ボレー

スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

相手が粘ったスライス、よしチャンスだ!

と思ってボレーしようと思ったら・・・打ったボールが下に飛んでネット。。

こういう経験、みなさんありませんか?

相手のボールがスライス回転してるなら、普通の当て方でのボレーでは危険。

きっと、ちょっとの工夫で結果は変わるはずなんです。

 

スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

 

1.普通に打ったら、ボールが下に飛んでいく

スライスで飛んで来るボールを、普通にフラットなボレーで当てると、どうでしょう?

下方向、に飛んでいくと思いませんか?

ボールが逆回転しているので、そうなってしまうんですよね。

スライスボールは、遅いボールでも実はボレーでのコントロールは難しい。

空中で飛んでいる限り、回転量は落ちませんからね。

ボレーするときに、ココを意識しないと試合では危険です。

回転は、回転をもって制する。

この意識、大事ですよ。

 

2.スライス回転をかけるボレー、で対抗しよう

スライス回転をかけるボレー、が打てれば大丈夫。

いつもよりも高い位置から打点に入る。

それから、しっかりグリップを握り込みましょう。

スライス回転をしっかりかけて、回転を逆方向にしてあげる。

ボレーで打ち返すなら、しっかり高い打点で打って、ボールに力を加えていく。

普段の練習から、ここをしっかり意識しないと実戦で使えないですよ。

 

3.逆に考えると・・・

自分が相手ボレーヤーの足元に、スライスのボールをおくる。

これがすごく、有効なんですよ。

スライスボレーが打てない相手は、このボールの処理が出来ないですからね。

ボレーで持ち上げようにも、上手くいかないでしょう。

スライスボールをボレーするのって、ローボレーは本当に難しい。

だから、試合で勝ちたいなら相手の足元にスライスを打てるとすごく効果的、なんです。

 

4.スライスボレーは、思い切りが大事!

「でも、なかなか上級者みたいなスライス回転が、ボレーではかけられない・・・」という方。

思い切って、振ってみませんか?

ラケットをしっかり、上から下に振る。

最初は少しオーバー気味にやってみても良い。

ボレーは振るな、と教わって来た方は、ずっとスライス回転がかけられないままになっているはずですから。

思い切って、上から抑えるようなスライスを打ってみる。

それこそ、ストロークのように。

どうでしょう、意外と良いボレーになったりしませんか?

 

スライス回転のかかったボレーは、攻撃だけでなく守備にも使えます。

足元に相手がスライスで打って来る場合、スライスの逆回転で対抗しないと厳しいですからね。

ぜひ、女性やシニアの方も試してみてください。

意外と、楽に返球出来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコツ4つ

    テニスを初めてまず最初に習うのがストローク、そして次にボレーという感じ…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    ボレーがどうしても苦手!なテニスプレイヤーに、試合で使えるヒント10選

    ボレーに苦手意識がある人は、試合でもなかなか積極的になれない。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと

    バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ。聞くだけで、難しく感じ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは腕を伸ばす、のではなく「しっかり胸を寄せて」いこう!

    ボレーを打つ時に、意識したいこと。それは、なるべく「腕だけで打…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実

    先日、ある女子ダブルスの草トーナメントを見る機会がありました。…

  6. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセットしよう

    フォアハンドボレー、の決定力は、シングルスでもダブルスでも必要。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    「速いスィングは何の為?」テニスの試合では緩急の使い分けがポイント
  2. テニス 不器用

    戦術

    安定を保つ技術、変化を起こす技術
  3. テニス 練習

    フットワーク

    テニスにおいて「ボールを目で追う」だけでは、良い反応にはならない
  4. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心してい…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合で不安になればなるほど、「足のスタンスは狭く、上体が上がっていく」こ…
PAGE TOP