テニス 指導

練習メニュー

練習中に「ごめん」は、卒業しよう

サークルでもスクールでも、練習中の口癖になっている方が多い。

もちろん、必要なときもありますよ。

明らかに相手に迷惑をかける、あるいは何かを間違えた時には声かけとして必要。

でも、大前提として、意図しない自分のミスの時に発するのを止めてみる。

これが今のアナタに、必要なことでしょう。

 

練習中に「ごめん」は、卒業しよう

 

1.一生懸命やったなら、胸を張っていれば良い

テニスはラリー練習が多い。

どうしても、相手に返球出来ないとき、自分のミスショットでラリーが途切れるようなこともあるでしょう。

その時に、「ごめん!」と思う気持ちは分かります。

でも、一生懸命やった結果なら、仕方なくないですか?

いちいち謝っていたら、キリがない。

それに、アナタが謝ることで、相手だって「自分も謝らないといけないのかな・・・」と思ってしまう。

これでは、思い切った練習が出来ない雰囲気になってしまうと思います。

 

2.謝ることが、癖になるのが怖い

「謝れば良いんだ」と、なりますから、絶対。

どこかで、ミスしても謝れば良い、許されるという感じに自分でなってしまう。

これが怖いんですよ。

自分で成長を止めてしまう、悪い癖になってしまうのが一番怖い。

ちょっとした相手への気遣いのつもりが、自分への甘えになっていく。

繰り返し書いて来ましたが、アナタ自身の性格は、アナタ自身が発する言葉で形作られていく。

このことだけは、絶対に覚えておいて下さい。

 

3.試合でも謝り癖が付いて、ダブルスに影響する

ダブルスの試合でも多くないですか?

ペアに謝ってばかり、の人。

こういう人で、私は強い人を見たことがありません。

だって、本気でやっているならミスは出て当たり前、それに対してお詫びする意味って無いと思います。

ましてや、ペアである味方に対して、ですね。

謝るくらいなら一緒にどうやれば勝てるのか、を考えて会話して欲しい。

私なら、そう思います。

 

4.相手への気持ちは、プレーで返そう

「でも、相手に申し訳なくて・・・」と思うなら、厳しようですがプレーで返しましょう。

アナタが必死で練習し、少しでも喰らい付く。

そうやってプレーを変えていくこと、が謝ることよりも相手の為になるでしょう。

言葉に甘えない、というのは難しいことですよ。

同時に、誤って今まで誤魔化してきた部分を、変えていく。

こういう強さ、は自分で養っていくしかないんです。

 

特に、テニススクールで頑張るみなさんですかね。

レッスン仲間の人に気を遣う、のは大事。

でも、ミスして謝ってばかりな自分を、ちょっとずつ変えてみて下さい。

きっと、一生懸命なプレーをしていれば、相手に想いは伝わりますから。

何も心配、要りませんよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよう

    当たり前だが、テニスの練習は上達に不可欠である。でもだからと言…

  2. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう

    サーブリターンの練習、みなさんもよくやるメニューだと思います。…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子テニス部の皆さん、「女子と練習しても、上手くならない・・・?」

    最近、男子高校生の方からこんな質問を頂きました。「うちのテニス…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスにおいて「雁行陣の弱点」をケアする為の練習メニュー

    雁行陣は安定感のある陣形ですが、唯一の弱点が後衛の前のポジション。…

  5. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー

    ドロップショットやアングルボレー、なかなか試合の中で使っていく機会少な…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    すぐには結果につながらないもの、に実は「勝利へのヒント」は埋まっている

    試合で勝ちたい、と考えているみなさん。つい、焦ってしまいがちで…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める…
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「150kmでも軽いサーブと、120kmでも重たいサーブ」の違いは、どこから生ま…
  4. ダブルス

    「パートナーのためのファーストサーブ」を意識すれば、テニスのダブルスの試合でのキ…
  5. テニス コントロール

    ストローク

    相手のストロークに押されやすい人は、「漠然と待たずに、適度な予測」が出来るように…
PAGE TOP