テニス ストローク

ストローク

グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!

意外とみなさん、遅いです。

テニスでは、グリップ選びこそ、「ショット選び」です。

ストロークでも、スピンとスライスを打ち分けるにはグリップチェンジ、が不可欠。

前に出てボレーするときにも、もちろん大事ですね。

今回は、改めてストロークでスピンやスライスを打ち分ける際の、グリップチェンジについて。

そのタイミングを、確認しておきましょう!

 

グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!

 

1.テイクバックと同時に、グリップチェンジ!

私は、テイクバックと同時にグリップチェンジも開始します。

ラケットを後ろ、というよりは上にセットしていくテイクバック、の中でグリップを決める。

フォアハンドのスピンストロークでも、厚いグリップ、少し薄めのグリップ、を使い分けたい。

グリップを決めると、気合も入りますしね。

自分の中で、「こういうショットを打つんだ!」というのが、決まるじゃないですか。

だから、出来るだけリラックスしてテイクバック、が大事なんですよ。

 

2.リラックスすれば、自然とグリップは変わる

ガッチガチににグリップを握っている人は、難しいんですよね。

グリップチェンジ、がそもそも出来ない、遅い。

リラックスして、プロ選手はみんなラケットをクルクル回しているじゃないですか。

あれは、「どんなグリップでも、いけますよ!」というアピール。

自分の中での、確認作業なんです。

初心者の方は、どうしても緊張してしまってグリップチェンジが難しくなる。

テイクバックとセット、にすると楽ですよ。

 

3.繰り返しますが、利き腕は添えるだけです

主役は、利き腕ではない手、です。

右利きの方なら、左手でラケットのスロート部分を持って、グリップを変える。

利き腕の手はリラックス、しておくだけ、添えるだけ。

これが、テニスの基本の構えです。

ラケットはスロート部分を扱うと、重さも感じ辛いし楽ですよ。

出来るだけ、腕が疲れないように、グリップチェンジも意識していきましょう。

テイクバックしながら、ラケットのスロート部分でサッとグリップを決める。

これでいきましょう!

 

4.新しいグリップ、どんどん試しましょう!

テイクバックとグリップチェンジ、セットを出来るようになると、テニスは楽しくなります。

自分でショットを選ぶ、ことが出来ますからね。

ぜひ、みなさんもスピンにスライスに、新しいグリップをどんどん試して欲しいんです。

つい、決めてしまいがちじゃないですか、私たちは。

フォアはこれ、バックはこれ、と。

少しグリップを変えるだけで、テニスのショットは大きく変わります。

ぜひ、新しいことにチャレンジするつもりで、グリップも試して欲しい。

きっと、思わぬ発見があると思いますよ!

 

テイクバックとセットで、グリップを決める。

ですので、本当に打つ直前まではゆるゆる、な感じでいきましょう。

何試合やっても、握力が落ちない、疲れない。

こういうテニスに変えていくことが、アナタ自身、試合に強くなっていくということ。

ぜひ、意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ

    最近、実はテニス界で見直されつつある「片手バックハンドストローク」の技…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで力を入れるのは、ラケットを振るためじゃない

    力を抜いて、リラックスすること。分かってはいても、つい試合では…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修正するとコンパクトに…

    試合の緊張する場面では、ストロークが急に崩れてしまったりしてパニックに…

  4. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想は、もったいない

    ストロークでのスライスショット・・・と聞くと、片手バックハンドをイメー…

  5. ストローク

    「平凡ショットでパッシング」が打てるようにテニスの試合では早めの準備で相手にアピールを!

    パッシングショットの練習ってやってる?相手がボレーに出てきた時…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    スライスショットの返球の基本、バウンド地点に近付くことを徹底しよう

    テニスの試合やスクールのレベル分け、において、一つの目安になるもの。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    戦術

    下がれば下がるほど、テニスは技術と体力が要る
  2. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、〇〇だけ意識しよう
  3. ストローク

    フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理…
  4. 戦術

    人が見向きもしないこと、にチャンスは転がっている
  5. テニス ボレー

    ボレー

    打ち終わりをコンパクトにする、ことが実戦向けのテニスへの第一歩
PAGE TOP