テニス リターン

ストローク

テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4つ

高い打点のストローク、しっかり攻撃的なショットに出来ていますか?

レベルが高い試合になると、ネットより高いボールからは自分からしっかり展開していかないと、なかなかチャンスは来ない。

今回は、自分がコントロールできる、ある程度チャンスと呼べるボールを呼び込めたときに必要な意識をまとめてみました。

ストロークに自信が無い、テニスを始めて間もない初心者の方でも、充分に活用できる考え方です。

ぜひ、試合に向けた練習で意識してみて下さい。

 

テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4つ

 


 

1.ラケットヘッドを立てて回転をかける

高い打点のストロークでも、基本的には回転系のショットで安定させたい。

フラット気味に打ちたい気持ちも分かりますが、やはり安定感で言えばスピン系のショットをしっかり打ち込んでいく方が試合で使いやすいです。

テイクバックからインパクトまで、ラケットの先、ラケットヘッドを立ててしっかり胸~顔の横あたりで打てるようにしてみましょう。

高い打点になると、グリップの握りも少し変えたほうが打ちやすい。

リターンからも、この考え方は有効です!

少し厚めに握りを調整すると、打ちやすいでしょう。

 

2.ライジングショットで相手の時間を奪う

高い打点で打てる回数を増やす為にも、ライジングショットの意識は大事です。

相手が打って自分のコートにバウンドする、その後はなるべく早いタイミングで打てるようにすれば、相手から時間と余裕を奪うことが出来ます。

高い打点で攻撃していくのに、スピードではなく時間を奪う意識が持てれば、テニスの幅も広がります。

相手はボールのスピードがさほど速くなくても、「テンポよく攻撃されてるな・・・」と、プレッシャーに感じるでしょう。

 

3.肩が入ったフォームでコースを隠す

高い打点で打つにせよ、コースがばれていては相手にとって脅威にならない。

しっかり肩を入れた状態、オープンスタンスでも上半身はしっかり捻っておいてテイクバック。

どちらにも打てる「間」を、自分の中で作れるように意識してみて下さい。

クロス、逆クロス、さらには前へのドロップショット・・・全てを打てる「間」が、アナタにはありますか?

 

4.結果的にエースになる、という意識を持つ

もし高い打点から攻撃して、相手に追いつかれても慌てないことが大事です。

連続攻撃で仕留める、最後はネットで決めるような意識が無ければ、一発勝負になって試合では勝てない。

エースは、結果的にエースになるのであって、「これで決める!」という意識は危険。

相手に返球されると、すぐに焦ってまた0からチャンスを作り直し・・・という感じにもなりかねません。

 

プロ選手の高い打点のストローク、迫力満点ですが実はたくさんの要素が詰まっている。

今回紹介した意識は4つですが、他にもアナタなりにカスタマイズして試合で自信を持って打てるように磨いてみて下さい。

まずは1つずつ、自分の中で「これを使うと、試合でポイントが獲れた!」という部分を増やしていく。

あまりたくさんのことを一度に実践しようとせず、積み重ねを意識してみて下さい。

きっと高い打点でのストローク、アナタの大きな武器になっていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ

    シングルスでもダブルスでも、「バックハンド狙い」は避けて通れない。…

  2. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!

    女性の方で、ココ苦戦している方多いですよね。高い打点の、両手バ…

  3. ストローク

    「深いストロークはなぜ有効なのか?」についてハッキリさせておこう

    試合の中で、練習の中で「深いストローク」は基本中の基本。改めて…

  4. ストローク

    テニスの試合でロブが使えないと、「アナタが打てるスペース」はどんどんせまくなっていく

    速いショットで相手を追い込んで、オープンスペースにバシッと決める。…

  5. テニス 練習

    ストローク

    粘り強い選手には、どこか丁寧さがあるから試合に勝てる

    試合で粘り強い選手、アナタの周りにもいますよね。実際にテニスの…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点は・・・?

    相手のバックハンドを狙うことは、テニスの試合では大事なポイント。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの並行陣では、「スライスのボレーで粘る」だけだと、オムニコートでは打ち込…
  2. メンタル

    「チャンスボールを打つときに、カッコつけてスカしている」選手は、大事なポイントで…
  3. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?
  4. 練習メニュー

    「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険
  5. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?
PAGE TOP