テニス メンタル

戦術

内角を攻めれない選手に、未来は無い

今日は、久しぶりに野球観戦。

オープン戦ですが、東京ドームに行ってきました。

そこで感じたこと・・・改めて、ですが、相手に向かっていくことの大切さ、です。

ピッチャーが相手バッターの内角、つまりは身体に近い場所に投げ込んでいくこと。

これが出来るかどうか、はテニス選手としても大事なことだと思います。

 

内角を攻めれない選手に、未来は無い

 


 

1.内角に投げるのは、誰だって怖い

ピッチャーがバッターに向かって投げる、そのボールが当たればデッドボール。

そのまま1塁に歩いていくこととなり、ピンチになります。

それだけじゃなく、相手を怒らせてしまう可能性も高いですからね。

内角に投げる勇気、を本当に持てるピッチャーって、意外と少ないんですよね。

相手を怒らせてしまうこと、にビビってしまうのが自然でしょう。

でも、この怖さを乗り越えた先に、相手を凌駕することが出来る。

これって、テニスも一緒だと思いますよ。

 

2.前衛へのストレートアタック、も一緒です

相手前衛に向かってリターンをぶつけていく、ダブルスでの場面もそうです。

ストレートアタック、が出来ない人は、やっぱり相手にビビっている。

「当ててしまったら、何て思われるか・・・」と、考えてしまいますよね。

成功するかどうか、よりも、相手前衛が怖くなってしまう人、が多いのが現実です。

相手の内角、つまりは本当に身体に近い場所を、試合で使っていく。

これが大事、なんですよね。

 

3.相手の懐を突いていく、ことに快感を覚えるようになろう

相手の懐、つまりは本当に痛いところを突いていくこと。

これが、一番、今のアナタに必要なことだと思いますよ。

普段の生活では、なかなかできないですからね。

むしろ、相手を怒らせないように、不快にさせないように、考えながら行動している感じ、じゃないでしょうか?

でも、テニスの試合では、これが必要なんですよ。

デッドボールになるかどうか、わからないくらいの内角を突いていく。

デッドボールになっても良い、くらいの覚悟がないと、本気で内角は突けないですからね。

テニスの試合でも、これが大事なんです。

 

4.向かってくる相手は、誰だって嫌なもの

たとえ、実力差があったとしても、嫌なはず。

恐れずに向かってくる相手、にアナタ自身なれているでしょうか?

時には、相手の正面を突いたりして、精神的なダメージを負わせていく。

綺麗に勝つことだけ、を考えていては、きっとこういう発想は難しい。

泥臭く、心理戦を挑んでいくには、内閣を攻めていかないと。

テニスの試合、この覚悟だけでも変わっていくと思いますよ。

 

まずは、身近な人に勝負を挑んでみる。

テニスは、顔にさえ当てなければ大ケガはしません。

むしろ、本気で相手のことを考えるなら、しっかり内角を突いたような攻撃、をすることが相手の練習にもなるはずです。

テニスの試合、相手を避けて勝つことはできない。

どんどん、向かっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. 戦術

    ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している

    そんなに強く無さそうなのに、なぜか試合で勝てない相手、いませんか?…

  2. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

    みなさんが試合で、失点するとき。それって、「何となく」でプレー…

  3. テニス ハードコート

    戦術

    「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います

    最近頂いたご相談の中で、こういう内容のものがありました。「団体…

  4. テニス 打点

    戦術

    試合の逆転、はそのずっと前に布石がある

    テニスの試合、悔しい逆転の経験、みなさんもありますよね。される…

  5. テニス 打点

    戦術

    「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い

    テニスでは、確かに実力差がある対戦もある。それはプロ選手の試合…

  6. テニス メンタル

    戦術

    アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?

    練習でも団体戦でも、「アイツに任せておけば大丈夫!」と思われている選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 環境

    練習メニュー

    アナタのテニスが成長していけば、「周りの成長に繋がる」から良い循環が生まれる
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しまし…
  3. 練習メニュー

    逆転出来る選手になる、とっておきの練習法
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ
  5. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?
PAGE TOP