テニス ミス

Q&A

Q&A「強くなるために、プライドは持った方が良い?持たない方が良い?」

アンケートにお答え頂いたみなさん、ありがとう御座いました!

お忙しい中、すごく長文で送って下さる方が多くて、今回も隅から隅まで、読ませて頂いております。

その中で、3人の方から頂いたご質問がこちら。

試合に勝つために、プライドって必要?あったら邪魔にならない?

という問題について。

私自身の考え、をここでは書いてみたいと思います。

Q&A「強くなるために、プライドは持った方が良い?持たない方が良い?」

1.プライドは内に秘めて、自分で育てていくもの

私自身は、プライドは持った方が良い、と考えています。

持つ、というよりも育てていく。

自分の内側に、常に火を付けて育てていく・・・ようなイメージでしょうか。

厳しい練習を積むことで、「これだけやったんだから、簡単に負けるのはもったいない」と思えるようになる。

これも一つのプライド、ですよね。

ですが、このプライドは簡単に表に出してはいけない。

私はそう思いますよ。

2.プライドがマイナスに作用するのは、自分を守りたいと考える時

みなさんも、経験あると思います。

私だって、たくさんあります。

自分自身のイメージを守りたい、恥ずかしい想いをしたくない、と考えている時にはプライドがマイナスに作用するでしょう。

結局、小さいことを気にして損をすると思います。

「一緒に練習して下さい」の一言が言えないで、上達が遅くなる。

逆に言えば、自分自身へのプライドをしっかり持っているからこそ、こういうコミュニケーションが取れる。

「プライドを捨てて」とは違うと思います。

勝ちたいというプライド、があるからこそ、小さいことは考えない。

これが大事だと思います。

3.シンプルに「人を不快にさせることを、しない」と心がけてみる

プライドが高い人って、みなさんイメージどうでしょう。

きっと、悪いですよね・・・すぐに「この人と、あの人と・・・」と浮かんでくると思います。

気を付けないと、内に秘めているプライド、間違った方向に出てしまうとすぐに人は離れていきます。

「人を不快にさせること」を、しないと心がけてみる。

これだけで、かなりアナタ自身得をすると思いますよ。

プライドを持っている自分を、認める。

認めたうえで、そのプライドが間違った方向に出ないように、自分をコントロールする。

難しいことですが、そのコントロール力も、大事なテニス選手としての実力です。

4.アナタ自身のプライドは、試合で最後のエンジンになってくれる

試合で、苦しい場面。

どうしても最後、自分をプッシュしていきたいとき・・・最後のパワーになってくれる。

最後のエンジンは、アナタ自身のプライド、でしょう。

「俺をなめるなよ!」という気持ち、が無いと、試合の最後は難しい。

冷静に、でも内側に秘めた想いを醸成させておくこと、私は大事だと思いますよ。

少なくとも、このT-PRESSを日々読んで頂いているみなさんは、それだけでかなりの努力、をしていると私は思います。

毎日考えるきっかけ、に自分から飛び込んでいくことを繰り返している訳ですから。

「これだけのことを、やってきた」と自分を認めてあげて下さい。

それがアナタ自身のプライド、になるはずです。

ちょっと、まとまりの無い文章になってしまいましたが・・・。

色々な意見があって良いと思います。

プライドなんて全く持たない方が良い、という人もいるでしょう。

プライドは高ければ高いほど、周りも寄せ付けないくらいで良い、という意見もあると思います。

ある意味、私の考えは真ん中の道、なのかも知れません。

でも、プライドが高い人、私は嫌いじゃないですよ。

自分の内に秘める闘志、が無い人は、テニスの上達も難しい。

不器用でも、良いじゃないですか。

T-PRESSは、そんないびつな一般プレイヤーを、これからも応援していきます。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「メンタルが強いって、要は開き直るってこと?」

    アンケートにて頂いたご質問ですが、これは私もよく考えさせられるテーマ。…

  2. Q&A

    Q&A「グリップの握りがしっくりしない気がします」

    今回は、久々に頂いたご質問の中から。自分の握るグリップが、なか…

  3. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」

    今日は、大学のテニスサークルの方からのご質問について。同じよう…

  4. テニス 前衛

    Q&A

    Q&A「やる気の無いテニス部員には、どう接していけば良いんですか?」

    新学期、部活やサークルの雰囲気がどうも盛り上がっていかない。何…

  5. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」

    今回は社会人女性の方からのご質問です。プロの試合でも、残酷なま…

  6. テニス ラケット

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.2

    前回に引き続き、アンケートにて頂いたご質問にお答えしていきます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう
  2. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い
  4. 戦術

    攻めたミスは気にしない、を本気で意識しよう
  5. テニス フェデラー

    メンタル

    失点したときこそ、あたかも得点したかのように振る舞おう
PAGE TOP