テニス リターン

ストローク

テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4つ

高い打点のストローク、しっかり攻撃的なショットに出来ていますか?

レベルが高い試合になると、ネットより高いボールからは自分からしっかり展開していかないと、なかなかチャンスは来ない。

今回は、自分がコントロールできる、ある程度チャンスと呼べるボールを呼び込めたときに必要な意識をまとめてみました。

ストロークに自信が無い、テニスを始めて間もない初心者の方でも、充分に活用できる考え方です。

ぜひ、試合に向けた練習で意識してみて下さい。

 

テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4つ

 


 

1.ラケットヘッドを立てて回転をかける

高い打点のストロークでも、基本的には回転系のショットで安定させたい。

フラット気味に打ちたい気持ちも分かりますが、やはり安定感で言えばスピン系のショットをしっかり打ち込んでいく方が試合で使いやすいです。

テイクバックからインパクトまで、ラケットの先、ラケットヘッドを立ててしっかり胸~顔の横あたりで打てるようにしてみましょう。

高い打点になると、グリップの握りも少し変えたほうが打ちやすい。

リターンからも、この考え方は有効です!

少し厚めに握りを調整すると、打ちやすいでしょう。

 

2.ライジングショットで相手の時間を奪う

高い打点で打てる回数を増やす為にも、ライジングショットの意識は大事です。

相手が打って自分のコートにバウンドする、その後はなるべく早いタイミングで打てるようにすれば、相手から時間と余裕を奪うことが出来ます。

高い打点で攻撃していくのに、スピードではなく時間を奪う意識が持てれば、テニスの幅も広がります。

相手はボールのスピードがさほど速くなくても、「テンポよく攻撃されてるな・・・」と、プレッシャーに感じるでしょう。

 

3.肩が入ったフォームでコースを隠す

高い打点で打つにせよ、コースがばれていては相手にとって脅威にならない。

しっかり肩を入れた状態、オープンスタンスでも上半身はしっかり捻っておいてテイクバック。

どちらにも打てる「間」を、自分の中で作れるように意識してみて下さい。

クロス、逆クロス、さらには前へのドロップショット・・・全てを打てる「間」が、アナタにはありますか?

 

4.結果的にエースになる、という意識を持つ

もし高い打点から攻撃して、相手に追いつかれても慌てないことが大事です。

連続攻撃で仕留める、最後はネットで決めるような意識が無ければ、一発勝負になって試合では勝てない。

エースは、結果的にエースになるのであって、「これで決める!」という意識は危険。

相手に返球されると、すぐに焦ってまた0からチャンスを作り直し・・・という感じにもなりかねません。

 

プロ選手の高い打点のストローク、迫力満点ですが実はたくさんの要素が詰まっている。

今回紹介した意識は4つですが、他にもアナタなりにカスタマイズして試合で自信を持って打てるように磨いてみて下さい。

まずは1つずつ、自分の中で「これを使うと、試合でポイントが獲れた!」という部分を増やしていく。

あまりたくさんのことを一度に実践しようとせず、積み重ねを意識してみて下さい。

きっと高い打点でのストローク、アナタの大きな武器になっていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    オムニコートでの試合に必要な「重心が低いストローク」で意識したいポイント4つ

    ストロークで粘りが足りない。そう感じている人は、男女に関わらず…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのラリーの中で、「差し込まれたときには慌てずストレートか逆クロス」に展開すると楽

    ストロークのラリーの中で、「打点が遅れそう!」と思うとき、皆さんはどう…

  3. ストローク

    いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ

    ストロークの基本、リズムの取り方。きっと、みなさんも最初はこの…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント

    テニスを初めてまず最初にぶつかるのが、バックハンドストロークを安定させ…

  5. テニス 準備

    ストローク

    「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開していくことが大切です

    シングルスでも、ダブルスの雁行陣でも「前」は大きな穴になりかねません。…

  6. ストローク

    相手は必ず、ラリー中に隙を見せる

    強い相手になかなか勝てない。そう感じているみなさん、もっと相…

特集記事

  1. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!…
  3. テニス 構え

    ストローク

    「思いつき」でショットが打てますか?テニスの試合でのショット選択について確認しよ…
  4. フットワーク

    前後の動きに、強くなる!には…?
  5. 日々の雑記

    第3回 読者ミーティングを実施しました
PAGE TOP