テニス サーブ

サーブ

フラットサーブに必要な、リストワーク4つ

フラットサーブ、をしっかりファーストサーブで打っていくこと。

これは、自分のオプションとして持っておくと、試合でも楽に戦えます。

リードしたサービスゲームでは、しっかりフラットサーブも見せておくことで相手のプレッシャーにもなる。

今回は、そのフラットサーブに必要なリストワーク、手首の使い方の基本についてまとめてみました。

 

フラットサーブに必要な、リストワーク4つ

 

1.手首を使い過ぎない

スピンサーブやスライスサーブでは、ボールと当たる瞬間に外側に手のひらを返していく。

プロネーションを効かせた打ち方が必要ですが、フラットサーブはどうでしょう。

私は、あまり手首は使わないでナチュラルにボールに当てて、上方向に自然にラケットを出していく。

そして、ボールを打った後に自然に手のひらを外に向けていくような動き、が必要なんじゃないかと思っています。

手首を少し使うにしても、打った後に自然に使う、という感じで良いと思います。

 

2.打つ前までは手首を固定しておく

フラットサーブ、リラックスしながらもしっかり手首は固めておく。

この基本はしっかり、意識して欲しいと思います。

腕とラケットの角度は私の感覚では、120度くらいに保っておく。

そして、打つ直前にその角度を少しだけ180度に近付けていく、ような感じで打ってみて下さい。

固定しておいて、打つ直前に開放していく。

ただし、1.で書いたように手首を使い過ぎない、ことが大事ですね。

 

3.手首を高い位置でフィニッシュさせる

手首を高い位置、で終える。

打ち終えて、下に下がってくるような感じだと、ほぼネットしてしまうでしょう。

高い位置で打ち終わるだけで、かなりフラットサーブが入る確率は上がると思いますよ。

とにかく、上方向に抜けていく、リストワークも自然な形で。

下からコートをキックする力も使って、力強いフラットサーブを打っていきましょう。

 

4.グリップは握り過ぎないことが一番

リストワーク、とはちょっと異なるかも知れませんが。

とにかく、グリップを握り過ぎないようにしましょう。

握るのは、ボールを打った後くらいの意識でちょうど良い。

強く握ると、自然なリストワークが使えないですからね。

自然なリストワークが使えると、自然とボールに伸びが出る。

バウンドしても失速しない、フラットサーブになるはずです。

 

打つことで、相手にプレッシャーをかけることができる。

フォルトしても、相手に「お!」と思わせれば、その次からのサーブに活きて来ますから。

「力も無いし、フラットサーブなんて打てないよ・・・」と思ってる、ベテラン、女性の方もチャンスですよ。

だって、そうやって打たない人、が同じカテゴリには多い訳ですから。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

    セカンドサーブの重要性、試合に出ている方ならご理解頂けるはず。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「相手のリターン位置からサーブのコースを決める」ために必要な知識とは?

    自分がサーブを打つ時に、リターン側の選手のどこを見るか?まずは…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「やってみたら、勝てる可能性アップ!」シングルスの試合でサーブ&ボレーが有効な対戦相手の特徴4つ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレー、皆さんは1試合に何回くらい入れます…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく

    1ゲーム目から、ものすごいサーブを打ち込まれる。そうなると、戦…

  5. テニス 確率

    サーブ

    最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

    ほとんどの試合、ウォーミングアップでサーブ練習くらいですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    その他

    「あぁ・・・助かるなぁ」と、試合中に感じた相手のプレーをまとめておくと参考になる…
  2. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの
  3. フットワーク

    「粘れる足」を持っているとテニスの試合では強い
  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみ…
  5. テニス 不安

    メンタル

    テニス選手なのに見苦しい「試合に負けて、言い訳ばかりする人」の特徴5つ
PAGE TOP