テニス フットワーク

フットワーク

前にドロップショット、フォアハンドで拾うことが一番

ドロップショットのように、浅いボールを前に走って拾う場面。

テニスの試合では、結構よくあるケースですよね。

そんなときに、シンプルですがこのポイントを意識することは大事。

その後の展開、攻撃力に大きな影響があるでしょう。

 

前にドロップショット、フォアハンドで拾うことが一番

 


 

1.フォアハンドで拾って、損は無い!

当たり前ですが、フォアハンドの方が良い。

フォアかバックか、テニスというスポーツは常に自分で選んで良い、ことを忘れてはいけません。

浅いボールを追いかけるときに、例えば正面のボールならフォアハンドで入る。

そうすることで最後の一歩、長いリーチが活かせるし、スライスで深くコントロールも出来る。

バックハンドだと、難しい。

特に両手バックハンドストロークの片は、厳しいでしょう。

 

2.両手バックハンドストロークの人は、浅い場所を狙われる!

これは、注意しておきたいポイント。

特に、フットワークが鈍くなってくるベテランプレイヤー、シニアの片はそうですね。

両手バックハンドストロークを得意にする人は、浅いボールに弱い。

片手で処理するバックハンド、その練習量は足りていない。

だからこそ、狙われることを意識しておかないといけないし、出来るだけ上手くフォアハンドに切り替えること。

この意識は、練習の中から大事になって来ます。

 

3.フォアハンドなら、やっと追い付いたボールでもコントロール出来る

しっかり腕を伸ばして、ボールをどこに運ぶのか。

フォアハンドなら、相手のポジションに応じて深く、または浅くドロップ返し、みたいな技も出せるはずです。

いや、出せるようにしっかり練習しておかないと。

ドロップショットの処理が苦手だと、最初で見抜かれてその後、大事なポイントでまた繰り返し攻撃されます。

基本はフォアハンド、そしてしっかり切り返していく。

浅いボールで攻撃されたときには、これでいきましょう!

 

しっかり練習から、こういった部分を意識出来るかどうか。

フォアハンドでの回り込みは得意でも、浅いボールになるとそうでもない、意識が薄い人が多い。

追いかけ始めてからでは遅い、もう身体で反応出来るようにしておく。

意識すれば、浅いボールからの失点、減らせられると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 3月22日(金) T-PRESSセミナーを開催します
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!

    最近観た試合で、改めて感じたこと。反応が良い選手って、スプリッ…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    ボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけ守備力は上がる

    ストロークにネットプレー、皆さんは自分の守備力は高いと思いますか?…

  3. テニス 調子

    フットワーク

    相手が打った瞬間に、バウンド地点を予測しよう

    ストロークの反応が遅い人、恐らく「判断」が遅い。その判断って、…

  4. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない

    「この選手、やり辛いな・・・」という相手は、予測が鋭い。足がそ…

  5. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない

    「また同じ話か・・・」と思ったみなさん。きっと、確実に強くなっ…

  6. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい

    普段の練習の成果が、試合で出た時。すごく嬉しいですよね。そうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    強度を上げたショートラリー、出来る?
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    「アドバイスいっぱい欲しいんだったら・・・」テニスコーチと選手の関係は積極的なコ…
  3. テニス シングルス

    サーブ

    サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく
  4. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛は、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと
PAGE TOP