テニス ストローク

ストローク

グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!

意外とみなさん、遅いです。

テニスでは、グリップ選びこそ、「ショット選び」です。

ストロークでも、スピンとスライスを打ち分けるにはグリップチェンジ、が不可欠。

前に出てボレーするときにも、もちろん大事ですね。

今回は、改めてストロークでスピンやスライスを打ち分ける際の、グリップチェンジについて。

そのタイミングを、確認しておきましょう!

 

グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!

 

1.テイクバックと同時に、グリップチェンジ!

私は、テイクバックと同時にグリップチェンジも開始します。

ラケットを後ろ、というよりは上にセットしていくテイクバック、の中でグリップを決める。

フォアハンドのスピンストロークでも、厚いグリップ、少し薄めのグリップ、を使い分けたい。

グリップを決めると、気合も入りますしね。

自分の中で、「こういうショットを打つんだ!」というのが、決まるじゃないですか。

だから、出来るだけリラックスしてテイクバック、が大事なんですよ。

 

2.リラックスすれば、自然とグリップは変わる

ガッチガチににグリップを握っている人は、難しいんですよね。

グリップチェンジ、がそもそも出来ない、遅い。

リラックスして、プロ選手はみんなラケットをクルクル回しているじゃないですか。

あれは、「どんなグリップでも、いけますよ!」というアピール。

自分の中での、確認作業なんです。

初心者の方は、どうしても緊張してしまってグリップチェンジが難しくなる。

テイクバックとセット、にすると楽ですよ。

 

3.繰り返しますが、利き腕は添えるだけです

主役は、利き腕ではない手、です。

右利きの方なら、左手でラケットのスロート部分を持って、グリップを変える。

利き腕の手はリラックス、しておくだけ、添えるだけ。

これが、テニスの基本の構えです。

ラケットはスロート部分を扱うと、重さも感じ辛いし楽ですよ。

出来るだけ、腕が疲れないように、グリップチェンジも意識していきましょう。

テイクバックしながら、ラケットのスロート部分でサッとグリップを決める。

これでいきましょう!

 

4.新しいグリップ、どんどん試しましょう!

テイクバックとグリップチェンジ、セットを出来るようになると、テニスは楽しくなります。

自分でショットを選ぶ、ことが出来ますからね。

ぜひ、みなさんもスピンにスライスに、新しいグリップをどんどん試して欲しいんです。

つい、決めてしまいがちじゃないですか、私たちは。

フォアはこれ、バックはこれ、と。

少しグリップを変えるだけで、テニスのショットは大きく変わります。

ぜひ、新しいことにチャレンジするつもりで、グリップも試して欲しい。

きっと、思わぬ発見があると思いますよ!

 

テイクバックとセットで、グリップを決める。

ですので、本当に打つ直前まではゆるゆる、な感じでいきましょう。

何試合やっても、握力が落ちない、疲れない。

こういうテニスに変えていくことが、アナタ自身、試合に強くなっていくということ。

ぜひ、意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    ストロークをダウンザラインへ打ち分ける、一瞬の間を自分で作ってみよう

    ストロークを、ダウンザラインへ展開する。ダブルスでもシングルス…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    完全に相手をコートから追い出した後、のショットは・・・どうしましょう?

    相手を走らせて、完全にコートから追い出したとき。後は決めるだけ…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ

    テニスを続けていると、必ずこれは経験します。始めたばかりのころ…

  4. テニス ボレー
  5. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い

    フラットショット、私はどちらかと言えばほとんど使わない。と言い…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サイト

    その他

    テニス選手なら、「良いイメージの自分の動画」は常にスマートフォンに入れておこう!…
  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこ…
  4. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケット…
  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落とし…
PAGE TOP