ボレー

浮いた!と思っても、諦めないことで何かが起きる

ダブルスの試合、「浮いた!まずい!」と思うこと、ありますよね。

ボレー戦で、相手の前にフワッとしたボールがいってしまう。

これは、仕方ないことです。

大事なのは、そこで気落ちしないこと。

諦めないで、しっかり反応する準備をすれば、何かが起きる。

それが、私たちレベルでの試合です。

 

浮いた!と思っても、諦めないことで何かが起きる

 

1.プロ選手、じゃないんだから

実際に、明らかに浮いたボールなら何回打ってもミスしないでしょう。

プロ選手なら・・・です。

私たちの試合、レベル、よく客観視してみて下さい。

ネット近くでのチャンスボール、フワッと浮いたボールを確実に決められる人、何人いるでしょうか?

そのボール、浮いた瞬間に諦めているような人が多い、のには驚きです。

ダブルスの試合、まだまだポイントは終わっていない。

ガッカリするのが早いと、それだけで損ですよ。

それくらい、まだまだ自分たちにもチャンスがある。

やるべきことは、しっかりやり切りましょう。

 

2.態勢を低くして、自分の近くに打たれたら拾う

まずはこの意識、大事です。

一般レベルの試合では、チャンスを「相手にぶつける」ような人が多い。

速いボールを打てば何とかなる、ポイントが取れると思っている人が多いんですよね。

特に、女子ダブルス、ベテランのみなさん。

だったら、浮いたと思ったらすぐに態勢を低くして構える。

自分たちが触れる場所のボールは、しっかり当てて返す、ことだけに集中しましょう。

これだけでも、だいぶ違いますよ。

自分が打つボールは、浮くかも知れない、と思ってどこかで準備しておく。

毎回ナイスショット、だけの想定なんて甘過ぎですからね。

 

3.まずはしっかり、止まってボールを見てスプリットステップ

ボールが浮く、ような場面では、アナタにも余裕は無いでしょう。

きっと苦しい態勢で追い込まれて、相手に返すのが必死なはず。

だからこそ、相手が打つときにしっかり止まる、スプリットステップを入れる、ボールを見る。

この癖、だけでかなり守備範囲は変わるはず。

浮いた瞬間に、どこか諦めたような恰好、になる人多いじゃないですか。

まだまだ、ポイントは終わっていない。

むしろ、私の感覚は逆ですけどね。

相手のチャンス、からの絶望に落とし込むような形、にもっていくことが出来ないか・・・どこかで狙う。

ピンチはチャンス、ですからね。

 

4.守備力が高ければ、「浮いても良い」と楽になる

守備が苦手、不安な人は、つい攻撃がせっかちになる。

無理に攻めてミス、が多いんですよね。

守備に自信が無いから、怖い。

怖いから、自分から焦って攻めてしまう、そして失点。

もっと、みなさん「自分の守備」に関心を持って強くしていく、鍛えていく、工夫していく意識を持ちましょう。

攻撃も大事ですけど、守備が安定していれば攻撃に無理が生じない。

相手に攻められても、返して「何かが起きる」ことを期待出来る。

そんな選手が、試合だと楽に勝ち上がっていくんですよね。

 

「何かが起きる」とは、相手のミスですね。

明らかなチャンスで棚ボタのようなポイント、強い相手ほど引き出してるんですよ。

これに気付かないと、アナタはいつまでも相手にお餅を与える側、ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が大事

    ネットプレーは攻撃的に!ですが、1本で決めようとするとミスも増…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る

    ポーチボレーの基本、それはシンプルに打つこと。相手のリターン、…

  3. ボレー

    テニスの試合では「ボールを打っていないときの動き」でネットプレーのレベルが決まる!

    「試合に強いか弱いか」は、ボールを打っていないときの動きで決まる。…

  4. テニス 戦術

    ボレー

    「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる

    ボレーが苦手って思ってる人は、どんなミスしてるだろう。ネットに…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃないですか?

    深いボレー、それはテニスの基本・・・。確かに、テニススクールで…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン、自分の中で決めておくと前衛では楽

    ダブルスの試合で、前衛で動ける人は無意識にコレが出来ているのかも。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    出る杭は打たれるけど、出ない杭は腐っていく
  2. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「ダブルスでスマッシュが重なりそう!」なときには、前衛優先の考えでシンプルに
  4. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠か…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない
PAGE TOP