テニス知識

大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

日々、テニスの試合をイメージしながらトレーニングすること。

なかなか難しいですよね。

ただ鍛えるだけでも難しいし、日々の練習だけでも時間確保に大変、なのが社会人テニスプレイヤーでしょう。

だったら、「ドリンク」から変えてみませんか?

 

大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

 

1.トレーニングって、本当にしんどい・・・

私自身、そうでした。

実際、テニスの練習以外にも時間を作るぞ!と思ってトレーニング・・・でも、なかなか続かない。

家で筋トレ、素振りくらいは継続していますが、「身体作り」の面では不十分ですよね。

しっかりプロテインを取ることもしたいけど、ジムでトレーニングしてその後粉末のプロテインを溶いて・・・なんて、正直面倒。

だったら、もうテニスの練習や試合の後、に済ませてみませんか?

 

2.ドリンクタイプのプロテイン、をテニス後に

「ゴールデンタイム」というのを、みなさんも聞いたことがあると思います。

トレーニングをした後、30分以内に適切な栄養補給をすることで、身体作りがスムーズに出来る。

テニスの練習の後、30分以内に「ドリンク式のプロテイン」を摂取することで、私はすごく効果的だと思いますよ。

アンダーアーマーを展開するドーム社のプロテイン、DNSのドリンクは私も飲んでてオススメです。

出典:amazon

 

実は私は、牛乳が飲めないので、学生時代からプロテインが苦手でした。

その後、水で溶いても飲みやすい商品は多く出ていますが、「シェイカーで溶いて作る」のが面倒で仕方ない。

だったら、もう練習や試合にこれを持っていく、ので良いんじゃないでしょうか。

 

3.効率的に、美味しく身体作りを

テニスの試合、練習、も立派なトレーニング。

しっかり、筋肉にも負荷をかけられていますからね。

その後の、ゴールデンタイムを逃す手は無いです。

しっかりドリンクタイプを持っておけば、すぐに摂取出来る。

「DNS プロエックス」は、3つの味 【アップル風味】 【マンゴー風味】 【ミックスベリー風味】で誰でも美味しく飲め、テニス選手にとって必要な身体作りをサポート出来る優れモノ。

たんぱく原料として、吸収の速いホエイプロテインを100%使用。さらに1本でホエイプロテインを約30gも摂れる本格的なプロテイン。

まとめ買い、しておくと便利ですよ。

 

■マンゴー味

 

■アップル味

 

■ミックスベリー味

 

通常の水分補給のドリンク、とは別でプロテインドリンクを持ち歩くこと。

そして普段の練習後に飲むことで、身体作りが出来る。

シェイカーも混ぜる手間すら不要なPRO-Xさえあれば、ゴールデンタイムを逃さないでしょう。

キャップを開けて飲み干すだけですからね。

ぜひ、試してみてください。

 

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス知識

    寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

    今年も寒く、テニスをするには辛い時期になって来ましたね・・・。…

  2. テニス グッズ

    テニス知識

    テニスの試合に行くときに、ラケットバックに入れとくと便利なグッズ6選

    テニスの試合会場、「あれ持ってくるの忘れたー!」ということ、皆さん経験…

  3. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

    テニス選手にとっても、また学生、社会人の皆さんにとっても、体調管理は重…

  4. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

    社会人でテニスを楽しむ人の悩み、それは「荷物」じゃないでしょうか。…

  5. テニス知識

    雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

    テニスの練習にとって、天敵の一つが雨。これからの季節、悩ましい…

  6. テニス 居場所

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのダブルスのポーチは「相手の特徴をふまえたコース」で勝負して、確実にポイン…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない
  3. テニス メンタル

    リターン

    「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を…
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、「ストロークラリーをカットしてネットに出る」と相手に効果的にプ…
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い
PAGE TOP