テニス 雨

練習メニュー

「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく

皆さんは普段の練習、どういう「決まり」で進行してますか?

時間?球数?

人数が多いと、なかなか自分の時間を確保するのも難しいですよね。

特にテニススクールではローテーションも早い。

でも、だからこそ意識して欲しいポイントがあるんです。

それは、練習ではとにかく自分の限界に挑むということ。

試合で「あと1本」という返球が出来る、というメンタルを養っていくこと。

普通の人が諦めるところで、「あと1本」を絞り出せる選手が、試合で勝っていくのですから。

 

「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく

 

1.テニスのルールを考えると・・・?

シンプルに、1球でも多く、相手のコートに返球した方がポイント、を得ることが出来ます。

相手のコートにバウンドさせる、相手のボールがアウトする。

こういうポイントを増やす為には、1本でも多くアナタ自身が相手コートに返球しないといけない。

厳しい現実ですよね。

ですが、試合の現場で「あと1本」を絞り出せる選手は練習から意識が違う。

ルールを知っているから、練習で養うべきポイントが分かってるんです。

 

2.時間と球数、満たしたら・・・終わり?

つい、私たちは練習でこう考えがちです。

決められたローテーションで、決まった球数、時間をこなせば、練習は終わる。

自分がどんなに厳しくても、辛くても、規定数で自分の苦しみから解放される。

これって、試合では有り得ないこと。

相手が粘り強ければ、それこそラリーなんて永遠と続きますからね。

試合で「1本」を絞り出せる選手になるには、何が練習で必要でしょうか・・・?

 

3.疲労した状態で、1本粘れるかどうか?

短い時間でも、しっかり自分を追い込む。

学生の皆さんなら、ランニングの後に球出し練習、でも良いでしょう。

ラリー形式でも、相当厳しい球出しをして、そこを凌いだところからスタート。

相手はどんどん攻めてくる中で、ひたすら返球しながら相手のミスを誘うような練習、を疲労した中でどれだけできるのか?を問いかけてみる。

テニススクールでは、どうでしょう?

短い時間、狭いスペースでも、しっかり序盤から自分なりにハイペースで入って、後半に疲労した状態を作る。

前のボール、浅いボレーでも絶対にあきらめないで拾う。

試合で1本返すことの重要性、が分かっている選手は、練習から絶対に手を抜きませんからね。

抜いていると、試合で諦める癖が付いてしまいますから。

 

4.「あと1本」を絞り出す技術を磨こう

でも、メンタルだけ鍛えても技術が伴わないと拾えない。

スライスやポジショニング、がしっかりしていないと、相手の攻撃をコートに返球するのは難しい。

まずは本気で、自分が疲労した状態で遠くのボールをどう返球出来るのか。

横、前、後ろ・・・皆さんは、自分が「あと1本」を絞り出せる技術を持ってますか?

上手い選手、試合で勝っている選手は、こういう球際に強い。

下がってロブ、前に走ってドロップ、色々な返球方法を知っています。

もっと私たちも、研究していきましょう。

メンタルを鍛えつつ、しっかり技術を磨く。

あと1本、を絞り出す為に。

 

5.厳しいボールの返球は、何よりの自信になる

私も自慢ではないですが、こういうプレーは好きです。

「あと1本」を絞り出して、相手のミスを誘う。

そうなると試合は大きく動くし、自分の自信にもなる。

結構厳しい試合、を勝ち上がる自信があるのは、この粘る技術があるからだと思います。

さすがにもう体力は落ちてきましたが、その分技術でしっかりカバーできる。

研究してきたこと、意外と使えるなという自信がありますからね。

 

次回以降は、もっと具体的にこの粘りの技術について書いていきたいと思います。

厳しい試合、が多いのがテニス。

でもそれは、相手も同じ。

「あと1本」を絞り出せる選手が、最後は勝っていくんですよ。

この現実、から目を背けてはいけない。

さぁ、練習から「あと1本」を絞り出していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス 指導

    練習メニュー

    試合から逆算する、のが練習の本質です

    今日も明日も、バッコンバッコン。テニススクールやレンタルコート…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう

    練習を自分の中で、習慣化してしまう。これはとても、怖いこと。…

  3. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう

    漫画「ベイビーステップ」を読んでいると、感じるものがある。著者…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習

    練習は、厳しく。でも、実際にどういう目的、感覚で練習すれば試合…

  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    何がキツイって、毎回同じ練習の繰り返しが一番キツイはず

    キツイ練習、楽な練習。皆さんは、何をもってキツイ、楽だと判断し…

  6. 練習メニュー

    練習や試合で、ラスト10分のパフォーマンスを上げよう

    これ、みなさんぜひ意識してみて下さい。疲れたとき、苦しいとき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために
  2. テニス メンタル

    戦術

    今対戦している相手は、「また次に対戦するかもしれない」からこそ、完膚なきまで叩い…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う
  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスというルールの中で、自分の土俵を作れば試合に勝てるはず
  5. テニス リターン

    ストローク

    フォアハンドストロークを、しっかり逆クロスに振り切るコツ4つ
PAGE TOP