練習メニュー

試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い

テニスの練習、部活やチーム、サークルで頑張っている皆さんは多いと思います。

でも、「毎日の練習、これで良いんだろうか・・・?」と思って悩んでいる方も、たくさんご相談頂きます。

私自身、良い練習が出来て来たか・・・は謎なんですが、人数が多い環境でしたのでメリハリが効いた練習、は意識していました。

これって、強いチームの練習を見学させてもらうと共通している。

彼らの練習って、すごく「終わり」がハッキリしてるんですよ。

 

試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い

 

1.メニューに区切りを付ける

練習にメリハリを付ける。

これは、「終わり」をハッキリさせることがすごく大事。

「ラストでーす」という声がかかってから、実際に練習と最初に止める人、最後に止める人・・・の間の時間って、結構長くないですか?

その間、最初に練習をストップした人は終わるのを待っている。

これって、全体の練習のすごくリズムが悪い感じになると思いませんか?

区切りを付けて、「ラスト」はキッパリ全体で終わる。

そして、次の練習に全体で移行する。

そのためには、全員が練習の流れを把握しておくのが大事ですね。

 

2.簡単にで良いので、練習内容を可視化しよう

紙に書いて、貼り出すだけで良い。

全員が、「今日はこれをやるんだ」というのが分かる感じにしておきたい。

練習のメリハリが無いチームって、「次は何やるんだっけ?」と思っている人が多い。

その時点で受け身だし、自分から主体的な姿勢が失われていく。

これは、テニス選手として致命的。

チームで一枚、箇条書きで良いのでやることを書いて可視化する、その内容が変わっても良いんです。

可視化するだけで、グッと練習に良い雰囲気が出て来ますよ。

 

3.「終えるのが上手い」人は、ラリーをダラダラしない

試合に近い、内容で練習しようと思ったら「ダラダラ」続くラリーなんて有り得ない。

もちろん、10往復つなげる、ことがテーマの練習ならそれでも良い。

ですが、実力以下の速度、精度でラリーを続けていてもそれは技術向上の練習にはならない。

ラリーでもお互いに攻撃し合い、守り合って「ラリーを終えていく」ことが出来るかどうか。

テニスの試合は、ポイントが始まり終わり、が繰り返される。

だからこそ、ラリー単位から終えるのが上手い、人は試合でも強いのです。

 

4.進行担当を作ってみよう

部活やサークルなら、日替わりで担当を作る。

これが、誰か一人だけでやっていると・・・その人におんぶにだっこ、になってしまう。

毎回違う人が担当すれば、それぞれに観察眼が身に付くし練習内容も考えるようになる。

進行って、時間通りに進めるだけが仕事じゃない。

チームに必要な練習を考え、本当に良い練習が出来ているかどうかを観察する。

テニスノートを部活で1冊作って、その人が日誌を付けるのも良いですね。

「面倒だな・・・」と思うのが、普通です。

すごく言い方が悪いですが、だからアナタのチームは勝てないんだと思いますよ。

しっかり考えた練習をしているチームは、それを記録に残して後輩に活かして欲しいと考えるもの。

そのノートこそ、アナタのチームの財産になるはずです。

 

テニスの練習って、難しい。

何をやれば良いのか、結構アイデアは少ないですからね・・・人数も多いし、ボールも限られている。

だからこそ、楽しいと思って欲しい。

練習を終える、始める、記録する。

こういうルーティーンを回していくのを楽しいと感じて、強くなっていく。

テニス部、テニスサークルの皆さんは、ぜひ考えてみて下さい。

アナタのチームは練習を「終える」のは、上手いですか?

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ

    今年の4月から大学生、テニスをサークルで始めた・・・という方も、読者の…

  2. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント

    明日、試合がある。そういう人は、明日の試合の事を想定して、今現…

  3. 練習メニュー

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している

    テニスの上達において、本当に必要なものは何なのか。極論を言えば…

  4. テニス シングルス

    練習メニュー

    練習の後の試合形式で、何でみんな練習した技術を使わないの?

    テニススクールでよく観る光景ですが、練習と試合が全く別になってしまう。…

  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    「ネットプレーのレベルを一段上げる」テニスに必要な肩を入れたボレーの練習メニュー

    ストローク以上に、打つコースを隠すことが重要なのがボレー。シン…

  6. 練習メニュー

    逆転出来る選手になる、とっておきの練習法

    試合の中で、逆転出来る人。そういう人って、どんな練習をしてるの…

特集記事

  1. 戦術

    チャンスをいかに決めるか、の前にチャンスを数多く作ろう
  2. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    逆境に燃える心は、テニスコートだけでは養えない
  4. フットワーク

    試合で「つなぐボール」が苦手な人は、そもそも考え方がおかしい
  5. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です
PAGE TOP