テニス ポジショニング

スマッシュ

「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

テニスの練習で、最もキツイ練習の一つがネットタッチからのスマッシュ練習。

大人もジュニアも、やる機会が多いですよね。

しかしながら、その「ネットタッチ」に本当の意義を見出して、しっかり感じながら練習している人は少ないように思います。

改めて、練習の目的を確認してみましょう!

 

「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

 

1.ネットタッチは運動量を増やす為?

テニスは前後に動くと異常に疲れます。

切り返しが徐々にキツくなり、最後にはスマッシュを打てずにロブで抜かれて…というのは、ありがちですよね。

確かに練習時の運動量は大切です。

「あれだけしっかりやり切った!」という自信は、試合でアナタの大きな助けになるでしょう。

但し、運動量を増やすだけが目的であれば、わざわざコートの中で行う必要は無いのかも知れません。

 

2.ネットタッチはどういう場面を想定しているか

ネットタッチ、即ちネット近くまで自分が移動しているのは、どういう場面でしょうか。

試合で相手を追い込んで最後に詰めて、フィニッシュするところ。

またはドロップショットを打たれて、ギリギリ拾った場面かも知れません。

とにかく、「相手を攻撃している場面」と考えるのが自然でしょう。

それでも相手が粘って、ロブを上げてきた…というのが、ネットタッチした後の場面として、一番多いケースだと考えられます。

と考えると…こういったポイントは、ただの1ポイントにあらず。

試合の流れを大きく左右する、大事なラリーと言えます。

 

3.ネットタッチスマッシュは、拮抗したポイントを取り切る練習だった!

自分が攻め、相手も凌いでる中で自分がトドメを刺す。

テニスの試合で、上級者はこれが実践できます。

このイメージをしっかり植え付ける為に、ネットタッチスマッシュの練習は最適なのです。

 

「疲れるから、やりたくない…」

「そもそもネットタッチはテニスで反則だし…」

と後ろ向きに考える前に、全ては試合で大事なポイントを奪い取る為、と頭を整理しましょう。

この意識一つで、練習の質は全く違うものに生れ変わります。

拮抗したポイントを取り切る癖を、いつもの練習メニューから身に付けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュをロブで粘れる、ようになるには「身体に引き付ける勇気」を養っていこう

    相手の速いボールを、しっかり返球出来る人。特にスマッシュをロブ…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

    自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。そんな人には、あ…

  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ

    ボレーは深く、とにかく深く、強く・・・と考えていると、試合では切り返さ…

  4. テニス テニススクール
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよう磨きましょう

    スマッシュをしっかり決めきる、というのはテニスの試合で最重要項目ですが…

  6. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする為には?

    試合でよく見る、スマッシュミス。初中級者のほとんどは、その振り出し…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレー強化!」一番力は入らないショットの対策とは?
  2. テニス スマッシュ

    戦術

    試合の中では「自分が攻撃しているのか、させられているのか」については常に意識して…
  3. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4…
  4. メンタル

    失敗しても余裕がある人、すぐパニックになる人
  5. テニス メンタル

    その他

    「社会人になって、プロを目指す訳では無いけど・・・」テニスを頑張る、その理由につ…
PAGE TOP