テニス リターン

戦術

ミスが少なくなった自分は、実感し辛い

色々と意識して、実際に試合に勝てるようになっていく。

結果が出始めるときって、きっと「ミスが少なくなる」ように変わってきた時、でしょう。

難しいのは、これって実に自分自身が感じ辛い、ということ。

感じ辛いから、ほとんどの人が実感出来る前に心が折れていく、結果が出ないまま終わる。

みなさんには、そうなって欲しくないんです。

 

ミスが少なくなった自分は、実感し辛い

 

1.ミスが減れば、勝てる試合は増えていく

テニスの堅実さを増して、ミスを減らしていく。

間違い無く、これで勝てる試合は増えます。

でも、実際は・・・どうでしょう。

正直、自分のショットの速度、レベルは落としているみたいで、楽しいことは無い。

それに、目に見えて何かを変えている感じでは無いので、自分でも不安になる。

結果が出て来るまでに、時間もかかりますしね。

ほとんどの人が、辛抱出来ないで終わる、結局変わろうとした前に戻ってしまう。

それがテニス選手のほとんどです。

 

2.実感するには、何が必要だろう?

私は、可視化だと思います。

細かい練習での内容、マッチ練習の結果、公式戦の結果、を記録していく。

出来れば、セカンドサーブからのポイント獲得率、も計算したい。

そこまで細かく出来なくても、立ち止まって自分で考えてみる、思い出してみてください。

「そういえば、セカンドサーブからもポイント出来ること、が増えたかも・・・」という感じ、でも良い。

大事なのは、地味だけど奪取出来るポイントを増やしていく、ということ。

しっかりと自分で確認する、目に見えない部分を大切にすること、が大事です。

 

3.ミスが少ない自分、をイメージ出来るかどうかが大事

そもそも、自分が「どうなるのか?なりたいのか?」という意識は大事です。

ミスが少ない、それってどういう自分、ですか?

明確になっていれば、近付いていく中で実感が湧く、達成感もあるでしょう。

ここをイメージ出来ない人は、きっと目指すものが理解出来ていない。

何でも良いと思います。

・バックハンドを狙われても、3ラリーは絶対にミスしない

・ボレーにスライス回転をかけて、サービスライン付近からでも相手コート深くに入れるようにする

・ファーストサーブを70%入れる

みたいな感じで、具体的にポジションや数値を入れて「変わった自分」をイメージしておきましょう。

イメージ出来ることは、ほとんどが達成できますから。

 

4.ミスが少ない選手、がベースにあると強くなる

もちろん、ミスが少ないだけでは勝てない。

でも、ミスが多いとまず試合にならない。

勝てる相手、が絶対数すくなくなっていくのがテニスという競技なんです。

ミスが少ない選手になる、ということはもちろんそれだけでも結果が出ていくもの、でしょう。

でも、その先にあるもの、をみなさんには目指して欲しい。

その先、とは格上相手を倒していくこと。

ミスが少ないベースの自分を作ったら、次は奇襲や準備した戦術で、どんどん仕掛けていく。

試合が楽しくなってくる、と思いますよ!

 

実感が湧かないこと、続けるのは難しい。

だからこそ、自分で工夫しましょう。

ミスが少なくなってくる自分、強くなってくる自分、をどう実感すれば良いのか。

きっと難しくないはずですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    試合も上のレベルにいけば、自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは当たり前

    今まで、T-PRESSでは「相手にプレッシャーをかけること」の重要性を…

  2. テニス ストローク

    戦術

    キレイなテニスの選手は、「試合になると崩れていく」ことを覚えておくと試合で戦いやすい

    パッと見で、すごく強そうな相手、いますよね。フラット気味でボー…

  3. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない

    一事が万事、ですね。テニスも日常生活も、私はすごく近いと思って…

  4. テニス ストローク

    戦術

    「なんでこんなコースまで練習?」それは、アナタの得意コースを活かすため

    テニススクールでは、「なんでこんな技術、練習?」という疑問、を持つ方も…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    大一番でこそ、理想を捨てる勇気を

    もうすぐ年末。もしかしたら、みなさんの周りでも、「大一番」の試…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「自分の力だけで勝てる試合なんて1試合も無い」と思っておこう

    テニスプレイヤーって、ストイックな人も多い。社会人やベテラン、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ボレー

    ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう
  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、アナタは必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてはいないか…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「下がりながらの守備的なハイボレー」は、後ろ足をしっかり止めると…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?
  5. テニス サイト

    練習メニュー

    あって当然、やって当たり前のことを、無くしてみませんか?
PAGE TOP