テニス ラケットバッグ

テニス知識

会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

社会人でテニスを楽しむ人の悩み、それは「荷物」じゃないでしょうか。

平日の夜にテニススクールに行きたいけど、ラケバを担いで出勤するのは気が引ける。

かと言って、一度家に帰っている時間も無い・・・方は、少しクラシックなデザインのラケットバッグ、でいきましょう!

スーツや私服にも合うデザインなので、スマートに平日にテニスを楽しむ皆さんにお勧めです!

 

会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

 


 

1.ヨネックス テニス トートバッグワイド (ラケット2本用)

テニス ラケットバッグ

私も以前、愛用していたシリーズです。

デザインが一番シンプルで、スーツ姿の男性が持っても違和感なし。

シンプルなデザインだから、長く使えるのも魅力です。

中の収納力は多少、他のバッグと比較して落ちますが、それでもテニススクール通いには充分。

ビジネスバッグとも合わせやすいのが魅力です。

 

 

 

2.プリンス ワイドラケットバッグ

テニス ラケットバッグ

先ほどのヨネックスのバッグよりは、少しカジュアルになります。

柔らかい素材で、こちらは女性でも扱いやすく普通のラケットバッグとしても使える感じに。

外側にポケットが多く、色々と細かい小物を持ち歩くのには便利なデザインです。

 


 

3.ヘッド マリア・シャラポア ラケット コート バッグ

テニス ラケットバッグ

こちらは女性のみにオススメ、でしょうか・・・。

シャラポワ選手モデルですので、一見テニス用にも見えないようなデザイン。

でもシックで大人のカラーリングですので、オフィスや土日のお出かけにも雰囲気を壊さない秀逸なラケットバッグ。

HEADのロゴがさりげなく横にあしらってあって、スポーツバッグとしての主張もちゃんと残してあります。

 

 

平日にテニススクールに通うことが出来ると、土日も合わせてテニスの上達はグッとスピードアップ出来るはず。

社会人の皆さんにも、ぜひラケットを持って平日から頑張ってもらいたいですね。

見た目を気にしてしまうのも社会人、ビジネスマンの性ですが、やっぱりテニスや趣味を頑張る大人はカッコイイ!

そう思って私はこれからも、応援し続けます。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス

    テニス知識

    夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

    これから涼しくなる季節、「ランニングして体力付けるぞ!」と思っている方…

  2. テニスシューズ

    テニス知識

    いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

    私が学生時代、高校生の頃は、ヨネックスのシューズを履いている選手が多か…

  3. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業を

    まず、私自身、自己流テニスに私は大賛成です。そもそもテニス、ス…

  4. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

    テニスを長く続けていると、肩が上がらなくなる・・・。これは最近…

  5. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

    効率的にトレーニングをしたい、それも1日5分くらいで筋力、持久力までし…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ
  2. テニス クレーコート

    ストローク

    テニスの試合では、チャンスボールから攻撃していくときに、「ボールを見ながら相手も…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」
  4. その他

    「テニス初心者の方」を、どんどん成長させていく為の優良記事7つ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    緊張したら目を閉じ、練習風景を思い出すこと
PAGE TOP