テニス ストローク

戦術

コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう

テニスが上手い、強い人は、なんであんなにコントロールが良いんだろう。

それも、緊張するような大事な場面で、しっかりコントロールしてくる。

こういうショットの背景には、必ずこの部分がある。

私は、しっかり確認しておきたいと思います。

自分自身のテニス、への自戒も込めて。

みなさんも、ここに気付いて取り組むだけで、グッと試合向きな選手になっていきますよ。

 

コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう

 

1.回転をかけるから、テニスのショットは安定する

なぜなら、答えは簡単です。

回転をかける為にラケットを振り切ること、が出来るから。

ラケットを振り切ることが出来るから、毎回同じようなスウィング、が出来るんです。

途中でラケットのスウィングを止めるようなショットが、試合で安定する訳が有りません。

強い選手、上手い選手は、このあたりをよく理解している。

理解しているからこそ、しっかり振り切るショット、でコントロールショットを打っていく。

自然と回転系のショットが増える、のには理由があるんです。

 

2.ドロップショットだって、基本はスライスショット

ドロップショット、ドロップボレー、みなさん全て「スライス」で打ててますか?

何となく、合わせるだけでフラット気味なショット、になっているうちは絶対に安定しない。

ラケット動作が、毎回違いますからね。

私も試合でドロップ系のショットをたくさん使いますが、そのショットは全てスライスが基本。

スライスをかける、ラケットを動かすからこそ、安定する。

「でも、スライスだと滞空時間が長いし、伸びていきそうで・・・」と思う方は、甘いですね。

確かに若干、そういう部分はありますが、バウンド後にスライスなら弾まないし、相手にとっては脅威になる。

何より、しっかりラケットを振るから「打つことが安定する」ことにつながる。

回転系のショット、に仕上げることで、コートの色々な場所に打てるようになるのがテニスです。

 

3.ロブもスライスかスピン、ハッキリさせよう!

これが、一番大事です。

ロブのようなコントロールショットも、しっかり回転をかける。

スライスなのか、スピンなのか。

どちらかをしっかり、自分の中でハッキリさせて回転をかけていく。

回転をかけていく、ラケットを毎回振り切るという意識を強く持つから、試合でも振り切れる。

振り切れるから安定する、という良い循環が生まれますからね。

中途半端な人ほど、自信が無いようなスウィングでフラット気味になって、コントロール出来ていない。

ロブには、決断力が大事。

この意識を、ぜひ回転系にもっていって欲しいんです。

 

4.回転をかければ、ボールは変化してコートに収まる

回転をかけて、相手コートに収まるように。

この調整を、回転をかけて行うこと、を毎回イメージしましょう。

自分の回転で、どうボールが変化していくのか。

振り切って入る、回転系のショットは、自分の曲がり方をしっかり把握しましょう。

このあたり、普段の練習から積極的に観察して、神経質にならないと成長しないですよ。

緊張感のある場面で、しっかり振り切れない人は、もっとシビアに毎回練習しないと。

振り切って回転をかけて、曲がりの幅を予測してボールの軌道を作る。

この意識こそ、練習から大事です。

 

回転をかけて、ショットをコントロールする。

その意味では、まだまだみなさん回転に対して意識が低いと思いますよ。

スライス、スピン、自分の回転量をしっかり把握出来てますか?

ロブ、ドロップショットなどのコントロールショット、でぜひ磨いてみて下さい。

まずは、意識するところから。

自分の回転って、どんな感じなんだろう、と。

振り切るからこそ、試合では安定しますからね。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    相手の攻撃を、コースで反撃する発想を

    テニスの試合で、良い守備から反撃していく。これは、難しいことで…

  2. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ

    「今日の相手、強かった・・・」本当にそうですか?確かに…

  3. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない

    最近は、みなさんもテニスを動画で見る機会が増えましたよね。私が学生…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    目に見えるスコアだけで、本当の差は見えてこない

    数値は絶対値。1は2より小さいし、3は2より大きい。こ…

  5. テニス ミス

    戦術

    緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる

    相手にやられて、一番嫌なこと。みなさんは、何でしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    後輩には「武勇伝よりも失敗談」を話す方良い
  2. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で
  3. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦…
  4. テニス メンタル

    戦術

    1年前より、楽に勝てるようになっていますか?
  5. テニス 序盤

    戦術

    格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!
PAGE TOP