テニス リターン

戦術

ミスが少なくなった自分は、実感し辛い

色々と意識して、実際に試合に勝てるようになっていく。

結果が出始めるときって、きっと「ミスが少なくなる」ように変わってきた時、でしょう。

難しいのは、これって実に自分自身が感じ辛い、ということ。

感じ辛いから、ほとんどの人が実感出来る前に心が折れていく、結果が出ないまま終わる。

みなさんには、そうなって欲しくないんです。

 

ミスが少なくなった自分は、実感し辛い

 

1.ミスが減れば、勝てる試合は増えていく

テニスの堅実さを増して、ミスを減らしていく。

間違い無く、これで勝てる試合は増えます。

でも、実際は・・・どうでしょう。

正直、自分のショットの速度、レベルは落としているみたいで、楽しいことは無い。

それに、目に見えて何かを変えている感じでは無いので、自分でも不安になる。

結果が出て来るまでに、時間もかかりますしね。

ほとんどの人が、辛抱出来ないで終わる、結局変わろうとした前に戻ってしまう。

それがテニス選手のほとんどです。

 

2.実感するには、何が必要だろう?

私は、可視化だと思います。

細かい練習での内容、マッチ練習の結果、公式戦の結果、を記録していく。

出来れば、セカンドサーブからのポイント獲得率、も計算したい。

そこまで細かく出来なくても、立ち止まって自分で考えてみる、思い出してみてください。

「そういえば、セカンドサーブからもポイント出来ること、が増えたかも・・・」という感じ、でも良い。

大事なのは、地味だけど奪取出来るポイントを増やしていく、ということ。

しっかりと自分で確認する、目に見えない部分を大切にすること、が大事です。

 

3.ミスが少ない自分、をイメージ出来るかどうかが大事

そもそも、自分が「どうなるのか?なりたいのか?」という意識は大事です。

ミスが少ない、それってどういう自分、ですか?

明確になっていれば、近付いていく中で実感が湧く、達成感もあるでしょう。

ここをイメージ出来ない人は、きっと目指すものが理解出来ていない。

何でも良いと思います。

・バックハンドを狙われても、3ラリーは絶対にミスしない

・ボレーにスライス回転をかけて、サービスライン付近からでも相手コート深くに入れるようにする

・ファーストサーブを70%入れる

みたいな感じで、具体的にポジションや数値を入れて「変わった自分」をイメージしておきましょう。

イメージ出来ることは、ほとんどが達成できますから。

 

4.ミスが少ない選手、がベースにあると強くなる

もちろん、ミスが少ないだけでは勝てない。

でも、ミスが多いとまず試合にならない。

勝てる相手、が絶対数すくなくなっていくのがテニスという競技なんです。

ミスが少ない選手になる、ということはもちろんそれだけでも結果が出ていくもの、でしょう。

でも、その先にあるもの、をみなさんには目指して欲しい。

その先、とは格上相手を倒していくこと。

ミスが少ないベースの自分を作ったら、次は奇襲や準備した戦術で、どんどん仕掛けていく。

試合が楽しくなってくる、と思いますよ!

 

実感が湧かないこと、続けるのは難しい。

だからこそ、自分で工夫しましょう。

ミスが少なくなってくる自分、強くなってくる自分、をどう実感すれば良いのか。

きっと難しくないはずですよ。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合中のプレーに波がある人は、「上の部分」を抑えてコントロールしていこう

    試合中に良いとき、悪いときがハッキリしている人。なかなか試合で…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事

    「負けるはずのない相手に、負けてしまう」ことも、テニスの試合で…

  3. テニス 戦術

    戦術

    「新しいことを始める、身に付ける」ときに感じるストレス、に強くなろう

    何か新しいことを始める、練習する。その中で、皆さんはきっと最初…

  4. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル

    今回アンケートを実施して、改めて感じたのは・・・すごく、40代以上の方…

  5. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる

    「この選手、見た目と全然違うな・・・」という印象を持つケース、…

  6. テニス 戦術

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    リターン

    「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を…
  2. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えら…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試…
  4. テニス

    メンタル

    優勝を経験した人は、その難しさを知れるから強くなる
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「スピンスライスサーブ」を使えると、相手のタイミングをずらせて効果…
PAGE TOP