テニス メンタル

戦術

内角を攻めれない選手に、未来は無い

今日は、久しぶりに野球観戦。

オープン戦ですが、東京ドームに行ってきました。

そこで感じたこと・・・改めて、ですが、相手に向かっていくことの大切さ、です。

ピッチャーが相手バッターの内角、つまりは身体に近い場所に投げ込んでいくこと。

これが出来るかどうか、はテニス選手としても大事なことだと思います。

 

内角を攻めれない選手に、未来は無い

 

1.内角に投げるのは、誰だって怖い

ピッチャーがバッターに向かって投げる、そのボールが当たればデッドボール。

そのまま1塁に歩いていくこととなり、ピンチになります。

それだけじゃなく、相手を怒らせてしまう可能性も高いですからね。

内角に投げる勇気、を本当に持てるピッチャーって、意外と少ないんですよね。

相手を怒らせてしまうこと、にビビってしまうのが自然でしょう。

でも、この怖さを乗り越えた先に、相手を凌駕することが出来る。

これって、テニスも一緒だと思いますよ。

 

2.前衛へのストレートアタック、も一緒です

相手前衛に向かってリターンをぶつけていく、ダブルスでの場面もそうです。

ストレートアタック、が出来ない人は、やっぱり相手にビビっている。

「当ててしまったら、何て思われるか・・・」と、考えてしまいますよね。

成功するかどうか、よりも、相手前衛が怖くなってしまう人、が多いのが現実です。

相手の内角、つまりは本当に身体に近い場所を、試合で使っていく。

これが大事、なんですよね。

 

3.相手の懐を突いていく、ことに快感を覚えるようになろう

相手の懐、つまりは本当に痛いところを突いていくこと。

これが、一番、今のアナタに必要なことだと思いますよ。

普段の生活では、なかなかできないですからね。

むしろ、相手を怒らせないように、不快にさせないように、考えながら行動している感じ、じゃないでしょうか?

でも、テニスの試合では、これが必要なんですよ。

デッドボールになるかどうか、わからないくらいの内角を突いていく。

デッドボールになっても良い、くらいの覚悟がないと、本気で内角は突けないですからね。

テニスの試合でも、これが大事なんです。

 

4.向かってくる相手は、誰だって嫌なもの

たとえ、実力差があったとしても、嫌なはず。

恐れずに向かってくる相手、にアナタ自身なれているでしょうか?

時には、相手の正面を突いたりして、精神的なダメージを負わせていく。

綺麗に勝つことだけ、を考えていては、きっとこういう発想は難しい。

泥臭く、心理戦を挑んでいくには、内閣を攻めていかないと。

テニスの試合、この覚悟だけでも変わっていくと思いますよ。

 

まずは、身近な人に勝負を挑んでみる。

テニスは、顔にさえ当てなければ大ケガはしません。

むしろ、本気で相手のことを考えるなら、しっかり内角を突いたような攻撃、をすることが相手の練習にもなるはずです。

テニスの試合、相手を避けて勝つことはできない。

どんどん、向かっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス 走力

    戦術

    ミスのレベルを上げていく、ことこそテニス選手としての成長

    自分の成長を測るものさし。これは、しっかり意識しておかないとダ…

  2. テニス 計算

    戦術

    「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、楽しいと歓迎出来る自分になろう

    試合中に、「何かまるで、コーチみたいな配球・・・」と思えるくらい、しっ…

  3. テニス 打点

    戦術

    試合の逆転、はそのずっと前に布石がある

    テニスの試合、悔しい逆転の経験、みなさんもありますよね。される…

  4. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

    ダブルスの試合、相手をチェックしていると見えて来るものがある。…

  5. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくることを覚えておこう

    試合の中で、アナタの強みや弱み、弱点や武器。それは、対戦相手に…

  6. テニス メンタル

    戦術

    相手を動かすショット、こそテニスの試合で使えるショットであるという事実

    ビッグなショット、決め切るショット。もちろん、それは大事。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで…
  2. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイン…
  3. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、…
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの練習では、「コートを分割した状態でも、自分の守る範囲」を強く意識しないと…
  5. ストローク

    相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!
PAGE TOP