テニス イレギュラー

テニス知識

リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

テニスの試合で、イレギュラーバウンド・・・どの程度あるでしょうか?

恐らく、普通のコートであれば1回か2回、でしょう。

荒れたクレーコートなら、もっと多いかも知れませんね。

でも皆さん、このイレギュラーバウンドでの失点って、試合の中で流れが変わっていくこと多いと思いませんか?

 

リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

 


 

1.イレギュラーは、アンラッキーでは無い!

「何だよ・・・アンラッキーだったな・・・」と思うかも知れませんが、強い選手は違う。

「なんで、取れなかったんだ・・・」と、考える。

なぜなら彼らは、しっかりトレーニングしていますからね、練習中から。

試合の中でイレギュラーバウンド、当たり前のように起きるんだからこそ、対策が必要だと思いませんか?

2.イレギュラートレーニングに最適な、変わった形のボールとは?

テニス以外の練習でも使用されることの多い、「リアクションボール」。

イレギュラーボール、とも呼ばれることがありますが、この凸凹のボールをバウンドさせて練習する。

テニス イレギュラー

出典:amazon

そりゃあ・・・対応力、身に付きますよね。

何度も繰り返すことで、きっと自然にイレギュラーバウンドに身体が反応出来るようになる。

 

 

3.視覚で得た情報から、素早く反応出来るように

テニスの試合、目から得た情報から正確に身体を動かす。

こういうイレギュラーへの対応は、とにかく反復練習が大事。

それも、日常生活の中で「イレギュラーバウンドでも、普通」くらいになるまで、繰り返して欲しい。

そんなときに、このリアクションボールは最適です。

自分で遊んでも良いし、ワンバウンドでキャッチボールしても良い。

試合前のウォーミングアップにも最高ですよね。

試合の序盤から、イレギュラーのようなポイントがあっても身体が反応してくれるかも知れない。

 

テニスのラリー練習だけだと、なかなかイレギュラーバウンドへの対応練習は難しい。

「リアクションボール」を使って、ワンバウンドでキャッチボールをしてみて下さい。

きっと、変わっていくと思いますよ、反応のスピード。

ぜひ、チームで取り組んでみて下さい。

イレギュラーバウンドに強い選手は、最後にしぶとく、テニスの試合を勝ち進んでいくはずです。

 

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス知識

    暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

    今は梅雨の時期ですが、これが来月になるともう真夏。みなさんも、…

  2. テニス知識

    ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だった

    スピン量を増やして、ストロークで押していきたい。安定感の無いフ…

  3. テニス知識

    夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

    夏の日焼け対策、男性はつい、忘れがちですよね。面倒で塗り直すこ…

  4. テニス知識

    「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

    先週まで暑かったかと思ったら、今週は雨も多く肌寒い天気が続きますよね。…

  5. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

    T-PRESS読者の皆さんの中には、漫画「ベイビーステップ」を購読して…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」について

    テニスの試合は、ほとんどの試合がセルフジャッジで選手自身で試合を進めて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    クロス方向へのスマッシュは、スライスサーブの延長で打てば大丈夫
  2. テニス メンタル

    その他

    自分を変えたければ、付き合う人を変えるのが一番
  3. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
  4. ボレー

    バックバンドボレーの基本を見直すなら、「基本の構えと触るボールの箇所」を徹底しよ…
  5. テニス 守備

    リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したい…
PAGE TOP