テニス ミス

Q&A

Q&A「強くなるために、プライドは持った方が良い?持たない方が良い?」

アンケートにお答え頂いたみなさん、ありがとう御座いました!

お忙しい中、すごく長文で送って下さる方が多くて、今回も隅から隅まで、読ませて頂いております。

その中で、3人の方から頂いたご質問がこちら。

試合に勝つために、プライドって必要?あったら邪魔にならない?

という問題について。

私自身の考え、をここでは書いてみたいと思います。

 

Q&A「強くなるために、プライドは持った方が良い?持たない方が良い?」

 


 

1.プライドは内に秘めて、自分で育てていくもの

私自身は、プライドは持った方が良い、と考えています。

持つ、というよりも育てていく。

自分の内側に、常に火を付けて育てていく・・・ようなイメージでしょうか。

厳しい練習を積むことで、「これだけやったんだから、簡単に負けるのはもったいない」と思えるようになる。

これも一つのプライド、ですよね。

ですが、このプライドは簡単に表に出してはいけない。

私はそう思いますよ。

 

2.プライドがマイナスに作用するのは、自分を守りたいと考える時

みなさんも、経験あると思います。

私だって、たくさんあります。

自分自身のイメージを守りたい、恥ずかしい想いをしたくない、と考えている時にはプライドがマイナスに作用するでしょう。

結局、小さいことを気にして損をすると思います。

「一緒に練習して下さい」の一言が言えないで、上達が遅くなる。

逆に言えば、自分自身へのプライドをしっかり持っているからこそ、こういうコミュニケーションが取れる。

「プライドを捨てて」とは違うと思います。

勝ちたいというプライド、があるからこそ、小さいことは考えない。

これが大事だと思います。

 

3.シンプルに「人を不快にさせることを、しない」と心がけてみる

プライドが高い人って、みなさんイメージどうでしょう。

きっと、悪いですよね・・・すぐに「この人と、あの人と・・・」と浮かんでくると思います。

気を付けないと、内に秘めているプライド、間違った方向に出てしまうとすぐに人は離れていきます。

「人を不快にさせること」を、しないと心がけてみる。

これだけで、かなりアナタ自身得をすると思いますよ。

プライドを持っている自分を、認める。

認めたうえで、そのプライドが間違った方向に出ないように、自分をコントロールする。

難しいことですが、そのコントロール力も、大事なテニス選手としての実力です。

 

4.アナタ自身のプライドは、試合で最後のエンジンになってくれる

試合で、苦しい場面。

どうしても最後、自分をプッシュしていきたいとき・・・最後のパワーになってくれる。

最後のエンジンは、アナタ自身のプライド、でしょう。

「俺をなめるなよ!」という気持ち、が無いと、試合の最後は難しい。

冷静に、でも内側に秘めた想いを醸成させておくこと、私は大事だと思いますよ。

少なくとも、このT-PRESSを日々読んで頂いているみなさんは、それだけでかなりの努力、をしていると私は思います。

毎日考えるきっかけ、に自分から飛び込んでいくことを繰り返している訳ですから。

「これだけのことを、やってきた」と自分を認めてあげて下さい。

それがアナタ自身のプライド、になるはずです。

 

ちょっと、まとまりの無い文章になってしまいましたが・・・。

色々な意見があって良いと思います。

プライドなんて全く持たない方が良い、という人もいるでしょう。

プライドは高ければ高いほど、周りも寄せ付けないくらいで良い、という意見もあると思います。

ある意味、私の考えは真ん中の道、なのかも知れません。

でも、プライドが高い人、私は嫌いじゃないですよ。

自分の内に秘める闘志、が無い人は、テニスの上達も難しい。

不器用でも、良いじゃないですか。

T-PRESSは、そんないびつな一般プレイヤーを、これからも応援していきます。

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス 錦織圭

    Q&A

    Q&A「バックハンドストロークが、片手か両手か定まりません・・・」

    今回は男子高校生から、バックハンドストロークに関する質問です。…

  2. Q&A

    Q&A「前衛で、なかなかポーチに出ることが出来ません…どうすればたくさん触ることができますか…

    今回は、男性大学生の方から。サークルで活動して草トーナメントの…

  3. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」

    アンケートにて頂いたご質問の中で、数名に頂きましたので考えてみたいと思…

  4. Q&A

    Q&A「片手バックハンドのストロークが安定しません。良い方法はありますか?」

    今回は、大学生の男性の方からのご質問をご紹介します。片手バック…

  5. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?」

    今回は社会人の女性の方からのご質問です。毎月1万円前後をかけて…

  6. Q&A

    Q&A「ダブルスの試合で、相手のジャッジがそれぞれインとアウトで分かれました。この場合はどう…

    今回は、ダブルスで実際に起きてしまったケースで質問を頂きました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの成功率が上がらないのは、ラケット位置に問題有り
  2. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!
  4. テニス シューズ

    テニス知識

    テニスシューズは、「しっかりメンテナンスすれば長持ちする」ので、しっかり意識して…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおける経験値は、初めてからの時間の長さは関係無い!
PAGE TOP