テニス ダブルス

ダブルス

ボレーが手堅い並行陣ペアは、どうやって崩そう?

ダブルスの試合に出ていると、きっとこういう難敵が待ち構えているはず。

男子ダブルスでも女子ダブルスでも、手堅い並行陣を敷いて来る相手、厄介ですよね。

今回は、あくまで私の崩し方、をみなさんと共有したいと思います。

焦らず、じっくり、でも時に大胆に。

並行陣ペアは、崩し方さえ覚えれば戦えます!

 

ボレーが手堅い並行陣ペアは、どうやって崩そう?

 

1.まず、相手後衛のポジションをチェック!

並行陣と言っても、その陣形は微妙に違います。

女子ダブルスの方であれば、後衛がサービスラインくらい、でしょう。

男子ダブルスであれば、もっと前、サービスエリアの真ん中、くらいの方も多い。

これは、男子ダブルスであれば沈められるストロークが強力なのと、下がる脚力がある選手の場合、前にポジションを取れるというのが背景としてあります。

女子ダブルスの試合は、ロブも増えますからね。

自然と並行陣でも少し下がり気味、な陣形になる。

この違いをまずは確認しながら、相手後衛のポジションを見る、ところがスタートです。

 

2.下がり目の並行陣には、ショートクロスを使う

これがまず、原則です。

相手の並行陣の後衛選手がかなりネットから離れていたら、ショートクロスのショットは必要。

相手を動かすくらいのイメージで、しっかり振り切る。

その後は、今度はストレートロブですね。

カバーに入るはずの後衛の選手をショートクロスで動かした後は、ストレートロブが面白いように決まるはず。

とにかく、相手の後衛の選手を大きく動かすこと。

相手前衛の選手が出て来るようなら、早めにストレートに打って足止めしておくこと。

そうすれば、下がり目の並行陣でも粘ることは難しいと思いますよ。

 

3.前めな男性並行陣は、センターセオリーで!

男子ダブルスで、前寄りな並行陣を敷いている場合。

これは安易に沈めにいっても、高い打点でボレーされてしまう可能性も高い。

ロブも有効ですが、脚力がある若い男性ペアだと、ここもしっかり打たれてしまいますよね。

狙い目は、とにかくセンター。

若いペアが多いでしょうから、結構縦割り、分業制を敷いているようなケースが多いのが特徴です。

前衛に触られるのがちょっと怖いですが、それでもしっかり2人の間を低く突いていく、ようなストロークが打てると楽に崩せます。

触った相手、をどんどん連続攻撃していけば、きっと乱れてくるはず。

前に出て来る圧迫感、に負けてはダメです。

 

4.並行陣は、決して攻撃的な陣形じゃない

つい、私たちはプレッシャーに感じてしまいますよね。

相手が2人で前、のような景色を見せられると、逃げたくなる、強打したくなる。

でも、並行陣って実は出来ることは少ない。

むしろ守りの陣形ですから、しっかり攻撃していけば必ず勝機は見い出せます。

自滅を誘う相手の誘惑、に屈しないこと。

これが一番です。

 

後衛のポジション、によって戦い方を変える。

相手の並行陣、目の付けどころさえ間違わなければ怖くない。

その為に、ショートクロス、ロブ、センターアタックの3種類のショットは、しっかり打てるようにしておきましょう。

並行陣ダブルスを倒す快感、ぜひ味わってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス 言葉

    ダブルス

    後衛に任せるにしても、パッと任せれば相手はプレッシャーに感じるはず

    私は何度も、前衛はなるべくロブを後衛に負かせないで、スマッシュを打つ方…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「一喜一憂しないこと」が、ダブルスパートナーへの信頼の証

    ダブルスパートナーとの、信頼関係。みなさん、しっかり築けている…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る

    ダブルスの試合で、流れを大きく動かすのはやはりポーチ。前衛の動…

  5. テニス シングルス
  6. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない

    ダブルスの試合、良いコンビネーションを繰り出してくるペアは、どこが優れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ
  3. テニス メンタル

    その他

    大学テニスの大会を観ていて感じる、「閉塞感の源はどこにあるのか?」を考えてみる
  4. テニス スマートフォン

    戦術

    自分の力を知ることが、テニスでは凄く難しいということ
  5. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!
PAGE TOP