テニス ストローク

戦術

ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる

テニスの試合、諦めるのが早い選手っていますよね。

遠くのボール、を追う気配が無い。

確かに追い付いても厳しい、だったら追わないで体力温存・・・というのも作戦としては有り、なのかも知れませんが、これって実は致命的な問題になる。

私が思うに、相手を乗せてしまう効果が大きいように思います。

確かに良いサーブ、なんだけど、相手が反応出来ないと・・・どうでしょう。

サーブ側の選手をどんどん、乗せてしまいませんか?

 

ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる

 

1.ナイスショットは、「相手ありき」で考えよう

テニスは、対人競技。

相手あってのスポーツですから、相手の動きも含めて「良いショット」が決まっていく。

この意識を持って、しっかり自分と相手と向き合うことが大事です。

確かにナイスサーブ!でも、触るか触らないか、は大きな違いになる。

ラリーからのポイントでもそうですね。

アナタ自身が諦めることで、相手のショットを「より良いモノ」にしてしまう。

こういう危機感を持っておかないと、相手はどんどん調子に乗って良いプレーの精度を上げてくる。

確かに強い相手、もいます。

ですが、アナタ自身が引き出している強さ、を意識しないとその実力差は埋まりません。

 

2.相手を強くしているのは、自分自身である

私はいつも、この意識でプレーしています。

相手のナイスショットは、いつも「自分が引き出しているのではないか?」と考える。

自信を持って打たれているのなら、それは自分が鴨になっている証。

触ろうとして動く、本当にピンチなら先に予測して動く、ことも大事な要素になるでしょう。

諦めた素振りを見せることで、相手を強くしてしまう。

メンタルの問題じゃない。

アナタ自身が試合に勝つ確率を上げる為に、必要なのはボールを最後まで追うこと。

相手のナイスショットを減らすこと、その工夫を継続すること、です。

 

3.ボールを最後まで追わないと、見えて来ない世界がある

これは、テニスに限らないと思います。

最後までしっかり追う、ことをしないと、見えて来ないもの、たくさんあるはずです。

ギリギリまで追いかけて、触ったボールの感覚、をどう練習に活かすのか。

少しだけスライスをかける、にはどういう入り方が必要なのか。

これって、実際に試合でボールを追いかけてみないと分からないこと、なんです。

いくら打ち方を教わっても、感覚として自分で気付けないと絶対に上達はしない。

教えているコーチも、自分でボールを追いかけてポイントは落としても自分で経験してきた、から分かることだし教えられるんですよね。

最後までしっかり、ボールを追ってみる。

これこそ、今のアナタに必要な要素じゃないですか?

 

4.返球すれば、何かが起きるのが「試合」です

試合の怖さ、はここにあります。

とにかく1球でも返球すれば、何かが起きるかもしれない。

練習だと、なんてことない返球でも、試合だと違う。

もの凄いプレッシャーの中で、簡単なボールを打つのってすごく大変。

1球でも多く返球すると、試合では何かが起きてくれる。

だからこそ、「これを返しても、決められて一緒か・・・」という発想は捨てましょう。

辛いけど、諦めないでボールを最後までボールを追う。

これが出来ないともったいないですよ、試合という現場では。

 

諦めるかどうかって、練習から分かる。

この選手、試合に出ていないな・・・というのは、練習でのボールの追い方で分かります。

1球でも触る、返すことの重要性を身を以て知っている選手は、練習から違う。

そういう雰囲気を持った選手相手に練習、出来ているかどうか。

これは、アナタ自身、そして所属するチームによって大きな差になる。

この部分だけは、覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合で使う自分のテニスに、「オリジナルの作戦名」を付けると、すごく試合は楽しくなる

    試合で使う作戦、皆さんはしっかり実践出来ていますか?せっかく準…

  2. 戦術

    男子ダブルスのボレーは、振るより押し込みで

    男子ダブルスの、ボレー戦。この打ち合いを制することが出来れば…

  3. 戦術

    ネットの近くでストローク、ベースライン近くでボレー

    試合に出ていると、練習と違うこと多くありますよね。相手も自分を…

  4. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ

    テニス選手としてんじょ、「形を作りたい」。私もずっと、これは考…

  5. テニス 大学

    戦術

    結局「試合の大事なポイント」とは、どこなんだろうか?

    良い試合は出来るけど、競り負けてしまう。強い相手との試合、最後の最…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    「つなぎのボールの精度」を上げないと、そもそも強い相手には粘れない

    強い相手に、粘って試合を進める。何とか接戦に持ち込めば、試合の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ボレー

    ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為
  2. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドは、肘を伸ばした打点でパワーアップ!
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ
  4. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で「トップスピンのストロークをスライスで粘りたい」ときに、必要なボー…
  5. テニス サーブ

    リターン

    切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる
PAGE TOP