事な試合は毎年ある。

もちろん、その一回一回に、すごく真剣に取り組むのは当たり前。

でも、どんなに頑張っても試合に負けるときは負ける、のがテニスの試合、です。

悔しいですが、試合に負けるということはアナタに突き付けられた現実。

でも、大事なのはそこから、ですよ。

その負け、をどう活かしていくのか、はアナタ次第です。

 

2.ギブアップするから、それは負けになってしまう

テニスの試合、本当に手も足も出ないような負け方、することありますよね。

「テニスを始めたのは社会人からだし、もう限界かな・・・」

「毎日レッスンしているようなコーチには、試合で勝てないよな・・・」

と、心が折れそうになることもあるでしょう。

私だって、毎回そうです。

でも、ギブアップはしたくないんですよね。

だって、それは自分自身で決めること、ですから。

 

3.相手に負かされるより、自分に負ける方が100倍辛い

実際、自分に負けたと感じること、みなさんもあるでしょう。

人生の中で、テニス以外の場面でも。

大事なのは、そういう経験を自分で知っている、意識出来ているかどうか、です。

私自身、たくさん自分に負けてきました。

テニスでも、そう感じた場面、あります。

でも・・・逆説的ですが、だからこそ頑張れるんですよね。

自分の弱さも知っているし、逆にそれで強くなった部分も知っている。

こういう感覚を持っている人は、テニス選手としても成長していける、と私は考えています。

 

4.自分がギブアップしなければ、道は開ける

実際に、試合の現場でもそうだと思います。

諦めない相手を倒すのは、本当に難しい。

これは、実力関係なくテニスの試合、すべてに言えることだと思いますよ。

もっと言えば、その試合に勝ったとしても、諦めない選手はまたどこかで対戦することになる。

これは、テニス界ではあるあるな話、です。

ギブアップしない相手に、ずっと勝ち続けるなんて本当に難しい。

アナタ自身、挑戦者の立場で考えてほしいこと、でもあります。

強い相手、本当に手も足も出ないような相手、こそ何度でも立ち向かって倒していきたいじゃないですか。

厳しい道のりですけど、T-PRESSはそんなみなさん、テニス選手を応援し続けていきます。

 

諦めるのは、いつだって自分自身です。

自分自身で弱くもなれるし、強くもなれる。

それはテニスコート上でもそうですし、人生においても一緒、だと思います。

テニスから得たもの、私はたくさんありますが「ギブアップしない相手は、倒せない」ことも、そうですね。

常に挑戦し、挑戦を受ける。

だからテニスの試合は、最高に楽しいんです。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「今日の練習で良かったこと」を毎日一つテニスノートに記録していけば、それは自信に変わる

    テニスノートについて、たくさんご質問を頂きました。私自身、どん…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い

    「勝っている試合を、まくられてしまう・・・」「どうしてもメンタ…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる

    テニスの試合で、自分は「守備が得意だ!」と言える方、どれくらいいでしょ…

  4. テニス サーブ

    メンタル

    「テニスコートは楽しい場所?」現役選手なら、その考えは甘いかも知れません

    試合での厳しさ、を知っている選手なら分かる。いや、試合に出てい…

  5. テニス 試合

    メンタル

    「相手がどこに打つか分かるかい?」テニスの試合で必要な予測と思い切った実践力

    相手選手がサーブを打とうとしているとする。レシーブのあなたはそ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの基本は、「しっかり打ってから前に出る」で良い
  2. テニス 感覚

    メンタル

    スランプ脱出の鍵は、過大評価してしまう過去からの決別が一番
  3. テニス 試合

    メンタル

    「試合になると練習と別人になる・・・」人はココを意識して、変えてみよう!
  4. テニス 走力

    フットワーク

    「直線ダッシュで高速スィング」ができるようになると、今のテニスの実力でもスピード…
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める
PAGE TOP