ボレー

スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

相手が粘ったスライス、よしチャンスだ!

と思ってボレーしようと思ったら・・・打ったボールが下に飛んでネット。。

こういう経験、みなさんありませんか?

相手のボールがスライス回転してるなら、普通の当て方でのボレーでは危険。

きっと、ちょっとの工夫で結果は変わるはずなんです。

 

スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

 

1.普通に打ったら、ボールが下に飛んでいく

スライスで飛んで来るボールを、普通にフラットなボレーで当てると、どうでしょう?

下方向、に飛んでいくと思いませんか?

ボールが逆回転しているので、そうなってしまうんですよね。

スライスボールは、遅いボールでも実はボレーでのコントロールは難しい。

空中で飛んでいる限り、回転量は落ちませんからね。

ボレーするときに、ココを意識しないと試合では危険です。

回転は、回転をもって制する。

この意識、大事ですよ。

 

2.スライス回転をかけるボレー、で対抗しよう

スライス回転をかけるボレー、が打てれば大丈夫。

いつもよりも高い位置から打点に入る。

それから、しっかりグリップを握り込みましょう。

スライス回転をしっかりかけて、回転を逆方向にしてあげる。

ボレーで打ち返すなら、しっかり高い打点で打って、ボールに力を加えていく。

普段の練習から、ここをしっかり意識しないと実戦で使えないですよ。

 

3.逆に考えると・・・

自分が相手ボレーヤーの足元に、スライスのボールをおくる。

これがすごく、有効なんですよ。

スライスボレーが打てない相手は、このボールの処理が出来ないですからね。

ボレーで持ち上げようにも、上手くいかないでしょう。

スライスボールをボレーするのって、ローボレーは本当に難しい。

だから、試合で勝ちたいなら相手の足元にスライスを打てるとすごく効果的、なんです。

 

4.スライスボレーは、思い切りが大事!

「でも、なかなか上級者みたいなスライス回転が、ボレーではかけられない・・・」という方。

思い切って、振ってみませんか?

ラケットをしっかり、上から下に振る。

最初は少しオーバー気味にやってみても良い。

ボレーは振るな、と教わって来た方は、ずっとスライス回転がかけられないままになっているはずですから。

思い切って、上から抑えるようなスライスを打ってみる。

それこそ、ストロークのように。

どうでしょう、意外と良いボレーになったりしませんか?

 

スライス回転のかかったボレーは、攻撃だけでなく守備にも使えます。

足元に相手がスライスで打って来る場合、スライスの逆回転で対抗しないと厳しいですからね。

ぜひ、女性やシニアの方も試してみてください。

意外と、楽に返球出来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ローボレーが苦手な人は、「ネット上50cmを狙ってスライス回転」をかければ上手くいく!

    ネットより低い位置のボレー。に、苦手意識を持っている人は多いで…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「ネットプレー、最大の武器とは?」テニスでは回転量でプレーの手堅さをアピールできる

    ネットプレーヤーの一番の武器は何だろう?キレのあるショット?…

  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレーは簡単に打てます

    ダブルスの試合、レベルが高くなってくるとセンターはしっかり2人で守って…

  4. ボレー

    ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう

    ネットプレーの選手にとって、一番大事なこと。私は、この「予測力…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    ボレーがどうしても苦手!なテニスプレイヤーに、試合で使えるヒント10選

    ボレーに苦手意識がある人は、試合でもなかなか積極的になれない。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!

    ダブルスの試合で、私が一番嫌だったこと。それは、「相手の前衛が…

特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「相手が2人いるから、第3の手段」が選択肢として必要…
  3. テニス サイト

    日々の雑記

    LINEは便利だけど、慣れると怖いんじゃないかという話
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?
  5. テニス ボレー

    メンタル

    試合中に「良い時の自分」と、比べてはいけない
PAGE TOP