テニス ストローク

ストローク

全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について

今年も始まりましたね、熱い全仏オープンの戦いが・・・。

やはり全仏オープンはクレーコートで長い試合、というイメージが皆さんも多いと思います。

確かにラリーは長く、非常にタフな戦いが多いのは事実。

でも、単純にベースラインの2メートル後ろで粘るだけ、の選手はもういない、ですよね。

 

全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について

 

1.ベースラインのポジションにも、色々ある!

シングルスの試合を観ていて、随分変わったな・・・と感じるのがこの部分。

以前は、ライジングで前に入って攻撃する選手、ベースライン2メートル後ろで粘る選手、このタイプ分けがハッキリしているような印象でした。

でも、今は違う。

ベースラインの後ろにいたと思ったら、相手の状況に応じてベースライン上、まですぐにポジションを変える。

細かい微調整を、どの選手もすぐに入れてくる。

相手からすると、その1メートルのポジションの奪い合い。

早く、いかに少しでも前に入るのか。

この主導権の握り合い、は本当に見応えがありますよね。

 

2.シングルスのポジション調整は、誰でも出来る!

皆さんでも、きっと実行出来る。

シングルスの試合、ネットプレーはすごく大事ですが、なかなか一気に前まで出るって難しい。

だったら、基本後ろで粘りつつ、相手の態勢が崩れたら「ベースライン上まで、前に上がる」という作戦はどうでしょう?

これだけでも、だいぶ違いますよね。

相手の態勢が崩れていれば、自然と次のボールは浅くなる可能性も高い。

だからせめて、ベースライン上くらいまでは前に出ておきたい。

それに慣れてくれば、自然にサービスラインくらいまで前、というような感じでネットプレーにつなげていけるはずです。

 

3.ベースライン上にポジションをあげたときに、深いボールが来たら・・・?

皆さんは、どうしますか?

また後ろに、下がります?

ここで私が提案したいのは、思い切ってドライブボレーで処理、してしまうこと。

ライジングショット、でも良い。

とにかく、上げたポジションはもう下げない、くらいの覚悟が必要だと思います。

相手からすると、「なんだ、深く打てばまた下がってくれるんだ」となりますからね、それではいつまで経っても攻撃出来ない。

クレーコートでも、しっかりベースライン上でポジションを上げる。

この感覚を掴むには、ぜひ全仏オープン、参考にしてみて下さい。

 

難しい技術よりも、ポジショニング。

これからまず盗んでいくことが、テニスの上達の大きなカギになります。

全仏オープンは、その恰好の教材。

ぜひ、たくさんの試合を観て、感じてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

    ロブの重要性は、何度か書かせて頂きました。「よし、練習しよう!…

  2. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない

    試合で使える、「ショートクロス」のショットを打ちたい!と考えて…

  3. ストローク

    「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・?

    ストロークの基本はライジングショットである。相手のレベルが上が…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「下半身を使ったストローク、よく分からない…」人は、まず骨盤を意識して反応させてみましょう

    「しっかり下半身を使って!」と、アドバイスを受けているテニスプレイヤー…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

    試合に強い選手は、ストロークが安定している。安定感があるように…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    球筋がキレイ、だけではテニスは勝てない

    キレイなテニス、だけでは試合で勝てない。これは、学生の皆さんに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 戦術

    ボレー

    「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる
  2. テニス メンタル

    その他

    大学テニスの大会を観ていて感じる、「閉塞感の源はどこにあるのか?」を考えてみる
  3. テニス 攻撃

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは…
  4. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ
  5. その他

    「ドキドキのスペイン留学初日」スペインでのテニスと緊張感と
PAGE TOP